ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

お知らせ・ニュース アーカイブ

1234567891011

今週の見どころ(5/28~5/30)

2022年5月26日(木)

 今週から始まる第4回開催では、5月28日(日)に大雪賞(オープン・A1級混合)、6月5日(日)にはスタリオンカップ(3歳以上選抜)が組まれています。次開催の重賞・北斗賞は、6月実施になった近2回ではこの両レースから参戦してくる馬がほとんど。前走で負けていた馬から勝ち馬が出ているというのも注目ポイントです。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第4回開催1日目】
 5月28日(土)のメイン第10レースには、黒岳特別(A2級-1組・20:10発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 出走10頭中8頭が前走で五月雨特別(A2級-1組)を使われています。馬場水分は2.1%と軽めでしたが、今回は前日夜からまとまった降雨が予想され、さらに軽くなりそうな馬場状態がポイントといえます。
 ◎ココロノタカラの一発に期待します。負担重量が軽い春は比較的動けるタイプですが、今季は馬場が合わないのか初戦から4、9着とひと息。しかし平場戦で馬場水分1.9%の前走では見違える動きを披露し、逃げ切り楽勝を収めています。今回は特別戦ですが、軽めの馬場で条件は向きそう。一度好走すると、続けて馬券絡む戦歴でもあり、チャンスはあるでしょう。
 ○コウシュハレガシーは、メンバー中で唯一、昨季オープン格付。今季2、1、1着と上位の力を見せています。ただ、2走前の菖蒲特別(A2級)、前走の五月雨特別とも障害でもたついて辛勝。馬場が軽すぎると差し届かずの場面も考えられます。
 ▲オールラウンダーも、今季1、7、2着と比較的安定。五月雨特別は障害力を生かした走りで、逃げ切るかと思われたところ、コウシュハレガシーにつかまりコンマ7秒差の惜敗でした。ココロノタカラには今季開幕週に8秒8差で先着していますが、馬場状態が変わってどうでしょうか。
 △アアモンドキーマンは、五月雨特別では8番人気で4着と好走。軽馬場で末の甘さが出なかったようで、ほぼ再戦だけに警戒が必要でしょう。

 5月29日(日)以降の見どころは枠順確定後に掲載します。

今週の見どころ(5/21~5/23)

2022年5月19日(木)

 2歳戦は今週から、第2回能力検査(4月29日)の合格馬も加わり、新馬戦が6レース組まれています。また、22日(日)第5レースには前開催の新馬戦1、2着馬による受賞-1組戦も行われます。ここを勝ち上がった馬には今後要注目といえそうです。
 オッズパークLOTOのセレクト5重勝単勝式で、1394万500円のキャリーオーバーが発生しています(16日の開催終了時点)。オッズパークLOTOについてはこちら

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第3回開催4日目】
 5月21日(土)のメイン第10レースには、つつじ特別(B2級-1組・20:05発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 前開催で、B2級-1組、2組予選→1・2組決勝という流れに乗っていた馬が主力。しかし、注目は4歳オープン・すずらん賞で3着だった◎キンリゴウです。出脚が遅く第1障害では多くは後方ですが、第2障害好位から早めに抜け出す安定した取り口。1番人気に推された前走も直線で一旦は先頭と見せ場はありました。2走前まで4連勝していた自己条件に戻れば巻き返しが期待できます。
 ○ブラックダンサーは、1組予選では1番人気・6着。今季初戦の3組では同じく昨季A2級だったセンショウニシキ、次開催からB1へ昇級するヒメミヤとの叩き合いをモノにしており、前走は障害でのロスがなければもっと際どい勝負になっていはず。敗因はハッキリしておりこちらも反撃なるか。
 ▲センショウニシキは、2番人気・2着だった1組予選からの決勝戦では2番人気・6着。先行して粘り込むパターンに持ち込めなかったとはいえ、メンバー最先着の3着だったオレノタイショウとは3秒8差。ためて行ける特別戦なら終いまで歩き切れる可能性が高いとみます。
 前走でセンショウニシキに騎乗していた菊池一樹騎手は△オレノタイショウの手綱を取ります。こちらもA2から降級した今季は3、1、3着と勢いがあり、力差はありません。

