ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

今週の見どころ(2/24~2/26)

2024年2月22日(木)

 今週から今季最終日となる3月17日(日)までの12日間は準ナイター開催となります。発走時刻はこれまでより繰り下がり、第1レースは13:45ころ、最終第12レースは20:00ころを予定しています。
 さて今季ラスト2日間に行われる2つのBG1重賞の発走時刻予定が決定しました。3月16日(土)のイレネー記念は第11レースで19:30、17日(日)のばんえい記念は第7レースで17:15となっています。なおばんえい記念の前日発売は行いません。

オッズパークLOTO キャリーオーバー情報】(※前週終了時点)
7重勝単勝式…なし
5重勝単勝式…なし

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら
※オッズパークのキャンペーン情報についてはこちら

【第24回開催1日目】
 2月24日(土)のメイン第11レースには、雪月花特別(B1級-1組・19:45発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 前開催の1組から勝ち馬が抜けてのほぼ再戦ですが、平場戦から特別戦に替わるのがどう影響するでしょうか。
 注目は3着だった◎スーパースピード。直近の1組特別戦である吹雪特別(1月22日)で2着に追い込むなど実績上位といえます。前開催は勝ったメムロビジンが強すぎましたが、2着ホクセイキムタクとはわずかコンマ2秒差。逆転十分です。
 ○タンジロウは、同じ前走6着でしたが、明け5歳は特別戦では若馬減量10キロがあります。今回が生涯初の特別戦ですが、条件的に有利なだけに狙ってみたいです。
 同2着▲ホクセイキムタクは、明け4歳で、B級以上の特別戦での若馬減量が減ってから初の特別挑戦。やや割引が必要でしょう。
 △ジェイライフは、昇級初戦で4着と悪くない走り。B2級時代にはホクセイキムタクと互角に戦っていただけに引き続き注目です。

【第24回開催2日目】
 2月25日(日)のメイン第11レースには、然別賞(オープン-1組・19:40発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 次開催に、ばんえい記念やポプラ賞(4歳・5歳混合)が控えており回避馬も出ての6頭立て。賞金ハンデは各馬15~45キロを課されています。
 ◎コマサンエースに期待します。2開催前のオープン-1組・ミツウマオーセンティック杯ではメムロボブサップと馬体を離しての叩き合いの末2着惜敗。これだけでも本命の資格十分ですが、前走の準重賞・ウィナーズカップは後続を突き放して勝利。この充実ぶりで賞金ハンデ20キロ増で臨めるのは恵まれたとしか言いようがありません。
 ○インビクタは、昨秋以降勝ち星がありませんが、3走前の柏林馬事公苑特別(オープン-1組)でアオノブラック、コマサンエース、メジロゴーリキと接戦の4着、前走の重賞・チャンピオンカップはアオノブラックの2着とひと押しで勝ち星に手が届く位置にいます。その2走を見た感じ、やはり逃げてこそ。賞金ハンデ20キロ増を生かしてどこまで粘れるか。
 ▲メムロボブサップは、チャンピオンカップでは最大100キロ差のトップハンデはさすがに堪えたか5着でした。しかし今回は最大30キロ差の805キロ。なお昨年の然別賞も同じ805キロで2着からばんえい記念を制しています。
 鈴木恵介騎手が主戦の馬が2頭いますが、今回はキングフェスタではなく△メジロゴーリキに騎乗。課題はコマサンエース、インビクタより10キロ重いハンデの克服です。

【第24回開催3日目】
 2月26日(月)のメイン第11レースには、深雪特別(A2級-1組・19:40発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 9頭中7頭が前走で同じ1組の特別戦・スナックバス江が流行る記念に出走。上位3頭も参戦してきました。
 注目は2着だった◎ジャパントップです。これでA2級-1組の特別戦(混合戦含む)で5度目の2着と歯がゆいレースが続きます。しかし前走で2秒0だけ先着された勝ち馬ジェイヒーローは賞金ハンデが5キロ増え、同重量となります。惜敗続きを脱しA1昇級を果たしたいところ。
 ○スーパーシンデレラは、前走を含め同条件で3走続けて4着。詰めの甘い面がありますが、こちらも対ジェイヒーローでハンデが楽になり前進がありそう。
 その▲ジェイヒーローは、前走が逃げ切りでしたが、最後は後続に迫られました。賞金ハンデ5キロ増は堪えるかもしれません。
 △ロングビユウテイは、前走が久々の特別戦ながら8番人気で5着に健闘。その前の特別戦は昨年11月のA2級-1組で2着と実績があり、続けて使われる今回は軽視禁物。

2/18チャンピオンカップ回顧

2024年2月20日(火)

