ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

7/3柏林賞予想 荘司典子

2022年7月 2日(土)

世代王者オーシャンウイナーが今季初勝利を目指す

 北斗賞はアオノブラックのおかげで大きく収支をプラスすることができました。この状況を維持していきたいと思いますが、ばんえい競馬は一筋縄ではいかない決着も多く、高配当が出れば一発逆転もあるのが面白いところ。安心してはいられないので、ここからも攻めの姿勢は崩さず予想していきたいと思います。

 さて柏林賞。この4歳世代、昨年のばんえい菊花賞(牝馬のワンツースリーという結果)までの段階では牝馬が力上位という印象でしたよね。その後、ばんえいダービーで牡馬たちが逆転。オーシャンウイナー、ネオキングダム、タカナミの順で決まり、3歳三冠最終戦で牡馬の意地を見せてくれました。

 続くポプラ賞も制して"世代王者"を印象付けたオーシャンウイナーが今回の本命。今季まだ3戦目で、ここを目標に大切に調整されているのも好印象。斤量差を克服し力の違いを見せて欲しいところ。

 ばんえい菊花賞で牡馬を撃破したサクラヒメは3連勝中の勢いもあって怖い存在。安定感抜群の成績が続いているイワキダイヤ。まずはこの◎○▲の3連複1点。

 5月のすずらん賞を牡馬相手に勝ったアバシリサクラ、素質馬ネオキングダムとタカナミ。このあたりは人気薄でも好走がありそうで、3連単の相手に加えて買ってみます。

◎4 オーシャンウイナー
○3 サクラヒメ
▲10 イワキダイヤ
△8 アバシリサクラ
△1 ネオキングダム
△2 タカナミ

3連複
3-4-10 2000円
3連単
4→1,2,3,8,10→1,2,3,8,10 各200円 計6000円

7/3柏林賞予想 須田鷹雄

トップハンデでもオーシャンウイナー

 2歳時には混沌としていたこの世代も、イレネー以降は◎オーシャンウイナーが確固たる世代チャンプに。菊花賞のように極端に馬場が軽いと紛れがあるかもしれないが、普通レベルの馬場、牡馬同士でハンデ差最大30キロなら崩れないと見る。ポプラ賞で40キロ差を与えた△ネオキングダムに先着していることを考えると、やはりこの馬を下げた予想はつけづらい。

 ただ、○サクラヒメには一定のチャンスがあるように思う。A1を勝ったうえにその後も連勝。ここはオーシャンウイナーと競る形になるとさらに頑張れそうだ。▲イワキダイヤもライラック賞のときより○相手に10キロ有利になるのだが、端枠ということもあって2着候補にとどめる。

◎4 オーシャンウイナー
○3 サクラヒメ
▲10 イワキダイヤ
☆9 マサタカラ
△1 ネオキングダム

3連単
4,3→4,3,10→4,3,10,9,1 各500円 計6000円

7/3柏林賞予想 目黒貴子

4連勝なるかサクラヒメ

 前回の重賞は見事的中!なんとかプラスとなって、トータルのマイナスも少し減らすことができました。ホッ。それにしても荘司さん無双ですね!大幅プラスでなかなか追いつけません。差を広げられないように頑張ります。

 さて今回は柏林賞。4歳の世代重賞です。現在3連勝中のサクラヒメがその連勝を4に伸ばすのか。個人的には気になるところです。

 印はその気持ちに素直にいきたいと思います。勢いのあるサクラヒメを◎。牝馬としては斤量も重くなりますが、今の出来なら充分こなせるでしょう。

 ○はこちらも今季好調のイワキダイヤ。3月以降はパーフェクト連対です。もともと実力もある馬が復調して本来の力を発揮できるようならここでもチャンスですね。

 これまで世代重賞でタイトルをモノにしてきたオーシャンウイナーを▲に。斤量が最も重いのも実績からは仕方なし。ビッグレースでは気合いが違うのか、勝率が上がるのもこの馬の強みです。