【第3回開催5日目】
 5月22日(日)のメイン第10レースには、エメラルド特別(A1級混合・20:05発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 前開催には牝馬限定重賞・カーネーションカップが組まれたため、春駒特別(A1級混合)は牡馬のみでの争い。今季開幕週の青葉特別(A1級)に近いメンバーとなっています。
 青葉特別4着、春駒特別3着だった◎インビクタに注目します。勝ちみに遅い面がありますが、負担重量が軽い春のほうが好成績を残せるタイプ。今季2戦ともに障害をひと腰で越えている巧者だけに大崩れの危険は少ないでしょう。
 4歳牝馬○サクラヒメは、カーネーションカップ5着。障害を降りていい脚を使ったものの突き抜けるまでに至らなかったのは、初挑戦だった古馬オープンの壁といえるかもしれません。青葉特別は基準タイム超過のため失格でしたが、古馬上級戦の流れを2度経験したことは糧になるはず。今回は青葉特別と同じ640キロですが、違った結果も望めそうです。
 ▲ウンカイタイショウは、春駒特別では1番人気・9着とはいえ、障害での苦戦が響いたもの。青葉特別では逃げて2着だっただけに、負担重量も変わらず、ほぼ再戦の今回は見直せるはず。
 △コマサンエースは体重が減少傾向なのが気になりますが、青葉特別3着などシーズンをまたいで4戦連続3着以内と堅実です。

【第3回開催6日目】
 5月23日(月)のメイン第11レースは、スーパートレーナー賞(3歳以上選抜・20:15発走予定)。昨季リーディング上位の調教師が管理するB級馬による選抜戦。今年はB1級5頭、B2級1頭、B3級3頭、B4級1頭の計10頭で争われます。

※出馬表はこちら

 ◎イワキダイヤは、昨季最終週のB2級-1組特別戦2着から、シーズンをまたいで5戦連続で連対中と充実。特に前走はB1昇級戦でいきなり1組に組まれましたが、逃げ切って、A2から降級してきた2着馬に6秒9差をつける快勝。クラスの壁を感じさせません。前走と比べA級からの降級馬も少なく、4歳10キロ減も有利。連勝に期待したいところです。
 ○ヒメトラマジックは、A2からB1へ降級。昨季5勝をすべて平場戦で挙げており、重量が軽くなった今季初戦のA2級混合の特別戦(630キロ)、続く牝馬重賞・カーネーションカップ(660キロ)とも7着と結果が出ていません。610キロだった前走B1級-3組は3着でしたが、直線一旦は先頭に先頭に立つも粘れなかったことから重い馬場ではスタミナに不安がありそう。前走からプラス10キロをどうこなすかでしょう。
 ▲カネサスペシャルは、昨季最終出走となったB1級-3組を勝利すると、B4へ降級した今季1、2、2着。昨季終盤では障害に安定感が出ており、シーズンが変わっても好調さを持続しています。そして、B3昇級初戦の前走がこの馬の真骨頂といえ、障害ふた腰から一気の追い込みを決めて勝利。元オープンの実績馬がB3級の軽量で出られるのも恵まれています。
 △サクラジョージは、ヒメトラマジックと同じくA2からB1へ降級して苦戦ぎみ。昨季の6勝中4勝が馬場水分2.4%以上と軽めの馬場だっただけに、現在の馬場が合っていない可能性は考えられそう。しかし、昨季のほか2勝は4~5月と基礎重量が軽い時期に挙げたもので、B2級以下が半数のここなら変わり身があるかもしれません。

今週の見どころ(5/14~5/16)

2022年5月12日(木)

