ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

今週の見どころ(11/23~11/25)

2019年11月22日(金)

 12月1日付で、新人ジョッキーが誕生します。林康文騎手(小林長吉厩舎)は38歳で、地方の最年長新人騎手。ばんえいの新人は12年デビューの舘澤直央騎手以来となります。どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。楽しみです。

 ※林康文騎手についてはこちら
 ※今週のイベントはこちら

【第16回開催4日目】
 11月23日(祝・土)のメイン第10レースは、ピヤシリ特別(A2級-1組・20:05発走予定)
 ◎オレノタイショウは、前走の能取湖特別(A1級-1組混合)で7着。勝ち馬ホクショウマサルとは差のある敗戦でしたが、障害に重点を置いた走りで、ひと腰でまとめています。今回の出走メンバー8頭中6頭が出走していた10月6日のA1級-1組混合で出走メンバー最先着の3着があることからこの組合せなら力量上位で通ります。720キロの重量は4走前の銀河賞で経験済み。前走から相手緩和で巻き返しに期待です。
 ○マツノタイガーは、前走端野峠特別(A2級-1組混合)を勝利。障害ひと腰3番手通過から楽に抜け出して押し切っており、完勝と言える内容でした。10月6日のA1級-1組混合では、同重量だったオレノタイショウに次ぐ4着と善戦。引き続きの特別戦になりますが、近走の好調ぶりから連勝も一考でしょう。
 ▲カクセンキングは、前走の能取湖特別(A1級-1組混合)で3着とオレノタイショウに先着。2走前のサンケイスポーツ賞(A2級-1・2組決勝)では、障害2番手通過から4頭による叩き合いを制し、ハマノダイマオー、マツノタイガーをそれぞれ2、3着にしりぞけています。今回は730キロになりますが、条件緩和となるだけに好勝負が期待できます。
 △ハマノダイマオーは、前走の端野峠特別(A2級-1組混合)を3着。障害では登坂途中で止まってしまったものの、ふた腰でまとめています。10月6日のA1級-1組混合では7着に敗れましたが、3戦連続3着以内と好調ぶりがうかがえるだけに要警戒の存在です。

11/17クインカップ回顧

2019年11月18日(月)

オークス馬ミスタカシマが4歳女王の座に!

 17日(日)は重賞・クインカップ(4歳牝馬オープン)が行われ、単勝1番人気のミスタカシマが優勝。ばんえいオークスを制し、3歳女王になった同馬が4歳でも女王の座を不動のものにしました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.サンシルクラポピー(700) 11.2
 2.ウィナーキララ(680) 67.9
 3.テツアズマ(690) 46.5
 4.ブレークスルー(690) 30.3
 5.ジャスミンガール(690) 34.5
 6.アフロディーテ(700) 3.0
 7.プランセス(690) 23.0
 8.ミスタカシマ(720) 1.5
 9.サトクィーン(690) 56.8
 10.カイセリュウキ(680) 58.3

 ばんえいオークスなど重賞5勝のミスタカシマが単勝1.5倍で断然の1番人気。目下5連勝で紅バラ賞を制したアフロディーテが3.0倍の2番人気で、以下は単勝10倍以上とこの2頭に人気が集中しました。

 馬場水分は1.8%。まずサトクィーンが先行すると、ジャスミンガール、アフロディーテ、プランセスが差なく追走します。ミスタカシマは先行勢の後ろを追走していましたが、徐々に位置取りを上げていくと先頭で第2障害下に到達。ここまで59秒というペースでした。
 最初に仕掛けたのはサトクィーンでしたが、登坂途中で止まってしまいます。これを見てアフロディーテ、ジャスミンガール、ミスタカシマが仕掛けると、この中からアフロディーテとミスタカシマがひと腰で通過し、後続との差を広げます。障害を降りる勢いではアフロディーテが勝り先頭に立ちましたが、残り30メートルでミスタカシマが交わすと、その差をじわじわと広げてゴールしました。アフロディーテも最後まで脚色衰えることなく歩き切って2着を確保。4番手で障害を通過したサンシルクラポピーが脚を伸ばして離れた3着に入り、上位人気3頭での決着となりました。

 勝ったミスタカシマは、今年7月の柏林賞に続いての重賞6勝目。黒ユリ賞、ばんえいオークスを勝利しており、これでばんえい牝馬世代重賞を完全制覇となりました。4歳シーズン二冠目の銀河賞は不出走でしたが、残る一冠の天馬賞で4歳シーズン二冠制覇を狙うことになります。

成績はこちら
映像はこちら

鈴木恵介騎手「紅バラ賞よりもハンデ(差)が少なかったので、なんとか勝ってくれました。馬体重は減っていましたが、元々馬格がある馬で、しっかりと調教した結果なので不安はありませんでした。ロータリーハローをかけると脚抜きが悪くなり、その分、力が必要ですが、頑張ってくれたと思います。ミスタカシマは気性もよく、障害も得意なところが強みです。これからもよろしくお願いします」

クインカップ 予想結果

ミスタカシマがクインカップを制す!

