ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

重賞(特別)予想 アーカイブ

1234567891011

ばんえいオークス 予想結果

2018年12月 3日(月)

ミスタカシマが3歳女王の座に

断然人気のミスタカシマがスンナリと障害を先頭で通過すると大きなリードを保っての逃げ切り勝ち。力の違いを見せつけて重賞4勝目になりました。
予想対決はミスタカシマ本命の方が多くも、3着には最低人気のクイーンドリーマーが入り的中者は荘司さんのみという結果になりました。

荘司:馬単3000円的中! 収支+2,400円

【集計】投資額 6,000円×15R=90,000円

 山崎  -23,740円
 荘司  -45,860円
 矢野  -46,870円
 目黒  -47,100円
 斎藤  -81,400円
 須田  -90,000円
---------------------------------------
 紅組  -116,700円
 白組  -218,270円

12/2ばんえいオークス予想 山崎エリカ

2018年12月 2日(日)

ミスタカシマの取りこぼしに賭ける

 前週11月26日に、ばんえい最年長騎手の大ベテラン山本正彦騎手が引退されました。1975年にデビューして騎手生活43年とは、本当にすごいことです。私はばんえい競馬を始めて歴史が浅いため、その功績に関してのコメントしませんが、同じことを長く続けられる情熱は尊敬に値します。

 さて、今週はばんえいオークス。今年はここまで重賞3勝、ばんえい菊花賞でも、危なげないレースぶりで牡馬勢を蹴散らしたミスタカシマが断然人気の様相。ミスタカシマは先行力があり、障害もほぼ問題ないだけに、一見、何の死角もないように感じます。

 しかし、ばんえい菊花賞を制した馬の次走は、惨敗、惜敗の連続。あのセンゴクエースでも取りこぼしましたし、2012年にばんえい菊花賞を制した牝馬ニシキウンカイも、ばんえいオークスに出走し、断然の1番人気に支持されながらも4着に敗れました。つまり、前走のばんえい菊花賞を制していることが、ミスタカシマの最大の死角です。強い馬でも連勝することは、案外難しいことなのです。

 そこでミスタカシマが敗れるとしたら、どういうパターンなのかを考えると、2歳時の十勝産駒特別のパターンが現実的でしょう。十勝産駒特別は、「20年ぶりに牝馬がナナカマド賞を制した」と騒がれた後の一戦。軽馬場で追走に苦労し、障害を積極的に仕掛けて行ったら、膝を着くアクシデント。10着大敗を喫して、ヤングチャンピオンシップの出走権を逃しました。今回も重賞好走後の軽馬場の一戦。「もう成長したから大丈夫」と考えるのは、危険でしょう。

 よって、◎には、重賞初出走になりますが、今シーズンに入って急成長したカネササクラを推します。今シーズン始めは963kgだった馬体重も前走では1029kgまでボリュームアップ。この馬は障害は得意とは言いませんが、崩れずにはこなしてくれるタイプ。また、上位クラスの切れ味もあるので、軽馬場は歓迎でしょう。

 ○は、ナナカマド賞、黒ユリ賞、ばんえい菊花賞を制した実績馬ミスタカシマ。この馬ははまなす賞でも3歳馬では最先着の2着。つまり、重賞では連対率100%の馬です。同世代の牝馬が相手ならば、勝ってあたりまえの馬ですが、陣営が「ばんえい菊花賞後は順調さを欠いた」とコメントしているあたりも気になるので対抗評価としました。

 ▲は、黒ユリ賞では最下位人気ながら、後方から追い込んで5着と善戦したセンリョウバコ。この馬はスピード不足な面はありますが、障害が得意で、後方から着順を上げて行くタイプ。そういう意味では前が容易にバテない軽馬場は向きませんが、高重量戦は歓迎。極端に馬場が軽くならなければ、出番があるでしょう。

 あとは△に黒ユリ賞の2着馬アフロディーテ。この馬は黒ユリ賞後も順調に成長し、前々走ではB4クラスを制覇。障害が得意で切れ味もあり、他馬の出方を見ながら動ける自在性もありますが、ミスタカシマを負かしに行った場合の怖さがあるので狙い下げました。あまりに積極的なレースをし過ぎると、後続の切れ味に屈する可能性もあるでしょう。

 他では黒ユリ賞は9着でしたが、ここへ来て障害が崩れなくなり、成績も安定してきたクイーンドリーマー。この馬はスピードと鋭い切れ味があり、6走前には◎カネササクラを撃破。軽馬場の条件下では強い馬だけに、一考しました。

 最後にこの秋に3勝、前々走ではクイーンドリーマーを撃破したウィナーキララ。重賞どころから特別戦も未経験ですが、力を付けているのは確か。ここへきて障害も良くなって来ているだけに、未知の魅力を警戒します。

