ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

ばんえい記念 予想結果

2019年3月25日(月)

センゴクエース、ばんえい記念初挑戦での戴冠

障害を先頭で通過したのはフジダイビクトリーでしたが、障害2番手で通過したセンゴクエースがこれを交わすとその後は止まることなく歩ききって、ばんえい記念初挑戦での制覇。オレノココロは猛追届かずの2着でばんえい記念3連覇とはなりませんでした。
予想は目黒さんが3連単、矢野さんが馬単&3連単を的中。今季の予想対決は重賞25レースすべてが終了し、紅組が勝利となりました。

目黒:3連単600円的中! 収支+2,700円
矢野:馬単300円&3連単100円的中! 収支-2,150円

【集計】投資額 6,000円×25R=150,000円

 目黒  -16,200円
 山崎  -46,780円
 須田  -53,070円
 荘司  -54,560円
 矢野  -59,610円
 斎藤  -123,500円
---------------------------------------
 紅組  -117,540円
 白組  -236,180円

2018年度、お疲れさまでした。

3/24ばんえい記念回顧

2019年3月24日(日)

センゴクエースがついに頂点へ
槻舘調教師は3連覇を達成!


 24日(日)は重賞・ばんえい記念(4歳以上オープン)が行われ、単勝2番人気のセンゴクエースが優勝。2歳時から将来を嘱望されていた素質馬が、ばんえい記念初挑戦で頂点を極めました。

【出走馬】※馬名右の数字は単勝最終オッズ
 1.コウシュハウンカイ 13.6
 2.オレノココロ 1.5
 3.ドルフィン 73.0
 4.フジダイビクトリー 7.1
 5.センゴクエース 3.5
 6.ソウクンボーイ 78.3
 7.カンシャノココロ 61.6
 8.シンザンボーイ 19.0

 極限の重量だけに、このレースを連覇中のオレノココロに人気が集中。単勝1.5倍と、圧倒的な1番人気に支持されました。続くのは超良血センゴクエースで3.5倍。今回が引退レースとなるフジダイビクトリーが7.1倍の3番人気で、この3頭が単勝ひと桁台に推されました。

 馬場水分は1.2%でスタートしましたが、雪がちらついたこともあってか、有力どころはすんなりと第1障害を突破します。ただ、そうはいっても1トン戦。各馬、慎重に歩を進め、ゆったりとしたペースで中間点を進みます。オレノココロ、フジダイビクトリー、センゴクエースといった上位人気馬が先行し、そのうしろからコウシュハウンカイ、シンザンボーイ、ソウクンボーイが追走。第2障害にはフジダイビクトリー、センゴクエース、オレノココロ、コウシュハウンカイの順でたどり着きました。
 行きたがるのをなだめつつ、じっくりためる各ジョッキー。普段よりも静寂の時間が長く続きましたが、コウシュハウンカイ、オレノココロ、フジダイビクトリーが同時に動き、センゴクエースもこれに続いてレースが活性化。ファーストアプローチで天板近くまで上がったのはオレノココロとセンゴクエースで、フジダイビクトリーも二の腰を入れて天板付近へ。しかし、ここからが1トン戦の正念場。センゴクエースがヒザ折りを喫するなど、各馬苦戦を強いられました。しかし、経験豊富なベテラン・フジダイビクトリーが天板まで登り切り、そのまま障害を突破。最後の勇姿を見せるべく、先頭で最後の平坦路へ向かいました。やや遅れて、立て直したセンゴクエース、障害巧者コウシュハウンカイ、慎重に登坂を進めたオレノココロがクリア。勝負の行方は実績のあるこの4頭に絞られました。
 なかでも抜群の末脚を発揮したのはセンゴクエース。1トンを曳いているとは思えない、軽快なスピードを見せてフジダイビクトリーに襲いかかります。対するフジダイビクトリーは行き脚が鈍り、残り30メートル付近でストップ。労せずしてセンゴクエースが先頭を奪います。
 しかし、オレノココロも4番手から切れのある末脚を繰り出すと、コウシュハウンカイ、フジダイビクトリーをかわし、残り10メートルの手前で単独2番手に浮上。さらにセンゴクエースを捉えるべく懸命に脚を伸ばし、徐々に差を詰めにかかります。しかし、センゴクエースもしぶとい粘りを発揮し、わずかなリードを懸命に守り抜きます。頂点を争うにふさわしい、ゴール前のしのぎ合い。結局、2秒4差でセンゴクエースが先頭で荷物を運び切り、第51代ばんえいチャンプの座に君臨しました。オレノココロが2着で、さらに12秒5差の3着には、引退レースのフジダイビクトリーが入線しました。