レースは障害をひと腰先頭で通過したのはアフロディーテでしたが、差のない2番手で通過したミスタカシマが残り30メートルで交わすとじわじわとその差を広げて勝利。今年7月の柏林賞に続く、重賞6勝目となりました。
予想対決は5名が的中も、上位人気3頭での決着のため、荘司さんのみがプラス収支という結果になりました。

荘司:3連単1000円的中! 収支+1,600円
赤見:馬単2000円的中! 収支-1,000円
斎藤:3連単500円的中! 収支-2,200円
目黒:3連単500円的中! 収支-2,200円
矢野:3連単100円的中! 収支-5,240円

【集計】投資額 6,000円×13R=78,000円

 荘司  +32,440円
 須田  +29,750円
 斎藤  -40,070円
 赤見  -53,800円
 目黒  -53,890円
 矢野  -56,830円
---------------------------------------
 白組  -67,150円
 紅組  -75,250円

11/17クインカップ予想 須田鷹雄

2019年11月17日(日)

ミスタカシマの首位濃厚

 無理せず買い目を絞るとか1頭ヒモ穴を入れるという方法でこのところうまくいっているので、ここも◎ミスタカシマの1着固定でいく。

 ○アフロディーテと前走40キロ差で1.4秒だったものが、ここでは20キロ差。そのアフロディーテもここでは2番人気で2着はキープできそうだし、なにかにやられても3着という情勢。無理にひねるよりは絞るほうが優先だ。

 ▲以下も順当にいきつつ、ヒモ穴として期待するのが△ウィナーキララ。展開ひとつで最後2,3着に差してくるかたちを期待する。

◎8 ミスタカシマ
○6 アフロディーテ
▲7 プランセス
△5 ジャスミンガール
△2 ウィナーキララ

3連単
8→6→2,5,7 各1000円
8→2,5,7→6 各1000円 計6000円

11/17クインカップ予想 赤見千尋

2019年11月16日(土)

条件好転になるミスタカシマが決めるか

 4歳牝馬重賞のクインカップ。この世代はここまでミスタカシマが重賞5勝を挙げる圧倒的な存在です。前走の紅バラ賞では勝ったアフロディーテと40キロもの斤量差がありながら、ゴール前では詰めて来ているのですから負けて強しでしょう。

 しかも今回は条件的にいろいろ好転と考えます。前走40キロあったアフロディーテとの斤量差は20キロになります。さらに、前走700キロを曳いているので今回の斤量はプラス20キロですが、アフロディーテは660キロから700キロになるので一気に40キロ増。
 他の馬たちも前走からかなり斤量アップする馬が多く、トップハンデでもミスタカシマの実力が発揮されると思います。

 対抗は勢いのあるアフロディーテと迷いましたが、サンシルクラポピーにしました。紅バラ賞では6着という成績。第2障害を越えるのに少し手間取りましたが、越えてからの勢いはすごかったです。
 前走も強いメンバーと戦っているし、ミスタカシマは強いけれど、他のメンバーとの力差はないのではないかと考えます。

 アフロディーテはばんえい競馬ではなかなか見られない5連勝と勢いがありますね。前走も前に行って危なげないレースぶりでした。黒ユリ賞、ばんえいオークスとミスタカシマの2着に来ているので、今の勢いは怖い存在です。

◎8 ミスタカシマ
○1 サンシルクラポピー
▲6 アフロディーテ
△7 プランセス
△5 ジャスミンガール

馬単
8→1,6 各2000円
8→5,7 各1000円 計6000円

11/17クインカップ予想 荘司典子

ミスタカシマのさらなる飛躍に期待

 クインカップの過去の勝ち馬で印象に残るのは2002年(8月・岩見沢競馬場・当時は3,4歳牝馬世代混合レースだった)のアンローズ。その後ばんえいオークス、ばんえいダービーも制し、古馬になってからも岩見沢記念3連覇、北見記念2勝など第一線の牡馬に混じって大活躍。実は帯広競馬場が苦手だったというエピソードも個性的で、当時の私にばんえい競馬の魅力を教えてくれた女傑でした。顔も美人で、アンローズの姿が印刷されたマグカップは今でも大事に使っています!

 強いだけでなく美しいミスタカシマは、この先アンローズのような、いえ、それ以上の活躍も期待できる逸材。さらに大きく花開いて欲しいと思います。

 そのミスタカシマを紅バラ賞で破ったアフロディーテ。5連勝中の勢いと斤量差を活かし、世代女王に再び先着するとしたらこの馬。

 4走前にアフロディーテと差の無い2着を評価してサンシルクラポピー。先行力を活かした競馬をして欲しいプランセス。障害力があるサトクィーンまでおさえて、3連単で勝負します。

◎8 ミスタカシマ
◯6 アフロディーテ
▲1 サンシルクラポピー
△7 プランセス
△9 サトクィーン

3連単
6,8→6,8→1,7,9 各1000円 計6000円

11/17クインカップ予想 矢野吉彦

ミスタカシマの相手は馬格のある馬で

 ああ、アオノゴッド!3連単5頭ボックスの中に、この馬を入れておかなかったのは痛恨でした。ついにBクラス転落。これは致し方ありません。なんとかどこかでいい馬券を当てないと。少々焦りはじめています。

 さて今週はクインカップ。紅バラ賞からの重量の変動を見ると、ここはミスタカシマの出番でしょう。この馬には勝ってもらっていっこうにかまわないのですが、相手に何をピックアップするかが問題ですね。

 重量を背負う重賞ということで、馬格のある馬を狙ってみました。今回のキモは、ウィナーキララを外したことだと思うんですけどね。

 まぁ、まだどこかで大きな馬券が当たれば上位進出も夢ではないでしょうから、ヤケにならずに頑張りますよ!では、今回はこのへんで。

◎8 ミスタカシマ
○7 プランセス
▲1 サンシルクラポピー
△6 アフロディーテ
△5 ジャスミンガール

3連単ボックス
1,5,6,7,8 各100円 計6000円

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.