ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

今週の見どころ(12/15~12/17)

2018年12月13日(木)

12月16日(日)のメインには、準重賞・レディースカップが組まれています。4歳、5歳、6歳、7歳、8歳以上の各世代から通算収得賞金順で上位の2頭ずつを選抜して争う、牝馬限定のドリームエイジカップともいうべきレース。注目が集まります。

今週のイベントはこちら

【第18回開催4日目】
 12月15日(土)のメイン第10レースは、ターコイズ特別(A1級-1組混合・19:05発走予定)
 ◎キンメダルは、前走射手座特別(A1級-1組)では先頭で障害を越えたウンカイタイショウと差のない3番手で通過したものの、直線では徐々に後退し5着に敗れました。しかし、前走の先着馬で出走するのは3着ウンカイタイショウのみ。相手が緩和するだけに6月以来となる勝利に期待がかかります。
 その○ウンカイタイショウは3走前の能取湖特別(A1級)で2着と好走すると、続くトドワラ特別(A1級-1組混合)5着、前走射手座特別(A1級-1組)3着と続けて掲示板内を確保。また近走は障害が安定しており、復調がうかがえるだけにここでも好勝負になるでしょう。
 ▲サカノテツワンは、前走ピヤシリ特別(A2級-1組)を差のない障害2番手通過から押し切って勝利。障害をひと腰で越え、直線でも脚色衰えずに歩き切ったのは好調の証。昇級初戦になりますが、勝って勢いに乗るだけにチャンスは十分にあります。
 △コウリキは、ペルセウス特別(A1級-2組)、能取湖特別(A1級)と4、3走前を連勝。前走ドリームエイジカップでは強敵揃いのなかオレノココロから5秒7差の5着に健闘。障害次第では上位争いに加わりそうです。

【第18回開催5日目】
 12月16日(日)のメイン第10レースは、準重賞・レディースカップ(4歳以上牝馬選抜・19:05発走予定)。過去5回では4歳馬が2勝、3着2回、6歳馬が1勝、2着4回と好成績を残しています。
 4歳馬◎ナカゼンガキタは、2走前の紅バラ賞では5着に敗れましたが、前走A2級-2組混合では障害2番手通過から抜け出して勝利と即反撃に成功。特別戦替わりも問題なく、牝馬限定戦なら連勝に期待です。
 4歳馬○メヂカラは、近4走では、3勝、6着1回と好調。テンに行けないだけに展開には左右されますが、紅バラ賞、クインカップと連勝して勢いに乗っているだけに3連勝のシーンまで。
 6歳馬▲ヤマノホシは、先行力、障害力を兼ね備えており、近6走では掲示板を確保し続けています。8月以来の特別戦となった前走十勝岳特別(B1級-1・2組決勝)では障害先頭通過から4着に粘り込んでいます。展開が向けば、粘り込みには十分警戒が必要です。
 5歳馬△タイキンは、2走前のトドワラ特別(A1級-1組混合)では、障害に手間取り8着と敗れましたが、前走ピヤシリ特別(A2級-1組)では2着と巻き返しています。牝馬限定戦なら侮れない一頭です。

【第18回開催6日目】
 12月17日(月)のメイン第11レースは、カトレア特別(オープン-2組混合・19:05発走予定)
 ここは◎ジェイワンの巻き返しに期待。前走射手座特別(A1級-1組)では苦手の障害をふた腰でまとめたものの、末脚が近走ほど切れずに4着止まり。3走前の霜月特別(オープン混合)では、障害5番手通過から豪快に伸びて1秒5差の2着に食い込んでおり、その再現ができれば十分勝ち負け。
 決め手勝負なら○ゴールデンフウジンも負けていません。前走射手座特別(A1級-1組)では、並の馬にとっては絶望的にも思える離れた障害6番手通過から末脚が炸裂し、1秒4差の2着に追い込んでいます。障害次第ですが、ふた腰までにまとめられればチャンスは大きいでしょう。
 ▲メジロゴーリキは、8月以降の9戦では、障害で転倒した2走前を除けば、3着以内を確保。前走知床賞(オープン混合)でも2着に入っています。障害が安定しており、引き続きの735キロも魅力なだけに連争いに加わります。
 △カネサスペシャルは、前走射手座特別(A1級-1組)では、障害を先頭で通過すると脚色が衰えることなく逃げ切って勝利。着差は1秒4差とわずかでしたがそれ以上に強い内容でした。決め手勝負に持ち込まれると分が悪いですが、大崩れはなさそうです。

今週の見どころ(12/8~12/10)

2018年12月 6日(木)

