ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

今週の見どころ(12/5~12/7)

2020年12月 3日(木)

帯広競馬場の開場について

 12月6日(日)のメインには、3歳女王決定戦・ばんえいオークスが組まれています。2歳シーズンの黒ユリ賞を制したエンゼルフクヒメは、その後5カ月休養。7月の復帰後は、3歳二冠や、4歳混合のはまなす賞など牡馬の一線級相手に揉まれています。黒ユリ賞2~5着馬とは、それ以来約10カ月ぶりの対戦。黒ユリ賞に不出走だった2頭は、2歳の産駒特別を除けば初の特別戦・重賞挑戦です。現在の格付か上昇度か、エンゼルフクヒメ以外にとっては初となる670キロの重量だけに馬体重を重視し予想する手もあるでしょう。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第17回開催4日目】
 12月5日(土)のメイン第10レースには、摩周湖特別(A2級-1・組決勝・19:25発走予定)が行われます。
 ◎アオノゴッドは昇級後2連勝で北海道競馬記者クラブ特別(11月23日・1組)を制している4歳の実力馬。1組予選は1番人気で4着でしたが、勝ったアアモンドヒューマは北海道競馬記者クラブ特別が4着とはいえ、接戦の2着争いを演じており、4秒2差なら力負けとはいえません。前走より3、4歳馬が少なく、重量が増える特別戦なら流れにも乗りやすく、近走同様の末脚を発揮できれば勝機はあります。
 ○ジェイエースも4歳馬で、2組予選まで3連勝中。前走は急な転厩にも戸惑わず、しっかりと力を発揮しました。気温が下がって本来の調子を取り戻しており、互角の評価ができます。
 ▲アアモンドヒューマは1組予選では、障害を降りて先頭に立ったコマサンブラックを最後にとらえ、同タイムながら勝利をモノにしました。近2走は障害のキレが戻っており、ここもチャンスです。
 その△コマサンブラックは、平場戦は別定5キロ増のところ、特別戦では10キロ課されてしまいます。ひと押し足りず5着だった北海道競馬記者クラブ特別のように、ゴール前が混戦になると不利かもれません。

 12月6日(日)以降の見どころは枠順確定後に掲載します。

11/29ドリームエイジカップ回顧

2020年11月30日(月)

アオノブラックが重賞3勝目

 29日(日)は重賞・ドリームエイジカップ(4歳以上馬齢選抜)が行われ、単勝5番人気のアオノブラックが優勝。障害2番手から抜け出して快勝となりました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.アアモンドグンシン(760) 15.0
 2.コウシュハウンカイ(790) 10.9
 3.ミノルシャープ(790) 60.5
 4.メムロボブサップ(770) 3.1
 5.オレノココロ(770) 1.5
 6.キタノユウジロウ(760) 43.1
 7.アオノブラック(760) 21.0
 8.フナノクン(740) 186.2
 9.ブチオ(750) 68.4
 10.メジロゴーリキ(770) 30.7

 オレノココロは、今季重賞では未勝利ながら2着3回、3着1回と安定。770キロで重量にも恵まれ単勝1.5倍で1番人気に支持されました。そのオレノココロと前走で好勝負を演じたメムロボブサップが3.1倍で2番人気。以下は単勝10倍以上と2頭に人気が集中しました。

 メムロボブサップが果敢に先行し、6月の北斗賞以来となるアアモンドグンシンが差なく追走。ミノルシャープ、アオノブラック、オレノココロなどが続きます。中間点を過ぎたあたりでキタノユウジロウも位置取りを上げますが、メムロボブサップは歩みを緩めずわずかに先頭で第2障害下に到達。ここまで55秒というペースでした。
 全馬が第2障害に到達する前にアアモンドグンシン、メムロボブサップ、キタノユウジロウと一斉に仕掛けますが、その中からメムロボブサップがすんなりとひと腰先頭でクリア。4番手で仕掛けたアオノブラックが続き、差なくキタノユウジロウも通過。オレノココロは4番手から追いかける展開となりました。
 粘るメムロボブサップに、徐々に差を詰めたのがアオノブラックで、4歳馬2頭の一騎打ちになります。脚勢で勝るアオノブラックは残り20メートルで先頭に立つと、一歩一歩、差を広げて先頭でゴール。メムロボブサップが2着に粘り込み、オレノココロはゴール前で追い上げるも、コンマ1秒差で3着でした。なお、アアモンドグンシンはゴール上で転倒し、競走中止となりました。