 前週より新馬戦がスタート。5月7日第2レースで、今季2歳最初の勝ち名乗りを上げたのはホウエイチャン(牡・大友栄人厩舎)でした。スギノハリアー産駒は今年の2歳が3世代目で、母のブルーオーシャンは17年クインカップ勝ちがあります。また、8日第3レースを制したコーワノウンカイ(牡・槻舘重人厩舎)の父は新種牡馬ツガルノウンカイです。今週は新馬戦で勝てなかった馬たちによるレースが組まれています。
 なお、今週より月曜が12レース編成となり、メインは第11レースとなります。ご注意ください。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第3回開催1日目】
 5月14日(土)のメイン第10レースには、五月雨特別(A2級-1組・20:05発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 前開催で春駒特別(A1級との混合)、菖蒲特別(A2級)を使われていた馬を有力視します。
 ◎オールラウンダーは、今季初戦のミズバショウ特別(A1級との混合)を勝利。昨季最終出走となった白樺賞(A1級)で下していた馬も多く、逃げ切ってシーズンまたぎで2連勝しています。前走春駒特別は同条件とはいえ9頭中7頭がA1級と明らかに相手が強く7着でしたが、障害はひと腰と格好はつけました。A2級同士のここは反撃必至といえます。
 ○コウシュハレガシーは、オープン格付だった昨季1勝のみでしたが、A2へ下がった今季は2、1着と好調。菖蒲特別では、逃げるとしぶといコウテイを際どく差し切っています。実績上位なのに加え、勝ちみを覚えたとなれば連勝の期待も高まります。
 ▲コウテイは、ミズバショウ特別、菖蒲特別とも僅差の2着。ともにしぶとい競馬をして試練の5歳シーズンで好スタートを決めました。"天候:雨"のときは好成績を残せていないだけに、天気と馬場がカギとなりそうです。
 △ダイリンファイターは、白樺賞(2着)、ミズバショウ特別(5着)ともオールラウンダーより後に障害を越えて10秒ほどの差がありました。勝ちにこだわるなら逃げを打ちたいところでしょう。

【第3回開催2日目】
 5月15日(日)のメイン第10レースには、さつき特別(オープン・20:10発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 スプリングカップ、ばんえい十勝オッズパーク杯と使われた馬が8頭中6頭もいます。ただ、2走が1、2着だったメムロボブサップは出走を回避しています。
 ◎アオノブラックは、スプリングカップ6着からばんえい十勝オッズパーク杯では1着と巻き返しました。対メムロボブサップではやや劣勢ですが、同重量でほぼ同時に障害を越えての末脚勝負ならこちらに分があります。今回はメンバーで唯一、賞金ハンデ5キロ増でも、ライバル不在だけに連勝のチャンス。
 ○アアモンドグンシンは、スプリングカップ2着、ばんえい十勝オッズパーク杯3着とすっかり安定感が出ています。調子を上げているアオノブラックを負かすのは簡単ではありませんが、現役屈指の末脚には魅力があります。
 ▲オーシャンウイナーは昨季のばんえいダービー馬で、4歳シーズン初戦。古馬オープン初挑戦だった1月の1組特別は8着だったものの、未経験の760キロは酷でした。今回はアオノブラックと15キロ差ついての最軽量670キロ。スピードを生かして見せ場以上が期待できます。
 △メジロゴーリキは、スプリングカップでは3着に好走しています。シーズン序盤の軽量では持ち味の持久力を生かすことは難しそうですが、相手関係を考えれば無視できません。

【第3回開催3日目】
 5月16日(月)のメイン第11レースは、とかち皐月賞(3歳オープン・20:10発走予定)

※出馬表はこちら

 3歳シーズンで最初の同世代オープン特別戦となります。しかし、昨季最終週に行われたイレネー記念で鮮やかな追い込みを決めたキングフェスタの登録はなし。同レースからは同着の2着だった2頭を含む6頭、イレネー記念に賞金不足で出走できなかった牡馬による若草特別からは1、2着馬が参戦しています。
 ◎ヤマノコーネルは、昨季終盤伸び悩みぎみでしたが、逃げ・先行馬に有利な馬場状態で、前半置かれてしまう脚質のためが災いした感があります。しかし、体重が1020キロにまで増えた最終週の若草特別で直線抜け出しを決めており、最後まで歩ききるスタミナ面の強化を感じさせました。砂の入れ替えなどで重めの馬場となった今季は、B4級で3戦2勝、3着1回と充実の走りを披露しています。重賞初挑戦だった2月の翔雲賞(3歳牡馬)で歯が立たなかった馬や、イレネー記念組が相手の今回は試金石。イレネー記念2着同着のトワイチロと10キロ差、ヘッチャラと30キロ差を生かして上位を狙います。
 イレネー記念で2着同着だった2頭も有力。○トワイチロは、セン馬のため翔雲賞に出走できませんでしたが、12月のヤングチャンピオンシップでも2着の実績。定量戦だったイレネー記念からヘッチャラとのハンデ差が10キロ広がるのは有利です。
 ▲ヘッチャラは、ナナカマド賞、翔雲賞とも2着。ヤングチャンピオンシップの勝ち馬ヤマカツエースとともに、トップハンデとなりますが、世代王者キングフェスタが不在ならまず勝ち負けでしょう。
 △クリスタルコルドは、イレネー記念では端の10コースでも崩れずに4着。今季はB3級-1組で3戦連続連対と好調です。ただ今開催からB2に昇級し10キロハンデが増え、トワイチロと10キロ差となるのは気になります。