 今年も残すところ後4週となりましたが、ばんえい競馬はここから更に熱くなります。次開催の前半には、23日(祝・日)にBG1・ばんえいダービー、木、金、土曜日の変則開催となる後半戦には、29日(土)にBG2・ヤングチャンピオンシップが組まれています。また、年明けには2日(水)にBG1・帯広記念、3日(木)にBG1・天馬賞が控えています。今週は重賞こそないですが、9日(日)のメインレースにはオープン戦が組まれており、帯広記念に向けて注目の一戦となりそうです。

今週のイベントはこちら

【第18回開催1日目】
 12月8日(土)のメイン第10レースは、冬月特別(B1級-1組・19:05発走予定)
 ◎ヤマトジャパンは、前走B1級-1組では障害をひと腰で越えたものの、直線での脚色が悪くなり8着大敗。しかし、障害が得意なこの馬にとって基礎重量が増える特別戦は歓迎する舞台だけに巻き返し十分でしょう。
 ○イッキフジは、特別戦替わりの前走十勝岳特別(B1級-1・2組決勝)でも3着に好走しており、近走は障害も安定して大崩れなく駆けています。また、前走の決勝戦から相手緩和となるだけに5月以来となる勝利のシーンまでありそうです。
 ▲センリョウボスは、寒い季節に成績を上げてくるタイプで近走は人気以上の結果を残しています。引き続きの特別戦もプラスで前走十勝岳特別(B1級-1・2組決勝)5着からの前進が期待できます。
 △ブラックダンサーは、特別戦替わりは割引が必要ですが、近4走では4戦2勝、2着2回と充実ぶりがうかがえるだけに侮れない存在です。

【第18回開催2日目】
 12月9日(日)のメイン第10レースは、師走特別(オープン-1組・19:05発走予定)。出走馬7頭中6頭は前走ドリームエイジカップ組。ドリームエイジカップではシンザンボーイが障害先頭クリアし、差なく越えたミノルシャープが交わしたがゴール前で失速。オレノココロが2頭を差し切って勝利しています。
 注目は◎シンザンボーイ。近走の充実ぶりは著しく、前走ドリームエイジカップでも2着に健闘。特別戦は出走機会2連勝中と勢い十分だけに首位争い必至です。
 同3着○ミノルシャープは、持ち前の先行力を武器に前走は見せ場十分の内容。障害もそつなくこなすタイプだけに、粘り込みが十分ありそうです。
 ▲マルミゴウカイは、堅実駆けが魅力で前走ドリームエイジカップでも4着を確保。9月の岩見沢記念を最後に勝利から遠ざかっていますが、障害次第では善戦以上が見込めます。
 △センゴクエースは、2走前に続きドリームエイジカップでも障害で膝を折り、8着だったのは不安材料。ただ、負担重量がマイナス20キロと緩和されているだけに注意は必要です。

【第18回開催3日目】
 12月10日(月)のメイン第11レースは、おおいぬ座特別(A2級・19:05発走予定)
 ◎チヨノタカラは、前走A2級-1・2組決勝混合では2番人気で8着と人気に反する結果となりましたが、今季4戦2勝、3着1回と好成績を残している特別戦替わりは大歓迎。加えて近走は障害が安定しているだけに巻き返しが濃厚です。
 ○サクラダイチは、先行力、障害力を武器にA2級に昇級してからここまで9戦して着外はわずか1度のみ。加えて近5走はすべて3着以内と抜群の安定感があるだけに、ここでも大崩れはないでしょう。
 ▲イノリノチカラは、2走前に7月以来となる今季2勝目を挙げています。前走A2級-1・2組決勝混合では5着に敗れていますが、決め手は十分だけに前崩れの展開なら好勝負になるでしょう。
 以下、前走A2級-1・2組決勝混合で勝利し勢いに乗る△ブチオ、決め手勝負に持ち込めば台頭可能の△フクトクまで押さえておきます。
 

ばんえいオークス 予想結果

2018年12月 3日(月)

ミスタカシマが3歳女王の座に

断然人気のミスタカシマがスンナリと障害を先頭で通過すると大きなリードを保っての逃げ切り勝ち。力の違いを見せつけて重賞4勝目になりました。
予想対決はミスタカシマ本命の方が多くも、3着には最低人気のクイーンドリーマーが入り的中者は荘司さんのみという結果になりました。

荘司:馬単3000円的中! 収支+2,400円

【集計】投資額 6,000円×15R=90,000円

 山崎  -23,740円
 荘司  -45,860円
 矢野  -46,870円
 目黒  -47,100円
 斎藤  -81,400円
 須田  -90,000円
---------------------------------------
 紅組  -116,700円
 白組  -218,270円

12/2ばんえいオークス回顧

2018年12月 2日(日)

ミスタカシマが力の違いを見せつける!

