ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

お知らせ・ニュース アーカイブ

1234567891011

今週の見どころ(1/19~1/21)

2019年1月17日(木)

 今季の開催日数は26開催151日間ですが、残すところ5開催29日間。終盤戦に入るにあたってリーディング争いも気になるところ。前開催終了(1月14日)時点、騎手部門は159勝の阿部武臣騎手が1位で、11年連続のリーディングを目指す鈴木恵介騎手が152勝で追う展開に。調教師部門では坂本東一調教師が107勝で、87勝で2位の松井浩文調教師に大きく差をつける展開となっています。リーディングの行方にも注目していきましょう。

【第22回開催1日目】
 1月19日(土)のメイン第10レースは、吹雪特別(B1級-1組・18:05発走予定)
 ◎ノエルブランは、前走B1級-1組混合では、同レースで16連勝を達成したホクショウマサルが飛ばして逃げたため、先行力を生かせず見せ場なしの7着に終わりましたが、最下位だった2走前のB1級-1組を除けば近走障害をひと腰でまとめています。今回は同型が減って前で運べそうなだけに巻き返しが濃厚でしょう。
 ○トモエハイセイコーは、3走前のB2級-1組で勝利を挙げると、2走前のB1級-1組、前走のB1級-1組混合をともに出走メンバー中最先着の2着。近走の好調ぶりから初の725キロも難なくクリアしそうなだけに好勝負を期待です。
 ▲ブラックダンサーは、前走B1級-2組では障害をひと腰でまとめると、直線抜け出して勝利を挙げています。能力は上位だけに、前走の再現ができればここでも上位争いに加わってくるでしょう。
 △サカノバツグンは、前走B1級-2組でブラックダンサーに敗れはしたものの、コンマ6秒差の2着と差のない内容だっただけに警戒が必要です。

【第22回開催2日目】
 1月20日(日)のメイン第10レースは、白雪賞(4歳オープン・18:00発走予定)。出走馬9頭中7頭がばんえいダービーに出走しており、そのダービーは1着アアモンドグンシン、2着キタノユウジロウ、3着コウシュハレガシーという結果。今回はオープン740キロから1重量区分ごとに10キロ加減の別定戦。オープン馬は2頭いますが、セン馬10キロ減があるアアモンドグンシンが730キロのトップハンデで、牝馬20キロ減のミスタカシマが720キロ。A1級の牡馬コウシュハレガシーら3頭が720キロ、A2級の牡馬ジェイコマンダーが710キロ、B1級の牡馬ハマノダイマオーら2頭が700キロ、同じくB1級で牝馬のアフロディーテが680キロ。最大50キロのハンデ差がついての9頭立てです。
 ◎コウシュハレガシーは、ばんえいダービーから近3走連続3着と惜しい競馬が続いていますが、この間は障害をひと腰と安定。ばんえいダービー上位馬とは重量面で有利となるだけに勝ち負けを期待です。
 ○アアモンドグンシンは、前走睦月特別(オープン-1組)では最下位7着も障害はひと腰でまとめており内容自体は悪くなく、同世代限定戦なら2走前のばんえいダービーを勝利しているように地力は上位。トップハンデ730キロでも上位争い十分です。
 ▲ミスタカシマは、前走ばんえいプリンセス賞(4歳牝馬オープン)ではトップハンデと厳しい条件の中2着と能力を示しており、今回は未経験の720キロですが、同世代が相手ならばんえい菊花賞で勝利を挙げているだけに侮れない存在です。
 △ハマノダイマオーは、前走B2級-1組では障害で手間取り4着に敗れましたが、牡馬として最軽量の700キロを生かして、食い込みを狙います。

※月曜日分の見どころは出走馬が確定次第更新いたします。

今週の見どころ(1/12~1/14)

2019年1月10日(木)

 年末年始の変則日程が終わり、今週からは今季最終週(3月23・24日)を除き、土曜・日曜・月曜の週3日間競馬に戻ります。次の重賞は今年度からBG1に格上げされた2月3日(日)のヒロインズカップと間隔が空きますが、今週の日曜日のメインレースにはオープン戦が組まれているなど、毎週熱いレースが続きます。皆さんでばんえい競馬を楽しみましょう。