 △にネオキングダムとリアンドノール。

 買い目は難しいところですが、3連単を中心にいきたいと思います。

◎3 サクラヒメ
○10 イワキダイヤ
▲4 オーシャンウイナー
△1 ネオキングダム
△6 リアンドノール

3連単ボックス
3,4,10 各800円
3連単フォーメーション
3→4,10→1,6 各300円 計6000円

7/3柏林賞予想 赤見千尋

3連勝中の勢いを信頼してサクラヒメ

 4歳三冠の一冠目である柏林賞。ここは3連勝中のサクラヒメの勢いを信じたいと思います。

 ライラック賞との比較で考えると、700キロという重量は簡単ではないと感じますが、3年前の柏林賞でミスタカシマが700キロで勝っているという実績もあるので、勢いのまま4連勝を期待しています。

 対抗はオーシャンウイナー。720キロで最も重い重量ですが、サクラヒメとは20キロ差。ライラック賞では30キロ差でしたから、10キロ詰まったことは大きいでしょう。ばんえいダービーを勝ち、ポプラ賞も勝ち、世代トップの実力の持ち主。このくらいの重量差であれば、上位争いに絡んで来てくれると思います。

 イワキダイヤも勢いがありますね。ライラック賞でサクラヒメと同じ650キロで2着でしたが、今回は10キロ軽い690キロ。ここに来て着実に力を付けているので、重賞でも楽しみです。

 久しぶりの重賞挑戦となるマサタカラ、サクラヒメとは30キロ差あるアバシリサクラまで。

◎3 サクラヒメ
○4 オーシャンウイナー
▲10 イワキダイヤ
△9 マサタカラ
△8 アバシリサクラ

馬複
3-4 3000円
3-8,9,10 各1000円 計6000円

7/3柏林賞予想 矢野吉彦

オーシャンウイナー軸でヒモ荒れ期待

 アアモンドグンシンにはヒヤッとさせられたものの、北斗賞もめでたく的中。"別格"の荘司女史に次ぐ2位の黒字収支をキープすることができました。やっぱり私にはワイド流しが似合っているのかも。

 さて、柏林賞は穴馬からワイドを流したいのですが、どうもこれという馬が見当たりません。そこでここは発想を転換して、大本命のオーシャンウイナーを軸にして、"ヒモ荒れ"を期待したいと思います。

 儲かるかどうかは資金配分次第ということ。なので、まずはサクラヒメとイワキダイヤに1600円ずつ、その他の7頭には400円ずつ流します。

 オーシャンウイナーが3着以内に来てくれれば2点は当たるわけですから、大きなトリガミにはならないと思うんですけど。では、今回はこのへんで。

◎4 オーシャンウイナー
○2 タカナミ
▲6 リアンドノール
△1 ネオキングダム
△5 コウシュハハリアー
△10 イワキダイヤ

ワイド
4-3,10 各1600円
4-1,2,5,6,7,8,9 各400円 計6000円

7/3柏林賞予想 斎藤修

2022年7月 1日(金)

急上昇イワキダイヤに期待

 詳細はオッズパークのブログをご覧ください。

 ◎10イワキダイヤ
 ○4オーシャンウイナー
 ▲3サクラヒメ
 △1ネオキングダム
 △9マサタカラ
 △8アバシリサクラ

 3連単1頭軸マルチ
 10→1,3,4,8,9 100円 計6000円

今週の見どころ(7/2~7/4)

 7月3日(日)のメインには、重賞・柏林賞が実施されます。各世代の三冠レースの先陣を切って行われる4歳の一冠目。出走予定馬の格付は、オープン2頭、A2級1頭、B1級7頭。この構成は、A1級がおらず、オープンの2頭メムロボブサップ、アオノブラックの実績が抜けていた20年と似ています。ちなみにその年は、勝ったのがメムロボブサップ、2着がA2級、3着B1級で、アオノブラックは4着。両雄並び立たずという結果でした。
 なお7月18日(月)までの期間、ばんえいグランプリのファン投票を実施中です(詳しくはこちら)。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第6回開催4日目】
 7月2日(土)のメイン第11レースには、わし座特別(A2級-1組・20:10発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 前開催のムーンストーン特別は、格下B1級との混合だったとはいえ、コウテイが逃げ切って完勝しています。
 注目はその◎コウテイです。2走前のA2級-1・2組決勝混合(7着)はA1級との混合だったため単純比較はできませんが、特別戦の前走で一変の走りを披露しています。ここ1年ほどは1組での出走が多いため、自然と特別戦を走ることが増えますが、B1以上の格付での戦績(世代限定戦除く)は、平場戦では4戦して4着が最高なのに対し、特別戦は17戦して4勝、2着6回、3着1回とこちらのほうが向くようです。今回はA2級同士ですが、そこまで相手強化はなく連勝に期待します。
 ○ホクトシンバは、B1級-3組を勝っての昇級初戦ですが、昨年7、8月には、同条件で3着2回とむしろ実績上位。減量がある4歳馬が翌日の重賞・柏林賞と、A2級-2組混合戦にまわって不在なのも歓迎です。
 ▲ニセコヒカルは、近4走がコウテイと一緒。3走前の黒岳特別(A2級-1組)ではこちらが2秒5先着し、ムーンストーン特別は4秒9差で2着と力量は互角。前走から引き続き紅一点だけに、軽量の利をいかせるでしょう。
 △ダイリンファイターは、4走前の五月雨特別(A2級-1組)で、コウテイ(5着)、ニセコヒカル(6着)より先にゴールして3着。今季の収得賞金が少ないためそれ以来の1組ですが、実力的にはヒケを取りません。