 2日(日)は重賞・ばんえいオークス(3歳牝馬オープン)が行われ、単勝1番人気のミスタカシマが優勝。重賞3勝の実力を見せつけ、3歳女王の称号を手にしました。

【出走馬】※馬名右の数字は単勝最終オッズ
  1.サンシルクラポピー 29.4
  2.ミスタカシマ 1.2
  3.プランセス 40.9
  4.センリョウバコ 21.1
  5.アフロディーテ 9.3
  6.センショウブルー 42.5
  7.サトクィーン 10.0
  8.カネササクラ 23.8
  9.クイーンドリーマー 53.9
 10.ウィナーキララ 38.3

 牡馬相手のばんえい菊花賞を制したミスタカシマが、圧倒的な1番人気。続く2番人気のアフロディーテが9.3倍、以下はふた桁台のオッズで、ミスタカシマの勝ちっぷりが焦点となりました。

 馬場水分は1.0%でゲートオープン。各馬、第1障害を越えると、相手の出方をうかがいながらレースを進めます。軽快に飛ばしたのはサトクィーン。それを見ながらミスタカシマが追走し、その後ろは横一線で続くかたちで第2障害を迎えました。
 先行したサトクィーンが真っ先に障害に挑みますが、天板付近でヒザを折るなど苦戦。その一方、やや遅れて仕掛けたミスタカシマは抜群の登坂力を発揮。後続各馬が仕掛ける前に障害を下りていきました。
 その後もミスタカシマは他馬を問題にしないレースを展開。ゴール前で若干脚いろが鈍ったものの、止まることなくゴール線を突破し、3歳牝馬の頂点に君臨しました。
 別のレースとなってしまった感のある2着争いは、じっくりためて2番手で下りたアフロディーテがリード。3番手でクリアしたカネササクラが懸命に食い下がりますが、最低人気のクイーンドリーマーが鋭い末脚を繰り出してこれを交わし、さらにゴール前ではアフロディーテに迫る勢い。しかし、結局はアフロディーテが粘り切って2着を確保。1秒2差の3着にはクイーンドリーマーが入りました。

 ここでは力が違った印象のミスタカシマ。若干力の要る馬場を強気に先行し、出走馬の大半がまだ障害下で脚を止めている間に最後の平坦路を迎えるという、圧倒的なレースを演じました。最終的にアフロディーテにつけた着差は14秒7。同世代牝馬での力の差は歴然で、牡馬相手のばんえいダービーでどんなレースを見せるのか、期待は高まるばかりです。
 2着のアフロディーテは、障害でも抜群のかかりを見せ、しまいの粘りも上々でした。ただ、同じくミスタカシマの2着だった黒ユリ賞と同様、相手が強すぎた印象です。現状で逆転を望むのは酷と言えますが、まだ3歳だけに今後の成長を待ちたいところ。
 最低人気のクイーンドリーマーが3着。近況はC級でも苦戦を強いられていましたが、馬場や重量を考えると、パワー勝負になって持ち味が生きそうな印象を受けました。今後も条件がそろえば、好走が期待できそうです。

成績はこちら
映像はこちら

鈴木恵介騎手「1番人気だと分かっていたし、この馬の能力も分かっていたので、自信を持って騎乗しました。特にプレッシャーはなかったですが、自分を追い詰めて騎乗しました。一番いい時と比べると今ひとつの状態だと感じましたが、よく頑張ってくれたと思います。牡馬勝りの強い馬ですから、ばんえいダービーも期待できると思います」

12/2ばんえいオークス予想 山崎エリカ

ミスタカシマの取りこぼしに賭ける

 前週11月26日に、ばんえい最年長騎手の大ベテラン山本正彦騎手が引退されました。1975年にデビューして騎手生活43年とは、本当にすごいことです。私はばんえい競馬を始めて歴史が浅いため、その功績に関してのコメントしませんが、同じことを長く続けられる情熱は尊敬に値します。

 さて、今週はばんえいオークス。今年はここまで重賞3勝、ばんえい菊花賞でも、危なげないレースぶりで牡馬勢を蹴散らしたミスタカシマが断然人気の様相。ミスタカシマは先行力があり、障害もほぼ問題ないだけに、一見、何の死角もないように感じます。

 しかし、ばんえい菊花賞を制した馬の次走は、惨敗、惜敗の連続。あのセンゴクエースでも取りこぼしましたし、2012年にばんえい菊花賞を制した牝馬ニシキウンカイも、ばんえいオークスに出走し、断然の1番人気に支持されながらも4着に敗れました。つまり、前走のばんえい菊花賞を制していることが、ミスタカシマの最大の死角です。強い馬でも連勝することは、案外難しいことなのです。

 そこでミスタカシマが敗れるとしたら、どういうパターンなのかを考えると、2歳時の十勝産駒特別のパターンが現実的でしょう。十勝産駒特別は、「20年ぶりに牝馬がナナカマド賞を制した」と騒がれた後の一戦。軽馬場で追走に苦労し、障害を積極的に仕掛けて行ったら、膝を着くアクシデント。10着大敗を喫して、ヤングチャンピオンシップの出走権を逃しました。今回も重賞好走後の軽馬場の一戦。「もう成長したから大丈夫」と考えるのは、危険でしょう。