 勝ったアオノブラックは、3月のポプラ賞以来となる重賞3勝目で、昨年のアアモンドグンシンに続き、4歳でのドリームエイジカップ制覇。2着メムロボブサップとともに4歳世代の強さを証明する結果となりました。また、藤野俊一騎手は15日のクインカップに続き、重賞連勝となりました。

 一方、3着に敗れたオレノココロは若馬のスピードについて行けなかったという印象。それでも大きくは崩れなかっただけに、自身の持つばんえい重賞最多勝記録の更新も期待できそうです。

成績はこちら
映像はこちら

藤野俊一騎手「前回北見記念で乗せてもらった時に障害で転倒してしまったので、今回は障害を重点として注意して乗りました。それが勝ちに繋がったと思います。メムロボブサップが少し速いなと思うペースで行きましたが、それを見ながら行きました。障害を降りた時点で勝てるかなと思いました。この馬は馬格も大きいので、これから一流馬になってくれるような馬です」

ドリームエイジカップ 予想結果

オレノココロ3着で明暗分かれる

今年度の予想対決第15Rはドリームエイジカップ。勝ったのはアオノブラックで、2着にはメムロボブサップと4歳馬のワンツー決着になり、断然人気オレノココロは3着。その結果、予想対決は3連単をマルチで買っていた矢野さん、馬複でタテ目をおさえていた荘司さんの2名が的中という結果になりました。

(編集部より)11月30日19時30分ごろまで、集計が誤っておりました。申し訳ございません。現在は修正されています。

矢野:3連単100円的中! 収支+5,270円
荘司:馬複500円的中! 収支+4,300円

【集計】投資額 6,000円×15R=90,000円

 荘司  +130,920円
 斎藤  -13,470円
 須田  -14,210円
 矢野  -40,820円
 赤見  -51,400円
 目黒  -59,760円
---------------------------------------
 紅組  +19,760円
 白組  -68,500円

11/29ドリームエイジカップ予想 荘司典子

2020年11月29日(日)

オレノココロと4歳馬に期待

 クインカップは1番人気ジェイカトレアが見事勝利!2着に4番人気ジェイセリナ、そして3着に7番人気だったドルバコが頑張ってくれたおかげで馬券的にも大幅プラス。その名の通り貴重な"ドルバコ"になってくれました。本当に感謝しています。というわけで馬券対決。現状は大幅リードすることができましたが、相手はベテラン勢の皆さんゆえ最後まで一発逆転の可能性があるのが競馬の面白いところ。まだまだ油断禁物、気を抜かずにいきたいと思います。

 さて、ドリームエイジカップ。オレノココロは2015年(5歳)と2018年(8歳)にすでに制しているレース。3月のばんえい記念を勝って以降、今季は重賞未勝利ですが、それでも2、3着は外さず大崩れなし。復調した今、770kgというのはなんとも好材料で、3回目の制覇を目指します。

 このレース昨年は5番人気アアモンドグンシン(当時4歳)が勝ち、一昨年は7番人気ミノルシャープ(当時4歳)が3着に入り、2年連続1番人気馬は敗退。馬券的な波乱の一翼を担ったのは4歳馬。そこで今年も4歳馬に注目して、メムロボブサップとアオノブラックの活躍に期待します。コウシュハウンカイは今季も重賞で大崩れしない成績を挙げていて790kgでも外せない存在。さらに北見記念を勝ったメジロゴーリキまでおさえて。

 馬券はオレノココロを軸にした馬複と、波乱になった場合を考え、タテ目の相手4頭のBOXもおさえてみることにします。

◎5 オレノココロ
○4 メムロボブサップ
▲7 アオノブラック
△2 コウシュハウンカイ
△10 メジロゴーリキ

馬複
5-4,7 各1000円
5-2,10 各500円
馬複ボックス
2,4,7,10 各500円 計6000円

11/29ドリームエイジカップ予想 目黒貴子

2020年11月28日(土)

本領発揮なるかオレノココロ

 4歳以上の世代ごとの代表馬によるドリームエイジカップ。ばんえいならではの番組で最初に企画した人はすごいなと感心してしまいます。特に4歳馬がベテラン古馬を相手にどこまでできるのかを測るのにぴったりなレースで今後のためにも要注目ですね。