【第6回開催5日目】
 7月3日(日)のメイン第11レースは、BG3・第16回柏林賞(4歳・20:10発走予定)。4歳三冠路線の第1弾となっています。

※出馬表はこちら

 今回のメンバー10頭すべてが出走していたライラック賞(6月6日・4歳オープン)は、障害を降りた順で決着し、1着サクラヒメ、2着イワキダイヤ、3着リアンドノール。勝ち馬のみ50キロ増で、その他は40キロ増となっています。
 4着◎オーシャンウイナーの巻き返しに期待します。ばんえいダービーを制している3歳チャンピオン。ライラック賞は最大50キロ差のトップハンデが懸念されたか3番人気に甘んじましたが、障害ひと腰から、3着リアンドノールにタイム差なしまで迫りました。ばんえい菊花賞大敗後は休まず使われ、ばんえいダービーを勝利。また、4歳混合のポプラ賞は、前2開催を調整にあて勝利しており、重賞へ向けての仕上がりは心配なさそうです。
 ○イワキダイヤは、ライラック賞2着を含め、シーズンをまたいで7戦連続連対中。前開催は格上相手の特別戦を回避しており、勢いが途絶えなかったのも歓迎でしょう。3歳8月のばんえい大賞典では極端に軽い馬場でハンデに恵まれたとはいえ3着があり、ハンデ差がつく条件なら侮れません。
 ▲サクラヒメは、ライラック賞後にオープンへ昇級したため重量面で厳しくなりますが、重賞2勝はオーシャンウイナーに次ぐ実績。前日の第2レースには半妹のアオイソラノシタが出走し、障害2番手から一杯になったものの立て直して2着を確保しており、この馬も先行力を生かせれば勝ち負けが期待できます。
 △リアンドノールは、世代限定の特別戦に良績があります。今回は重賞ですが690キロなら苦にしないはず。1月の白雪賞(1着)や5月のすずらん賞(2着)では、直行ぎみに障害で仕掛けて好結果だっただけに、ここも同じ走りができるかでしょう。

【第6回開催6日目】
 7月4日(月)のメイン第11レースには、天の川特別(A1級混合・20:10発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 オープンとA1級の混合戦。オープン馬では、20年のばんえいグランプリ馬ミノルシャープが、昨年10月以来の出走となります。メンバーは、前開催に行われた同条件・シルバーカップから6頭と多くなっています。
 注目は前開催の北斗賞が9着だった◎ゴールドハンター。新シーズンになり重量が軽くなっても障害ではムラな面を見せていましたが、近走は腰入りが良化。2走前の同条件・大雪賞ではスムーズに障害を越えると、身上の末脚を爆発させ、勝ち馬アオノブラックとは8秒0差でした。重賞だった前走は度外視で狙いたいところ。
 ○ゴールデンフウジンも直線勝負タイプ。近走は障害が良化し、前走シルバーカップではゴール前で抜け出し今季初勝利を挙げています。8枠に入った差し馬2頭の対決に注目です。
 ▲コウシュハレガシーは、オープンからA2へ降級した今季初戦から6戦連続連対でA1へ昇級。その初戦シルバーカップは5頭ほぼ横一線の優勝争いからわずかに後れて4着と上々の走りでした。
 △ミノルシャープは、夏から秋にかけてが稼働期。鈴木恵介騎手には現在オープン格付のお手馬がおらず、初騎乗となるこの馬と新たにタッグ結成となるのでしょうか。

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.