アオノブラックが重賞14勝目

 2月18日(日)には重賞・チャンピオンカップ(4歳以上重賞競走優勝馬)が行われ、単勝1番人気のアオノブラックが優勝。ゴール前逃げ込みを図るインビクタを差し切りました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.アローリキヒメ(760) 43.2
 2.インビクタ(820) 14.0
 3.メジロゴーリキ(840) 4.9
 4.ヘッチャラ(810) 11.1
 5.アオノブラック(830) 1.9
 6.メムロボブサップ(860) 2.8

 出走登録のあった10頭のうち、4歳シーズン三冠を達成したキングフェスタら4頭が回避し6頭立ての少頭数。単勝1番人気に支持されたのは今季、岩見沢記念、北見記念を制したアオノブラック。昨年のこのレースは860キロで7着でしたが、830キロと重量に恵まれた今回は1.9倍。今季12戦し、重賞3勝を含む9勝を挙げるメムロボブサップがトップハンデながら2.8倍で2番人気。帯広記念で今季初勝利を飾ったメジロゴーリキが4.9倍で続きました。

 第1障害を最初に越えたアオノブラックがひと息入れると、メジロゴーリキが先頭に立ち、インビクタが追走。メムロボブサップも位置取りを上げてきます。各馬慎重に歩を進め、中間点を過ぎたあたりでは6頭がほぼ横一線という展開。インビクタが一旦は先頭に立ちましたが、第2障害下にはメジロゴーリキが先頭で到達します。
 障害下に6頭全馬揃ってひと息入れると、最初に仕掛けたインビクタがすんなりひと腰。メジロゴーリキもひと腰でクリア。その後ろはやや離れてヘッチャラ、アローリキヒメ、アオノブラックと続き、メムロボブサップは障害で手間取り、最後方に置かれます。
 障害を越えて脚色が目立ったのがアオノブラックで、先頭との差をじわじわと詰めにかかります。インビクタも懸命に粘りますが、アオノブラックがゴール前で差し切り、見事1番人気に応えました。インビクタは1秒0差で2着。しぶとく脚を伸ばしたメジロゴーリキがさらに1秒4差で3着に入りました。

 勝ったアオノブラックは、今季重賞3勝目、このレースは21年以来の2勝目で、通算では重賞14勝目となりました。シーズンクライマックスのばんえい記念は、22年3着、23年2着と敗れているだけに、"三度目の正直"となるか注目です。
 一方、2番人気で5着だったメムロボブサップは、860キロのトップハンデが堪えた印象でした。連覇がかかるばんえい記念は定量で争われるだけに巻き返しに期待がかかります。

成績はこちら
映像はこちら

金田利貴騎手「有利な条件だったので期待も大きかったですが、そんな簡単にはいかないのかなと思っていました。(ライバル・メムロボブサップが隣枠なのは)プラスの効果があるかなと思っていました。どうしても後手を踏む展開になるのでそこは割り切って、目標のレースが先にあるので、障害だけは絶対に上げよう思っていました。(障害の)天板で前の馬が見えていた時は届かないかもなと思っていましたが、降りてからは思っていた以上に走ってくれて、届くかもしれないと思いました」

チャンピオンカップ 予想結果

2024年2月19日(月)

今週は3名が的中

(編集部より)2月20日11時25分ごろまで、集計が誤っておりました。申し訳ございません。現在は修正されています。

今年度の予想対決第24Rはチャンピオンカップ。障害を5番手で越えたアオノブラックが徐々に先頭との差を詰めると、逃げ粘るインビクタをゴール前で交わして勝利。予想対決は3名が的中。特に目黒さんは3連単を的中させ、大幅なプラス収支となりました。

目黒:3連単1000円的中! 収支+31,000円
斎藤:馬複3000円的中! 収支+18,300円
矢野:ワイド1500円+1000円的中! 収支+3,950円

【集計】投資額 6,000円×24R=144,000円

 須田  -36,280円
 荘司  -42,150円
 矢野  -60,350円
 斎藤  -63,790円
 赤見  -67,850円
 目黒  -74,790円
---------------------------------------
 白組  -160,420円
 紅組  -184,790円

2/18チャンピオンカップ予想 荘司典子

2024年2月17日(土)

820キロならインビクタにチャンスあり

 先週の黒ユリ賞は人気通りの決着でしたが、馬複的中で収支はマイナス300円とまずまずの結果。次に繋げることができました。

 さてチャンピオンカップ。2019年と昨年の2回制しているメジロゴーリキ、2021年のアオノブラック、2022年のメムロボブサッブと少頭数ですが過去の勝ち馬が揃っていますね。この3頭が人気も集めそうで、馬券をどう絞って買うかが勝負になりそうです。

 狙うのはインビクタ。メムロボブサッブ、アオノブラックと同じ8歳世代。2強に続く存在として力はあるものの気まぐれなところのある馬。判断が難しいですが、だからこそ魅力的な存在です。3月の大一番を前に820キロのここは激走のチャンス!