 これまでの実績からはなんだか物足りないなと思わせるような2着続きだったオレノココロも前走のオータムカップで久々の勝利。続いて今回も勝つようなら完全復活とも言えるでしょう。前走は内容もよくいいステップになったのでは?今回は本来の強いオレノココロを見ることができると信じます。

 ○にはそのオータムカップで2着だったメムロボブサップ。早くも古馬チャンピオンとこんなにいいレースができるんだと感心しました。世代重賞では常に主役の馬であり、もちろん期待もありましたが、正直期待を超える内容でした。久々を叩いたことを考えれば上積みも十分で、もしかしたら逆転まであるのかも。

 メジロゴーリキを▲に。前走はいいところなく終わりましたが、なんといっても2走前の北見記念の勝利が大きいですね。流れが向けば十分上位に食い込めそうとみています。

 もう一頭の4歳馬アオノブラックを△に。上記の3頭より10K軽い斤量もプラスです。そしてコウシュハウンカイも△に。

◎5 オレノココロ
○4 メムロボブサップ
▲10 メジロゴーリキ
△2 コウシュハウンカイ
△7 アオノブラック

3連単
4,5→4,5→2,7,10 各1000円 計6000円

11/29ドリームエイジカップ予想 矢野吉彦

790kg2頭を外した3連単マルチで

 クインカップ大的中で完全に女神さまと化した荘司女史や、北見記念をブチ当てた斎藤サンとは対照的に、まさにドツボにはまっている私。ばんえい競馬公式サイトの予想も当たるのは堅いレースばかりで自信喪失状態に陥っています(もともと自信のあるレースなんてありませんでしたけどね)。

 ドリームエイジカップはイチかバチかの方針を決めました。ズバリ、790㎏を曳く2頭を消します!

 3連単1頭軸マルチの軸馬はオレノココロ。スピード競馬に合わせて行ったとき、障害で引っかかってしまわないか心配になるところもありますが、770㎏で出られるのはやはり魅力的。鈴木恵介騎手にうまく手綱をさばいてもらいましょう。

 相手に期待しているのは4歳馬2頭。メムロボブサップだけでなく、アオノブラックにも上位に食い込むチャンスはあると思います。あとは、出てくるからには態勢を整えていると信じて、去年の優勝馬アアモンドグンシンも加えます。印は○▲△に分けましたが、5頭はほぼ同列と考えてください。

 コウシュハウンカイ、ミノルシャープが来ちゃったらゴメンナサイ!では、今回はこのへんで。

◎5 オレノココロ
○7 アオノブラック
▲6 キタノユウジロウ
△1 アアモンドグンシン
△4 メムロボブサップ
△10 メジロゴーリキ

3連単軸1頭マルチ
5→1,4,6,7,10 各100円 計6000円

11/29ドリームエイジカップ予想 赤見千尋

10歳コンビ、オレノココロとコウシュハウンカイに注目

 4歳以上の各世代から賞金上位2頭が出走して来るドリームエイジカップ。昨年は初めて4歳馬のアアモンドグンシンが勝ちましたが、今年は古豪2頭、10歳コンビのオレノココロとコウシュハウンカイに注目しています。

 オレノココロは今シーズン初戦こそ4着でしたが、その後はすべて馬券圏内という堅実ぶり。重賞では2着3回、3着1回と上位に食い込みながらも勝ち切れていないため、積載重量は770キロと、トップハンデの馬たちよりも20キロ軽いです。夏場にゆっくりと休養し、涼しくなっての復帰4戦目。そろそろ今シーズンの初タイトルが欲しいところです。

 コウシュハウンカイはばんえい十勝オッズパーク杯と岩見沢記念を勝ち、トップハンデの790キロを曳きます。最も軽い馬とは50キロの差がありますが、コウシュハウンカイにとってこの積載重量は苦にならないでしょう。北見記念もあわやの3着で見せ場十分でしたから、ここも上位争いを期待しています。

 この2頭を軸に、4歳最強馬メムロボブサップ、北見記念を勝ったメジロゴーリキまで。

◎5 オレノココロ
○2 コウシュハウンカイ
▲4 メムロボブサップ
△10 メジロゴーリキ

3連単2頭軸マルチ
2,5→4,10 各500円 計6000円

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.