今週の見どころ(5/7~5/9)

2022年5月 5日(木)

 5月8日(日)のメインには、3歳以上牝馬による重賞・カーネーションカップが組まれています。休養中の実績馬もおり、ハンデ差が小さく、混戦模様です。
 なお、今週からは2歳新馬戦がスタート。4月17日に実施された第1回能力検査に合格した馬たちがデビューを迎えます。9日(月)第3レースにはトップタイムをマークしたコーワホープ(牡・松井浩文厩舎・父レットダイヤ)が出走を予定しています。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第2回開催4日目】
 5月7日(土)のメイン第10レースには、菖蒲特別(A2級・20:05発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 昇級初戦のサカノダイヤ以外は、開幕週の卯月特別(B1級との混合)かミズバショウ特別(A1級との混合)で対戦しています。
 ◎コウシュハレガシーは、卯月特別が、A1格付だった昨年6月の特別戦(3着)以来となる馬券圏内で2着。障害をひと腰とはいかずもスムーズにまとめ、しっかりと伸びています。前述の3着後に昇級したオープンでは一度も掲示板に載れませんでしたが、A2へ降級し、しかも軽量ということで集中して走れた印象です。ミズバショウ特別組は骨っぽい馬が多いものの、復活への手ごたえをつかんだとみて本命に推します。
 ○コウテイは、ミズバショウ特別が2着。昨季終盤にはA2級-1組の特別戦で連続連対しており、力上位で通るクラス。しかし、減量がなくなる5歳シーズン初戦ということで4番人気でしたが、重めの馬場も合ったようで際どく詰め寄ったところがゴールでした。このレースぶりなら今回も主役候補の1頭といえます。
 ▲ダイリンファイターは、昨季終盤はコウテイより上のA1級の特別戦で連続連対。ミズバショウ特別も3着争いを演じており、ヒケを取りません。
 △ココロノタカラ△サクラドリーマーも昨季はA1級で、降級利が見込めます。

【第2回開催5日目】
 5月8日(日)のメイン第10レースは、BG2・第15回カーネーションカップ(3歳以上牝馬・20:05発走予定)。クラス(重量格)別定重量戦で、A1級の8歳シンエイボブ、5歳フォルテシモがトップハンデ680キロで、B1級の4歳ミソギホマレの650キロまで、最大30キロ差がついています。

※出馬表はこちら

 古馬牝馬重賞はシーズンに2レースあり、1月に実施されたBG1・ヒロインズカップは最軽量760キロだった5歳の2頭、フォルテシモ1着、アーティウィング2着。ミスタカシマは790キロで7着、シンエイボブは810キロで9着と、重いハンデを課された両馬は苦戦しました。なお、ミスタカシマは休養中のため今回不在となっています。
 ◎シンエイボブのこのレース連覇に期待します。ヒロインズカップは息を入れても障害で苦戦しましたが、さすがに50キロ差がついてのトップハンデは厳しかった様子。重賞初制覇となった昨年はハンデに恵まれていたものの、今年は一転トップハンデで、挑戦を受ける立場。しかし、ヒロインズカップ1着フォルテシモは同じ重量、2着アーティウィングとは10キロ差と、ハンデ面で有利になっています。メンバー中で唯一今季初戦を制している好調さも魅力です。
 ○アーティウィングは、12月のA2昇級初戦2着、2月のA1昇級初戦(オープン混合)5着と、相手強化にもすぐに対応できているように成長がうかがえます。今回は同じ5歳が5頭と多いため、減量がなくなるのはさほど気にしなくてもいいかもしれません。
 ▲フォルテシモは、4歳時の昨年このレースに参戦し5着、ヒロインズカップ1着と、この時期の5歳にしては牝馬オープンでの経験が豊富。A1へ昇級しての今季初戦は7着でしたが、オープンからの降級馬たちが相手でも障害はスムーズで、ここへの叩き台と考えれば悪くありませんでした。
 △ニセコヒカルもヒロインズカップに出走しましたが6着。フォルテシモに続き障害は3番手で越えたものの、後続もさほど障害に手こずらなかったため、決め手が必要な展開になったのは不運でした。11月のクインカップを勝利しているように5歳牝馬では力量上位。ヒロインズカップでは同じ重量だったアーティウィング、フォルテシモと10~20キロ差がつくことで違った結果もありそうです。