今週のイベントはこちら

【第21回開催3日目】
 1月12日(土)のメイン第10レースは、山羊座特別(A2級-1組・18:10発走予定)
 ◎センショウニシキは、昇級初戦となった前走新雪特別(A2級-1組)では重量増をものともせず障害をひと腰でまとめ、2秒7差の2着に粘り込んでいます。近3戦は2着と勝ち切れていませんが、前走と同重量で臨める今回は休み明けをひと叩きした上積みもあるだけに勝機十分でしょう。
 同5着○チヨノタカラは、前走では重量増が影響したせいか障害で体力を使ってしまい、末脚が不発と不本意な結果になりましたが、引き続きの負担重量で臨む今回は、能力は上位だけに障害五分で巻き返し必至です。
 ▲コウシュハレガシーは、ばんえいダービーを3着後、前走のオッズパーク杯(B1級-1組)でも3着と安定。負担重量が前走から45キロ増も、ばんえいダービーでは730キロで好走。障害巧者だけに、当時から5キロ増えての735キロならこなせると見ます。
 △メヂカラは、前走牝馬限定の準重賞・レディースカップでは8着に敗れましたが、このメンバーでは決め手上位。障害次第では上位進出もありそうです。

【第21回開催4日目】
 1月13日(日)のメイン第10レースは、睦月特別(オープン-1組・18:15発走予定)
 ◎ミノルシャープは、一気の重量増となった前走天馬賞では、障害で脚を折り6着に敗れましたが、オープン昇級後も堅実に駆けていた同馬だけに、引き続きの760キロと重量慣れも見込める今回は巻き返しが濃厚でしょう。
 同2着○ゴールデンフウジンは、前走敗れはしたものの、勝ち馬メジロゴーリキとはコンマ1秒差と勝ちに等しい内容。今回は昇級初戦になりますが、決め手はここでも上位だけに障害次第では勝ち負けが十分ありそうです。
 その▲メジロゴーリキは、前走天馬賞では先行策から障害をひと腰でまとめるとそのまま逃げ切っています。相手は強化されましたが、前走の再現ができれば上位争いに加わるでしょう。
 △センゴクエースは、前走帯広記念をコンマ1秒差の2着と好走しており、実績、地力ともに上位ですが、今回は他メンバーとの重量差を克服できるかどうかになりそうです。

【第21回開催5日目】
 1月14日(祝・月)のメイン第10レースは、プロキオン特別(A1級-1組・18:15発走予定)
 ◎フナノクンは、4走前にA1級-1組に組まれてからは着外が続いていましたが、前走のばんえい十勝金杯(オープン混合)では5着と健闘。障害をひと腰でまとめ、勝ち馬との着差も2秒6と着順ほど差はなく、復調がうかがえるだけに好勝負が期待できます。
 ○ナカゼンガキタは、前走天馬賞では同世代牡馬相手との定量戦と条件が厳しく7着に敗れましたが、2走前のノエル特別(A1級-1組混合)では4着と能力はあり、前走が同じ天馬賞だった2頭より、重量面で有利となるだけに巻き返し十分です。
 ▲ジェイワンは、未経験の重量だった前走天馬賞では5着でしたが、障害を越えるのに三腰を要しただけに重量減は歓迎。障害を早めに通過できれば上位争いに加わってきそうです。
 △サカノテツワンは、近2走のオリオン特別(オープン-2組混合)、ばんえい十勝金杯(オープン混合)ではともに着外ですが、引き続きの750キロと重量慣れが見込めるだけに警戒が必要です。

今週の見どころ(1/8、1/9)

2019年1月 7日(月)

今週のばんえい十勝は8日(火)、9日(水)、12日(土)、13日(日)、14日(祝・月)の変則5日間で行われます。年度末までは原則、薄暮開催(最終レース18:45発走予定)で競馬が行われます(※詳しくはこちら)。
 前開催の帯広記念ではオレノココロが勝利し、カネサブラックの持つ重賞最多勝記録に並びました。また、天馬賞ではメジロゴーリキがばんえいダービー以来となる重賞2勝目を挙げています。

今週のイベントはこちら

【第21回開催1日目】
 1月8日(火)のメイン第10レースは、ガーネット特別(A1級-2組混合・18:05発走予定)。出走馬9頭中6頭は前走ニューイヤーカップ(A1級混合)組。同レースでは先行したタカラシップが障害もひと腰にまとめると悠々と逃げ切って勝利。10秒3差の2着にはニシキエーカンが入り、ホクショウメジャーが3着でした。
 3連勝中◎タカラシップが当然の主役。前走は特別戦替わりでも2着馬に10秒3差をつける完勝。出走馬の過半数が前走で負かした相手なら賞金ハンデ5キロ加増でも4連勝が濃厚でしょう。
 同3着○ホクショウメジャーは、前走障害を越えるのに三腰要しましたが、元々は障害が得意なタイプ。前走と同重量で臨めるのもプラスで連争いは十分可能でしょう。
 同9着▲カイシンゲキは、昨年8月以降は大敗が続いていますが、実績、地力ともに上位。競走除外明けをひと叩きして上積みも見込めるだけに変わり身を期待です。
 同2着△ニシキエーカンは、障害次第な面がありますが、決め手は確か。ふた腰でまとめた前走の再現ができれば上位争いに加わるでしょう。