◎8 カネササクラ
○2 ミスタカシマ
▲4 センリョウバコ
△5 アフロディーテ
△9 クイーンドリーマー
△10 ウィナーキララ

馬複
2-8 2400円
8-4,5 1500円
8-9,10 300円 計6000円

12/2ばんえいオークス予想 荘司典子

ミスタカシマの快進撃は続く

 3歳世代の牝馬で抜けた存在のミスタカシマ。8月のはまなす賞(3歳・4歳混合重賞)で牡馬相手に2着(1着は4歳牡馬マツカゼウンカイ)、2走前9月の玉泉館特別(A2-1混合)では歴戦の古馬相手にあっさりと勝利。前走・ばんえい菊花賞でも牡馬に混じって人気に応えて快勝と、もはや3歳世代屈指の存在。いやぁ~これはもう牝馬限定戦のここでは負けるわけがありません。まあそうは言っても想定外のことが起きるのが競馬の面白いところではありますが...でも「負けて欲しくない」と思います。

 というわけで相手探し。手広く買っていてはトリガミの可能性大。2歳時に黒ユリ賞でミスタカシマの2着、現在はB4クラスで勝ち負けしているアフロディーテ。あとは先行力あるサトクィーンの2頭に注目。このレース、私的には「馬券的に一発逆転を狙う」というより「強い馬の強いレースが見たい」という一戦。点数を絞って潔く勝負を見守ります。

 みなさんも美しく強いミスタカシマの快進撃にご注目を!

◎2 ミスタカシマ
○5 アフロディーテ
▲7 サトクィーン

馬単
2→5,7 3000円 計6000円

12/2ばんえいオークス予想 須田鷹雄

2018年12月 1日(土)

地力断然ミスタカシマの首位濃厚

 ここはさすがに◎ミスタカシマが勝つだろう。牡馬を含めても3歳トップの一角、前々走でA2-1混合を人気で勝っている馬が、せいぜいB4くらいの馬たちと同斤では、穴の狙いようがない。自分で競馬を作れるタイプで障害も安定しており、しかも鈴木恵介騎手。展開がどうなったところで首位は揺らぐまい。

 ○以下も現状の格付け重視で。3連単12点はちょっと多いのかもしれないが、少しでも高めの2,3着で来てくれることを祈る。

◎2 ミスタカシマ
○5 アフロディーテ
▲7 サトクィーン
☆8 カネササクラ
△1 サンシルクラポピー

3連単1着固定流し
2→1,5,7,8 500円 計6000円

12/2ばんえいオークス予想 目黒貴子

定量戦なら逆らえないミスタカシマ

 ばんえい最強馬はどんなに厳しい条件もはねのけてくれる!前回の重賞ドリームエイジカップは端枠と斤量を不利とみてオレノココロを▲に下げ、斤量に恵まれたフジダイビクトリーを◎、マツカゼウンカイを◯としたのですが、それぞれ◎は6着、◯は7着に沈み、勝ったのはオレノココロ。▲ながらオレノココロ頭の3連単も買い目に入れましたが、なにせ◎も◯も凡走とあっては当たるわけもありません。改めてオレノココロの強さに感服したレースでした。

 今週はばんえいオークス。3歳牝馬の定量戦。そうです、定量戦なのです!そうなると人気でも◎はミスタカシマで仕方ないでしょう。今季絶好調のアアモンドグンシンをばんえい菊花賞では4.3秒差でねじ伏せ、さすがの強さを見せてくれました。定量となればこのメンバーでは力は抜けており、ここは主役の一戦となりそうです。

 カギは相手。人気のミスタカシマから行くのであれば配当はつかないので、かなり絞らないといけません。◯はサンシルクラポピー。2走前、3走前は障害で手間取って結果も出せませんでしたが、前走でそれを修正。見事1着になっています。今回いいイメージで臨めるのではないでしょうか。端枠もこの馬はあまり気にならないタイプで期待に応えてくれそうです。

 ▲はアフロディーテ。2月の黒ユリ賞でミスタカシマの2着を確保した実力馬。B4クラスに昇級して6戦を消化し、すでに2勝をあげています。持ち味の障害力を活かして堅実にレースをしてほしいですね。

 △にはこのところ好レースが続いているプランセス。前走1.2%の馬場水分でもしっかり結果を出したサトクィーン。

 今回はミスタカシマを1着固定にした3連単で勝負しようと思います。

◎2 ミスタカシマ
○1 サンシルクラポピー
▲5 アフロディーテ
△3 プランセス
△7 サトクィーン

3連単
2→1,5→1,3,5,7 1000円 計6000円

1234567891011
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.