 素質馬センゴクエースが、とうとう頂点奪取を果たしました。いわずと知れた父ウンカイ、母サダエリコの超良血。父母も果たせなかったばんえい記念制覇を、7歳にして成し遂げました。第2障害ではヒザをつく場面もありましたが、即座に立て直し、障害を越えてからは1トンを曳いているとは思えない軽快なフットワークを発揮。ひと皮むけたレースぶりで、ばんえいチャンプにふさわしい勝ち方だったと言えるでしょう。いかにも円熟期を迎えたようなレースぶりに、よりいっそうの活躍が期待できそうです。
 オレノココロは3連覇ならず。今回ばかりはセンゴクエースに強い競馬を演じられてしまった印象ですが、障害を越えてからの脚は、この馬本来のものでした。馬場水分のわりには若干速い3分35秒の決着になったのも向かなかった印象で、展開や馬場次第で頂点を奪い返す可能性も十分です。
 ラストランで見せ場十分のレースを演じたフジダイビクトリー。2016年にばんえい記念を制して以降も随所で存在感を示してきただけに、その勇姿を見られなくなるのは一抹の寂しさも感じさせます。通算218戦39勝、重賞は10勝。その数字のみならず、ばんえいを沸かせた名馬として、今後も記憶に残ることでしょう。

成績はこちら
映像はこちら

工藤篤騎手「レースは先行しながら進めたので、あとは第2障害をうまく越えてくれればと思いました。状態としては、槻舘調教師がばっちり仕上げてくれたので調子は良かったです。この馬を称えたいですね。本当に強い馬です。騎乗している間に馬場はだいぶ乾いてきたと感じました。かえって落ち着いて良かったです。ペースとしては、思っていたとおりと感じました。第2障害で膝をついた時は少し焦りましたが、その分、呼吸を入れてあげたら何とかなると思い、立て直して騎乗しました。手ごたえは良く、止まりそうになかったので、このままいけば勝てると確信しました」

槻舘重人調教師「本当に嬉しいです。今年は重賞を1個も勝てていなかったので、本当に良かったです。第2障害でヒザが甘いので、その部分を重視しながら調教をしてきました。レースの流れは思ったより落ち着いた感じだったと思います。第2障害で膝をついたのはやっぱりついたかと思いました。調教師として3連覇できて嬉しいです」

3/24ばんえい記念予想 山崎エリカ

大一番は、感謝の心で締めくくる

 ばんえい記念は、スーパーペガサスの4連覇、トモエパワーの3連覇、年を跨いでニシキダイジン、カネサブラックが2勝するなど、リピーターが活躍するレース。負担重量1トンという特殊な条件設定の定量戦だからでしょう。そこを考えると、3連覇が懸かるオレノココロが勝ち負けすると考えるのが順当でしょう。

 しかし、その一方で、2009年のカネサブラック(2着)、2014年のインフィニティー(1着)など、ばんえい記念初挑戦馬たちが、勢力図を覆したり、穴を開けたりしてきました。つまり、「ばんえい記念の穴馬は初挑戦馬にあり」です。

 さらにそのシーズンに重賞勝ちすらなかった馬たちも、このレースで勝ち負けしてきました。リピーターの2009年のトモエパワーはともかく、2010年のニシキダイジン(初勝利時)、2014年の2着馬フクドリや、昨年の2着馬フジダイビクトリーもそう。

 確かに前記の馬たちには、高重量適性が高い馬もいますが、フクドリがそういう類かを問われると、答えはNO!障害力はあったことにこしたことはありませんが、負担重量1トンがひと腰で上がることなど稀中の稀。ばんえい記念で一番重要なのは、障害で一歩、一歩踏みしめながら、しっかりと前へ進められることです。