【第21回開催2日目】
 1月9日(水)のメイン第11レースは、ばんえいプリンセス賞(4歳牝馬オープン・18:05発走予定)
 出走馬10頭中9頭は12月2日に行われた3歳女王決定戦・ばんえいオークス(定量670キロ)に出走しており、ミスタカシマが14秒7差をつける完勝。2着にアフロディーテ、3着にクイーンドリーマーがそれぞれ入りました。今回はミスタカシマがトップハンデ700キロに対し、他9頭が660キロとなっています。
 トップハンデでも◎ミスタカシマの実績を評価。他の馬とは40キロの重量差はありますが、ナナカマド賞、ばんえい菊花賞と牡馬やセン馬相手の重賞を制しており、同世代の牝馬同士なら別格の存在。前走のばんえいダービーは馬体を減らしての4着だっただけに、馬体が戻れば首位有望でしょう。
 ○クイーンドリーマーは、ばんえいオークスを最低人気で3着と好走すると、近3走では連続3着と充実ぶりがうかがえます。障害次第な面がありますが、決め手は良いものを持っており、上位争いに期待です。
 ▲カネササクラは、ばんえいオークス5着後も善戦止まりでしたが、前走のB4級-2組ではコンマ5秒差の2着と復調気配。同型との兼ね合いはありますが、自分のペースで行ければ上位進出は十分あるでしょう。
 メンバー中唯一ばんえいオークスに出走していない△ジャスミンガールは、B4級に昇級後は未勝利ですが、上位争いを続けているだけに警戒が必要です。

今週の見どころ(1/1~1/5)

2018年12月30日(日)

 年明けのばんえい十勝は、1月1日(祝・火)~5日(土)までの連続5日間となっています。1日(祝・火)~3日(木)はデイ開催、4日(金)、5日(土)は薄暮開催で実施されます(※発走時間等、詳しくはこちら)。2日(水)には帯広記念、3日(木)には天馬賞と2つの重賞が組まれており、年始から熱い戦いが期待できます。

今週のイベントはこちら

【第20回開催1日目】
 1月1日(祝・火)のメイン第11レースは、ニューイヤーカップ(A1級混合・16:40発走予定)。9頭中6頭(1頭は競走除外)が、12月27日のA1級-2組からの出走です。
 ◎ホクショウメジャーは、前走A1級-2組での3着など、勝ち味に遅い面がありますが、障害は安定しています。今回は出走9頭中8頭が平場戦からの参戦。特別戦に替わってもっとも持ち味を生かせそうなこの馬に勝機到来です。
 ○タカラシップは、A1級-2組戦を2連勝して勢いに乗っています。こちらも障害に自信があるだけに特別戦替わりは問題なく、障害で後続との差をつけられれば3連勝のシーンまでありそうです。
 ▲フェアリースズは、格下ですが、他のメンバーは特別戦替わりで負担重量が前走から30キロ以上増えるのに対し、この馬は前走に引き続き710キロで臨めるのは歓迎。障害次第では一発の可能性を秘めています。
 決め手上位△ニシキエーカン△スーパータイトルは障害次第では出番がありそうです。

【第20回開催2日目】
 1月2日(水)のメイン第9レースは、BG1・第41回帯広記念(16:05発走予定)。基礎重量890キロから本年度の取得賞金130万円につき10キロ加増される賞金別定重量戦です。10キロ増の900キロがシンザンボーイ、20キロ増の910キロがセンゴクエース、30キロ増の920キロがオレノココロ、40キロ増のトップハンデ930キロがコウシュハウンカイ。加増なしの3頭とは最大40キロのハンデ差がつきます。
 ◎コウシュハウンカイは、今季11戦して3着以内を外したのは、ばんえいグランプリの一度のみ。930キロのトップハンデは不安要素になりますが、近走はトップハンデをものともせず、前走ホワイトクリスマス賞(オープン-1組)を含め4連勝中と勢いに乗っているだけに逃げ切り十分でしょう。
 前走ドリームエイジカップを勝利して臨む○オレノココロは、コウシュハウンカイより10キロ重量が軽く、実力的に考えれば首位筆頭ですが、障害次第なところは否めません。同馬と比べて安定感に欠けるため今回は対抗評価までとします。
 ▲シンザンボーイは、昨年に続き2度目の挑戦ですが、今季重賞ではばんえいグランプリ3着、ドリームエイジカップ2着と確実に力をつけています。上記2頭とは実力的に差がありそうですが、前走ホワイトクリスマス賞(オープン-1組)で2着と好走しているだけに上位争いは十分可能です。
 △フジダイビクトリーは16年のばんえい記念の勝ち馬で、高重量戦を得意とするタイプですが、意外にも当レースは4度挑戦して2度の3着が最高。連下と評価は下げましたが、警戒は必要です。