【第2回開催6日目】
 5月9日(月)のメイン第10レースには、スーパージョッキー賞(3歳以上B級選抜・20:05発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 昨季のリーディング上位騎手が、B級から選抜された馬に騎乗して争います。
 各馬の昨季の格付は、A1級のハマノダイマオーからB2級のドラゴンボーイまで4クラス差がありますが、降級幅が大きいのは、B1からB4へ3クラス下がった◎トモエハイセイコーです。昨季は極端に軽い馬場のときに好走が目立ちましたが、今季2戦は馬場水分1.0%以下で連勝。軽めの重量でもあり障害への不安も見せていません。"普通競走の規定重量に10キロ加増する"という条件なら重量増もさほど堪えないはず。
 ○キタノボブサップは、昨季の5勝中4勝が藤野俊一騎手。前走のB1級-2組を逃げ切って、今回のメンバー3頭に先着(1頭競走除外)しているのも強みです。
 ▲ホクトシンバは、前走ではキタノボブサップに競り負け2着でしたが、10歳になってもスピード通用を示しています。スーパージョッキー賞では一昨年に3着があり、課題は馬体の維持でしょう。
 △ドラゴンボーイは、昨季スピードスター賞路線で僅差の戦いをしていたように速力には自信がある様子。前走がB3級とはいえ勝ちっぷりが良く押さえには欠かせません。

今週の見どころ(4/30~5/2)

2022年4月28日(木)

 ゴールデンウイークのばんえい十勝は、2日目の5月1日(日)に重賞・ばんえい十勝オッズパーク杯が行われます。古馬重賞(牝馬限定戦除く)は年間10レース組まれていますが、オープン馬同一重量(賞金ハンデがつかない)のは、ばんえいグランプリ、ばんえい記念とこのばんえい十勝オッズパーク杯のみ。約1カ月前のばんえい記念から重量が280キロ軽くなっての戦いに注目です。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第2回開催1日目】
 4月30日(土)のメイン第10レースには、春駒特別(A1級混合・20:10発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 A1級とA2級の混合戦。A1級の7頭中6頭が出走していた青葉特別(A1級)を差し切ったシンエイボブは、次週の牝馬重賞・カーネーションカップに出走予定のため不在となっています。
 ◎ウンカイタイショウは、青葉特別2着で、シーズン初戦は4年連続連対(1勝、2着3回)。そして2戦目も3年連続連対(2勝、2着1回)の好成績を残しています。おそらく春競馬のコンディションが合うのでしょう。ここは格下A2級との混合で、前走勝ち馬が不在と相手関係に恵まれています。今季初勝利に期待です。
 ○インビクタは、青葉特別では7番人気で4着。シンエイボブには抵抗できませんでしたが、ゴールデンフウジンの追い込みをしのいでおり、6歳シーズン初戦としては悪くありませんでした。軽量で重めの馬場だけに、追い込み馬の一発逆転は厳しく、先行して連争いを演じるでしょう。
 ▲コマサンエースも6歳シーズン初戦が3着で、仕上がりが良さそう。インビクタと同じく詰めひと息の面はありますが、前走で対戦した馬も多く、引き続き勝ち負け。
 格下A2級の2頭では△オールラウンダーに注目します。直行ぎみで仕掛けても上がる障害力が武器。今季初戦のミズバショウ特別(A1級との混合)では着差以上の余裕を感じさせる逃げ切りでした。以前ほど逃げにこだわらなくなった印象もあり、相手強化も対応可能とみます。