 よって、◎には、ばんえい記念初出走のカンシャノココロを推します。この馬は、若馬時代は世代重賞に出走し、2着1回、3着3回の実績はあるものの、これまでに重賞勝ちすらありません。しかし、昨シーズンより、古馬の重賞にも顔を出すようになり、昨夏のばんえいグランプリでは5着。今年は準重賞の金杯で大接戦の粘り勝ちを決めています。

 この馬は障害を一歩一歩踏みしめて登るタイプ。一瞬の切れ味がないために若馬時代から善戦マンですが、先行力、障害力はあり、接戦に強いタイプ。あとは、どこまでペースについていけるかでしょう。時計が掛かれば、面白い馬です。

 ○は、ばんえい記念3連覇が懸かるオレノココロ。チャンピオンカップではメジロゴーリキに逃げ切りを許したものの、トップハンデ850kgを背負って2着を死守するあたりは、さすがチャンピオンホースといったところ。また、かつてのように障害を一気に登ろうとせず、歩数を増やしたことで障害が安定してきている点もここへ向けての好材料。

 ▲は、2016年のこのレースの覇者で、昨年のこのレースでも2着のフジダイビクトリー。この馬は、今シーズンは、岩見沢記念の2着が最高で重賞未勝利。昨夏のばんえいグランプリは得意のはずの障害で大苦戦したものの、ここへ来て復調。昨年は近2走の不振から、このレースで一変しているほどの高重量巧者だけに、ラストランの今年も要警戒。

 あとは△に、昨年のばんえい記念の3着馬コウシュハウンカイ。昨年のこのレースでは、障害をほぼひと腰でクリアし、場内をどよめかせたほどの現役屈指の障害力の持ち主ですが、最後に失速してしまう点がネック。また、2~4走前で障害で膝をついていたものの、前走では障害に重点を置いた走りで、修正できていました。軽視は禁物でしょう。

 他では、ばんえい記念初出走になりますが、昨夏のばんえいグランプリでは3着と好走し、高重量適性を見せつけたシンザンボーイ。この馬は年齢を重ねて力をつけて、今年の帯広記念でも一瞬先頭に立つ場面。高重量でもしっかり登り切るだけの障害力があるだけに、今回で勢力図を塗り替えても不思議ないでしょう。

◎7 カンシャノココロ
○2 オレノココロ
▲4 フジダイビクトリー
△1 コウシュハウンカイ
△8 シンザンボーイ

馬複
7-2,4 1000円
7-1,8 500円
ワイド
7-2,4 1000円
7-1,8 500円 計6000円

3/24ばんえい記念予想 矢野吉彦

2019年3月23日(土)

今年のばんえい記念は4頭のBOXで

 今年もまたこの季節がやって来ました。いよいよばんえい記念です。

 今回は四の五の言わずに、オレノココロ、フジダイビクトリー、コウシュハウンカイ、センゴクエースの馬単と3連単のボックスを買います。勝負になるのはこの4頭。でも、オレノココロが勝つんじゃないかと思ってはいるんですけどね。馬単は300円ずつと3連単100円ずつで6000円にまとめてみました。首位奪取も黒字転換も諦めて、当てに行きます。

 以上です。では、今年はこのへんで。

◎2 オレノココロ
○4 フジダイビクトリー
▲1 コウシュハウンカイ
△5 センゴクエース

馬単ボックス
1,2,4,5 300円
3連単ボックス
1,2,4,5 100円 計6000円

3/24ばんえい記念予想 荘司典子

オレノココロ、3連覇を目に焼き付けたい

 さあいよいよ大一番、ばんえい記念です!1年間いろいろなことがありましたが、泣いても笑っても2018年度を締めくくるBG1。今年も現地で観戦出来るのは嬉しい限りです。

 前夜に行われる「熱狂祭」(これを書いているのは23日昼間)で、ばんえい記念連勝馬の名場面を振り返るのですが、それに先駆けて過去のレースVTRの数々を改めて見ました。1トンの重量をひくということ...何度も見ていますし、頭では理解していても映像を見るとまたその"尋常じゃないソリの重さ"をひしひしと感じます。ばんえい史上に残る名馬・4連覇したスーパーペガサスも3連覇したトモエパワーも決して楽々と手にした栄冠ではなく、第2障害を苦しみもがきながら、しかし力強く越えて手にしたタイトル。勝ち馬ばかりではなく出走馬すべてが尊く感じられる唯一無二の戦いですね。