【第20回開催3日目】
 1月3日(木)のメイン第10レースは、BG1・第12回天馬賞(5歳・16:40発走予定)。4歳シーズン三冠の最終戦で、一冠目・柏林賞はジェイワン、二冠目・銀河賞はミノルシャープがそれぞれ制しています。今回は、牡馬760キロ、牝馬740キロの定量戦で行われます。
 ◎ゴールデンフウジンは、射手座特別(A1級-1組)、カトレア特別(オープン-2組混合)を続けて2着と好走すると、前走オリオン特別(オープン-2組混合)では積極的に先行し、障害先頭通過から逃げ切って快勝。まだ障害をひと腰では越えられませんが、ふた腰目の入り方が良くなっています。好調ぶりが目立つだけに2016年ナナカマド賞以来の重賞制覇は目前です。
 ○メジロゴーリキは、前走カトレア特別(オープン-2組混合)4着など勝ち味に遅い面がありますが、近走は障害をひと腰でまとめています。障害力のあるこの馬にとって負担重量が増える重賞の舞台は確実にプラス。世代のダービー馬として、4歳シーズン三冠の最終戦での好勝負に期待です。
 ▲マツカゼウンカイは、テンのスピードがつかず置かれる面がありましたが、近走ではそれが改善されつつあります。2走前のドリームエイジカップこそ障害で手間取り7着と敗れましたが、前走師走特別(オープン-1組)では、障害はひと腰でまとめている4着を確保しているだけに世代限定戦ならチャンスはあるでしょう。
 △ミノルシャープは、今季18戦して着外は一度のみと安定。重賞でも銀河賞1着、ドリームエイジカップ3着と力をつけていますが、今回は2着だった前走地吹雪賞から一気の重量増となるだけに連下までとします。

【第20回開催4日目】
 1月4日(金)のメイン第10レースは、新雪特別(A2級-1組・18:10発走予定)。ばんえい十勝は、この日からシーズン最終日まで薄暮開催となります。
 ◎シンエイパワーは、2走前のターコイズ特別で6秒6差の6着に健闘。A2昇級初戦でいきなり特別戦に組み込まれ、しかもA1級混合という厳しい相手関係でも障害はひと腰でまとめ、収穫の多いレースでした。続く前走の1組平場戦では、今回のメンバー中最先着の2着。引き続きA2級同士の争いなら、勝ち負けは間違いないところ。
 ○チヨノタカラは、2走前のおおいぬ座特別(A2級)を障害ひと腰から抜け出して快勝。前走の1組平場戦では2着シンエイパワーをとらえきれずも3着と上々の走りを見せています。クラスの先輩として、意地を示す場面も。
 ▲ブチオは、2着だったおおいぬ座特別のように、差してくるも脚を余して負けるケースも多数。しかし、前走地吹雪で定量500キロの速い流れを経験し、行きっぷりが変わってくれば、今季特別戦で初勝利のチャンスが訪れそう。
 △センショウニシキは、今季15戦して5勝、2着5回、3着3回、4着2回という安定感。今回は2カ月ぶりで、昇級初戦となりますが、相手なりに駆けてきそうです。
 昇級2走目△イッキフジも押さえておきたいところ。

【第20回開催5日目】
 1月5日(土)のメイン第10レースは、準重賞・ばんえい十勝金杯(オープン混合・18:15発走予定)。オープン4頭とA1級5頭が争います。
 ◎カンシャノココロはオープンに上がって以降、白星がありませんが、今回と同じA1級との混合戦では2走とも3着に入っています。相手に恵まれたここは逃げ切って、オープン馬の貫録を見せたいところ。
 ○キンメダルは、今回のメンバー中5頭が出走していた前走ノエル特別(A1級-1組混合)では7着も、2戦続けて障害で苦戦することは少ないタイプ。巻き返してくるでしょう。
 ▲コウリキは、ノエル特別2着馬ですが、障害での腰入りにムラがあるタイプ。今開催からオープンへ昇級し、クラスハンデ10キロを克服できるかがカギになります。
 △ホクショウマックス△サカノテツワンは、A1昇級後、キンメダル、コウリキと接戦している実績があります。ともに障害巧者で食い下がりに警戒したいです。