 よって、◎には、重賞初出走になりますが、今シーズンに入って急成長したカネササクラを推します。今シーズン始めは963kgだった馬体重も前走では1029kgまでボリュームアップ。この馬は障害は得意とは言いませんが、崩れずにはこなしてくれるタイプ。また、上位クラスの切れ味もあるので、軽馬場は歓迎でしょう。

 ○は、ナナカマド賞、黒ユリ賞、ばんえい菊花賞を制した実績馬ミスタカシマ。この馬ははまなす賞でも3歳馬では最先着の2着。つまり、重賞では連対率100%の馬です。同世代の牝馬が相手ならば、勝ってあたりまえの馬ですが、陣営が「ばんえい菊花賞後は順調さを欠いた」とコメントしているあたりも気になるので対抗評価としました。

 ▲は、黒ユリ賞では最下位人気ながら、後方から追い込んで5着と善戦したセンリョウバコ。この馬はスピード不足な面はありますが、障害が得意で、後方から着順を上げて行くタイプ。そういう意味では前が容易にバテない軽馬場は向きませんが、高重量戦は歓迎。極端に馬場が軽くならなければ、出番があるでしょう。

 あとは△に黒ユリ賞の2着馬アフロディーテ。この馬は黒ユリ賞後も順調に成長し、前々走ではB4クラスを制覇。障害が得意で切れ味もあり、他馬の出方を見ながら動ける自在性もありますが、ミスタカシマを負かしに行った場合の怖さがあるので狙い下げました。あまりに積極的なレースをし過ぎると、後続の切れ味に屈する可能性もあるでしょう。

 他では黒ユリ賞は9着でしたが、ここへ来て障害が崩れなくなり、成績も安定してきたクイーンドリーマー。この馬はスピードと鋭い切れ味があり、6走前には◎カネササクラを撃破。軽馬場の条件下では強い馬だけに、一考しました。

 最後にこの秋に3勝、前々走ではクイーンドリーマーを撃破したウィナーキララ。重賞どころから特別戦も未経験ですが、力を付けているのは確か。ここへきて障害も良くなって来ているだけに、未知の魅力を警戒します。

◎8 カネササクラ
○2 ミスタカシマ
▲4 センリョウバコ
△5 アフロディーテ
△9 クイーンドリーマー
△10 ウィナーキララ

馬複
2-8 2400円
8-4,5 1500円
8-9,10 300円 計6000円

12/2ばんえいオークス予想 荘司典子

ミスタカシマの快進撃は続く

 3歳世代の牝馬で抜けた存在のミスタカシマ。8月のはまなす賞(3歳・4歳混合重賞)で牡馬相手に2着(1着は4歳牡馬マツカゼウンカイ)、2走前9月の玉泉館特別(A2-1混合)では歴戦の古馬相手にあっさりと勝利。前走・ばんえい菊花賞でも牡馬に混じって人気に応えて快勝と、もはや3歳世代屈指の存在。いやぁ~これはもう牝馬限定戦のここでは負けるわけがありません。まあそうは言っても想定外のことが起きるのが競馬の面白いところではありますが...でも「負けて欲しくない」と思います。

 というわけで相手探し。手広く買っていてはトリガミの可能性大。2歳時に黒ユリ賞でミスタカシマの2着、現在はB4クラスで勝ち負けしているアフロディーテ。あとは先行力あるサトクィーンの2頭に注目。このレース、私的には「馬券的に一発逆転を狙う」というより「強い馬の強いレースが見たい」という一戦。点数を絞って潔く勝負を見守ります。

 みなさんも美しく強いミスタカシマの快進撃にご注目を!

◎2 ミスタカシマ
○5 アフロディーテ
▲7 サトクィーン

馬単
2→5,7 3000円 計6000円

12/2ばんえいオークス予想 須田鷹雄

2018年12月 1日(土)

地力断然ミスタカシマの首位濃厚

 ここはさすがに◎ミスタカシマが勝つだろう。牡馬を含めても3歳トップの一角、前々走でA2-1混合を人気で勝っている馬が、せいぜいB4くらいの馬たちと同斤では、穴の狙いようがない。自分で競馬を作れるタイプで障害も安定しており、しかも鈴木恵介騎手。展開がどうなったところで首位は揺らぐまい。

 ○以下も現状の格付け重視で。3連単12点はちょっと多いのかもしれないが、少しでも高めの2,3着で来てくれることを祈る。

◎2 ミスタカシマ
○5 アフロディーテ
▲7 サトクィーン
☆8 カネササクラ
△1 サンシルクラポピー

3連単1着固定流し
2→1,5,7,8 500円 計6000円

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.