 熱く語ってしまいましたが、ばんえい記念はやはり年に一度の特別な戦い。だからこそ簡単には勝てない、勝つためには経験と実績が必要なのでしょう。ということで本命◎はオレノココロ。鈴木恵介騎手が「今年出馬する中で一番実力がある馬」と信頼しているのも心強く、トモエパワー以来となる3連覇をこの目で見たいと思います。

 相手は◯フジダイビクトリー。11歳で2度目の制覇を果たしたニシキダイジン、カネサブラック。先輩たちに続けとばかりに陣営も力が入るラストラン。敬意を表してフジダイビクトリーが頭の馬券も買います。

 ▲センゴクエースと△シンザンボーイは今回初のばんえい記念参戦。いきなり勝利は厳しいものの、これからを見据える戦いぶりに期待。

 ばんえい競馬情報局の予想対決。この買い方では大逆転...というわけにいきませんが、少しは浮上して年度末を終わらたいものです。みなさん2018年度もお付き合いいただきありがとうございました。

◎2 オレノココロ
◯4 フジダイビクトリー
▲5 センゴクエース
△8 シンザンボーイ

3連単
2→4→5,8 1500円
4→2→5,8 1500円 計6000円

3/24ばんえい記念予想 目黒貴子

今年もオレノココロを現地で応援

 あぁ、今年もまたこの季節が来てしまったか。

 少しずつ春めいてくるのはとてもうれしく、それと同時に、大一番へ向けての様々なレースをみながら、さて今年のばんえい記念はどの馬が勝つのかな?と考えること。実はその予想をすることが最も楽しい時間なのではないかと思ったりします。今年の総決算を前にワクワク感と答えが出てしまう寂しさが交錯します。

 ◎はかなり前から決めていました。そうですね、もしかしたら昨年のばんえい記念から決めていたのかもしれません。なんといっても◎オレノココロです。「もしかしたら強いカモ」から「いやー!強いね!」となり、「さすがです!」と変遷してきた私の中のオレノココロ。今や、少々の不利も気にならない存在となりました。今回は三連覇のかかる大きなレース。現地で見たオレノココロの強さが今年はどう変わるのか?そこも楽しみで仕方ありません。

 今年は出走を決めた○センゴクエース。大事に使われてきたこちらは、昨年も充分出走可能だったと思いますが、無理をせず見送りました。最近はベテラン勢を相手に存在を示すようになりました。「重い斤量だといまひとつ」という評価がこの1年で大きく変わった気がします。満を持してのばんえい記念。ここでどれだけできるのか興味深い一頭です。

 ▲にはこれが引退レースとなるフジダイビクトリー。16年の優勝馬で今年の帯広記念も3着と年が明けての5戦は2勝、2着1回、3着2回とパワーは健在です。特にこのばんえい記念に向けて調子を上げてくるタイプで、最近の好成績は充分納得です。有終の美となるか楽しみです。

 今季1番調子が良かったのは△コウシュハウンカイだと思います。前半は連戦連勝、たまに2着、4着とほぼパーフェクトの成績でした。ところが今年に入ってからはいまひとつ。復調を期待しましたが、なかなか成績につながりません。ここは慎重に△としたいですね。もう一頭は力をつけてきた印象の△シンザンボーイ。

 今年もまた現地で歩きながら応援したいと思います。もし見かけたらお気軽にお声かけください。

◎2 オレノココロ
○5 センゴクエース
▲4 フジダイビクトリー
△1 コウシュハウンカイ
△8 シンザンボーイ

3連単
2→4,5→1,4,5,8 900円
5→2→4 600円 計6000円

3/24ばんえい記念予想 斎藤修

安定感を増したオレノココロ

 詳細はオッズパークのブログをご覧ください。

 ◎2オレノココロ
 ○1コウシュハウンカイ
 ▲5センゴクエース
 △8シンザンボーイ

 3連単
 2→1→5 4000円
 2→1→8 2000円

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.