今週の見どころ(12/27~12/29)

2018年12月25日(火)

第19回開催の前半戦では、23日(祝・日)の第5競走で鈴木恵介騎手がジェイエース号に騎乗し、通算2,500勝を達成。ばんえい競馬史上6人目、現役では3人目の快挙達成となりました。またその日のメインレースBG1・ばんえいダービーではアアモンドグンシンが勝利し、ばんえい大賞典と合わせて3歳二冠達成となりました。
後半戦は、29日(土)に2歳シーズン三冠の第二弾・ヤングチャンピオンシップが組まれています。年末もばんえい競馬で楽しみましょう。

今週のイベントはこちら

【第19回開催4日目】
 12月27日(木)のメイン第10レースは、地吹雪賞(3歳以上選抜・19:05発走予定)。年明けに行われるスピードスター賞の予選で、定量500キロ(牝馬20キロ、3歳20キロ、4歳10キロ減)で争われます。
 ◎キサラキクは、同条件では勝ち星こそありませんが、2年連続決勝のスピードスター賞へ出走しており適性は十分。前走は障害をふた腰でまとめての2着と復調がうかがえるだけに勝機到来です。
 ○ミノルシャープは、10月以降は勝ち切れないレースが続いていますが、2走前のドリームエイジカップ3着を含め、古馬一線級を相手に差のない競馬を続けています。持ち前のスピードが生きそうな条件だけに突き抜けるシーンまでありえます。
 ▲アアモンドロシアは、テンのスピードが速く、障害が安定しない同馬にとって軽量戦はいかにも合いそうなだけに、前走5着からの巻き返しが十分可能です。
 △サンシルクラポピーは、格上相手になりますが、メンバー中最軽量の460キロと断然有利で、末脚が生きる展開なら上位進出もありそうです。

【第19回開催5日目】
 12月28日(金)のメイン第10レースは、オリオン特別(オープン-2組混合・19:05発走予定)
 ◎ゴールデンフウジンは、2走前の射手座特別(A1級-1組)で2着に好走すると、前走カトレア特別(オープン-2組混合)では近走の後方からの競馬から先行策に転じると勝ち馬から1秒4差の2着と続けて好走。障害での腰の入りが良くなっているだけに障害を早めにクリアできれば勝利は目前です。
 ○サカノテツワンは、昇級初戦の前走ターコイズ特別(A1級-1組混合)では障害をひと腰でまとめると、直線では難なく抜け出して勝利。前走から15キロ増となりますが、近走障害は安定しているだけに好勝負が期待できます。
 ▲ジェイワンは、前走カトレア特別(オープン-2組混合)では決め手不発で5着に敗れたものの、課題の障害をひと腰でまとめられたのは収穫。地力的には差のないだけに、上位争いには十分期待できます。
 同6着△ホクショウユウキは、前走障害をひと腰でクリアと内容は良化しているだけに警戒は必要でしょう。

【第19回開催6日目】
 12月29日(土)のメイン第11レースは、BG2・第20回ヤングチャンピオンシップ(2歳選抜・19:05発走予定)。南北海道、北央、北見、釧路、十勝の各産駒特別競走の上位2頭ずつの計10頭で争われます。
2歳シーズンー冠目のナナカマド賞では、障害を先に通過したのはギンノダイマオー、インビクタでしたが、3番手で通過したメムロボブサップがトップハンデをものともせず一気の脚で差し切っています。
 ◎アオノブラックは、ナナカマド賞で3着と好走すると、その次走から釧路産駒特別を含め3連勝を達成。前走2歳A級-1組では、障害をひと腰でまとめ、勝ち馬ギンノダイマオーとは4秒7差の3着と逆転圏内にいるだけに初重賞制覇に期待がかかります。
 ○メムロボブサップは、ナナカマド賞ではトップハンデを苦にせず快勝。その後もトップハンデが続き勝ち切れていませんが、十勝産駒特別、2歳A級-1組と近2走は連続2着。好調を維持しているだけに好勝負必至です。
 ▲ギンノダイマオーは、デビューから4連勝後はナナカマド賞2着を含め、勝ち切れていませんでしたが、予選の十勝産駒特別を快勝すると前走2歳A級-1組でも難なく抜け出して連勝。今回は賞金ハンデが10キロ課されるぶん単穴評価としましたが、勢いはあるだけに侮れない存在です。
 牝馬△ヤマサンブラックは、南北海道産駒特別を2着でここへの切符を確保し、前走を快勝して初重賞の舞台に臨みます。トップハンデのメムロボブサップとは40キロ差の570キロで出走できるだけに警戒は必要です。

1234567891011
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.