 馬券はインビクタの単勝1点。年度末まで重賞も残りわずか。ここで一発勝負に出たいと思います。

◎2 インビクタ
○5 アオノブラック
▲3 メジロゴーリキ
△6 メムロボブサップ

単勝
2 6000円 計6000円

2/18チャンピオンカップ予想 赤見千尋

トップハンデ860キロでもメムロボブサップ

 メムロボブサップが860キロ。これをどう判断するかがポイントになりそうです。
 45回を迎えるチャンピオンカップですが、過去1度も860キロで勝った馬はいません。それでも、今シーズンのメムロボブサップは圧倒的な強さを見せていますから、この厳しい条件でも期待してしまいます。
 昨年のこのレース、820キロだったメジロゴーリキが1着、メムロボブサップは850キロで3着でした。
 今年はそれよりも重い重量なわけですが、メジロゴーリキが840キロでメムロボブサップが860キロと、重量差自体は20キロに縮まります。ばんえい記念が近づいてきて、他の馬たちも調子が上がってきた印象ですが、今回も強いメムロボブサップが見たいです。

 メジロゴーリキは帯広記念で高重量戦に強いところを改めて見せつけましたね。
 昨年より20キロ重いですが、このレースで2勝を挙げています。今年も上位争いをしてくれるのではないでしょうか。

 岩見沢記念と北見記念を連勝したアオノブラック、810キロで挑めるヘッチャラまで。

◎6 メムロボブサップ
○3 メジロゴーリキ
▲5 アオノブラック
△4 ヘッチャラ

馬複
6-3 3000円
6-5,4 各1500円 計6000円

2/18チャンピオンカップ予想 目黒貴子

負けられないアオノブラック

 もう後がありません。大幅なマイナスを少しずつでも返済していくしかないという状況です。

 チャンピオンカップ。なんと6頭という少頭数。しかも負担重量が最大100K!これはなかなかおもしろいレースになりそうです。

 5歳牝馬のアローリキヒメが重量の面で大きく恵まれるのはわかりますが、古馬一線級の中でも30~40Kの差があるのも注目ですね。

 ◎はアオノブラック。ライバル・メムロボブサップからは30Kの差です。流石にこれは大きい。調整もここに向けて万全のようで、むしろ負けられない一戦と言えるのではと考えます。

 ○にはメジロゴーリキ。こちらも重量では恵まれました。もともとの力もある馬で、今回も普通に実力を発揮できればいいレースをしてくれるはずです。

 いつもなら、スッと◎に決まる▲メムロボブサップですが、今回はかなり厳しい重量となりました。アオノブラックとの30Kは大き過ぎます。しかしながら、やはりこの馬がばんえい界の第一人者。この厳しい条件の中でどう結果を出すのか見届けたいと思います。

 古馬重賞の勝利がある△インビクタも忘れた頃にやってくる1頭で、ここまで馬券に絡めたいと思います。

 最初に書いたようにもう後がありませんので、3連単でいきます!

◎5 アオノブラック
○3 メジロゴーリキ
▲6 メムロボブサップ
△2 インビクタ

3連単
5→2,3,6→2,3,6 各1000円 計6000円

2/18チャンピオンカップ予想 須田鷹雄

重量に恵まれたアオノブラック

 昨年はアオノブラックが860キロで大敗、メムロボブサップが850キロで3着。820キロだったメジロゴーリキとインビクタが1、2着した。

 別定条件の妙というか、今年は状況が一転してメムロボブサップが860キロのトップハンデ。アオノブラックが830キロと恵まれ、メジロゴーリキの840キロより軽いということになった。

 これでは◎アオノブラックの1着固定でいくしかない。逆転があるとしたら同馬より重量の軽い馬だが、アローリキヒメはさすがに厳しいと思うし、インビクタは障害にリスクがある。ヘッチャラは5歳で◎と20キロ差、重量の絶対値に対する経験も無いとなると、さすがに逆転を期待するのは酷だ。

 ここはひねるよりも絞るレース。2着は○メムロボブサップと▲メジロゴーリキを想定しておけばよいと思うが、どちらか片方が崩れることはありうると思うので、△インビクタと△ヘッチャラも3着には付ける。

◎5 アオノブラック
○6 メムロボブサップ
▲3 メジロゴーリキ
△2 インビクタ
△4 ヘッチャラ

3連単
5→3,6→2,3,4,6 各1000円 計6000円

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.