【第2回開催2日目】
 5月1日(日)のメイン第10レースは、BG2・第16回ばんえい十勝オッズパーク杯(4歳以上選抜・20:05発走予定)

※出馬表はこちら

 昨季の収得賞金順で上位の4歳以上による選抜戦です。15、16、19年と3勝のオレノココロ、17、18年に連覇していたコウシュハウンカイなど一時代を築いた馬たちが引退。近年オープンの若返りが進んでおり今年は初挑戦の5歳が4頭いるメンバーです。
 開幕週に行われたスプリングカップ(オープン)の再戦。◎メムロボブサップが開幕2連勝を狙います。若馬の減量がなくなる5歳シーズンの昨季もほぼ崩れなく走って、ばんえいグランプリ、チャンピオンカップの重賞2勝。雪の影響がある馬場(馬場水分4.8%)だったとはいえ、初のばんえい記念で1トンをふた腰で上げて2着と、今季の飛躍が期待される1頭です。古馬重賞2勝目となった2月のチャンピオンカップも馬場水分4.3%と極端な馬場でしたが、最大40キロ差のトップハンデ840キロで逃げ切っており、今回のオープン馬同一重量720キロという条件は恵まれています。
 ○アアモンドグンシンは、スプリングカップで2着に好走。8、9、7着だった19~21年のスプリングカップや、2歳、3歳時も含めシーズン初戦での馬券絡みは初で、昨年12月からばんえい記念(5着)の前走まで6勝、3着1回という勢いは伊達ではありませんでした。ただ、逃げ切り勝ちを収めたメムロボブサップには8秒0差をつけられています。逆転を狙いペースを上げて追走し障害で手こずるようだと、今回と同じく端コースに入り、10着と大敗した11月のドリームエイジカップのようなケースもありえるかもしれません。
 ▲キョウエイリュウは、若馬の減量がなくなる試練の5歳シーズンですが、重めの馬場だったスプリングカップで8番人気5着は上々といえます。レース当日に雨予報が出ているものの、馬場が軽くなることが歓迎なのは、ほかの5歳や、6歳馬にとっても同じ。ただ天馬賞を制しているように4頭いる5歳では地力上位。上位進出も狙えるはず。
 そのほか、ばんえい記念の勝ち馬△メジロゴーリキ、スプリングカップ6着も昨年のこのレースの勝ち馬△アオノブラックにも上位進出のチャンスがあります。

【第2回開催3日目】
 5月2日(月)のメイン第10レースには、すずらん賞(4歳オープン・20:05発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 重量区分による別定戦のため重量差がつきやすく、下級馬にもチャンスがありそう。トップハンデのA2級の牡馬ネオキングダム650キロから20キロ軽いB2級の牡馬◎キリンゴウに注目します。4歳が苦戦傾向だった開幕週のB1・B2級戦で、唯一勝利を飾って、昨季終盤からの連勝を4に伸ばしています。ばんえいダービー、ポプラ賞と昨季重賞2勝のオーシャンウイナー、ばんえいオークス、ばんえい菊花賞を制したサクラヒメの世代トップツーが不在なら、力試しには最適といえます。
 ○ネオキングダムは、ばんえいダービー、ポプラ賞ともオーシャンウイナーの2着で、今回その天敵が不在なのはまたとないチャンス。ただし3歳以降の世代限定オープン戦で単独でのトップハンデを課されるのは初。しかし、牡馬同士では20キロ差しかつかないのなら克服も可能でしょう。
 ▲リアンドノールは、3歳三冠には不出走ですが、1月の白雪賞(4歳オープン)では逃げ切って、40キロ重いオーシャンウイナーを2着、20キロ重いネオキングダムを4着にしりぞけています。今季初戦のB1級-4組混合では古馬の強豪マルミゴウカイに突き放されましたが、危なげのない2着と力をつけています。
 △コウシュハハリアーは、昨季最終週のクリスタル特別(4歳オープン)が世代限定オープン戦初挑戦で勝利。藤本匠騎手は、ばんえいダービーで騎乗したシュトラールではなく、今回こちらを選択。名手の眼力を信頼します。

1234567891011
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.