ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

重賞(特別)予想 アーカイブ

<<前へ 678910111213141516

1/3天馬賞予想 山崎エリカ

2018年1月 3日(水)

ホクトノホシの完全復活に期待

 2008年に創設された天馬賞は、世代対決の最終戦。定量戦で行われることもあり、主にBG1・ばんえいダービー上位の世代トップクラスの馬が活躍することがほとんど。また、この頃になると力関係がはっきりとしてくることもあり、1番人気馬が【7・1・2・0】と大活躍。

 過去の傾向を今年に当てはめると、ばんえい菊花賞こそ2着と取りこぼしたものの、ばんえいダービーを始め、世代重賞を総舐めにしてきた、マルミゴウカイが最有力ということになるのでしょう。しかし、これまでの1番人気馬とマルミゴウカイが異なるのは、レースを順調に使われていないこと。

 マルミゴウカイは、9月の銀河賞を優勝した後、3ヵ月休養しており、復帰戦となった前走・ホワイトクリスマス賞では7着。確かに復帰初戦、古馬のトップクラスが相手だったことを考えると、この着順自体は仕方のない結果でしょう。

 しかし、叩き2戦目の今回で変われるという確信はあるのでしょうか? 例えば、昨日の帯広記念に出走していた昨年のばんえいグランプリの覇者ニュータカラコマは、ばんえいグランプリを優勝した後に休養しましたが、叩き2戦目で変われることなく未だに調子を崩したまま。今回のメンバーならば、フウジンライデンもイレネー記念を優勝した後の休養後は、復活するまでに時間を要しました。

 つまり、マルミゴウカイは、このまままスランプ期に突入する可能性も十分にあるということ。競馬は強くなければ勝てない反面、強い馬でも調子が悪ければ負けるもの。それをいやというほど理解している私にとって、マルミゴウカイを本命にする度胸がありません(笑)。

 よって、◎には、一昨年のばんえいオークスを制したホクトノホシを推します。ばんえいオークスは、9番人気での勝利だったことからフロック視されていますが、障害で苦戦することなく最後まで走り続けた確かなもの。また、「オークス馬で力が足りるのか?」という声も聞こえてきそうですが、この世代はマルミゴウカイだけがダントツで、他が横一線という状況下。足りても不思議ないでしょう。

 確かにこの馬は、今シーズンの柏林賞、銀河賞、クインCと惨敗続きでした。しかし、それは6ヵ月にも及ぶ長期休養が生み出したスランプによる部分も大きいと見ています。近走ではA2クラスで善戦しているように復調の兆し。前走も昨日の帯広記念に出走していたフクドリが圧勝しただけで、2着馬と大差のない内容だっただけに、ここはセックスアローワンスがより生きる軽馬場でこの馬の一発を狙います。

 ○は、初重賞挑戦のばんえい大賞典で結果を出して、4冠馬となったマルミゴウカイ。銀河賞ではトップハンデ750kgを背負って次元の違う走りを見せつけてくれましたが、同時にダメージが出やすい走りでもありました。その後、休ませたことで復調していれば、休養明け2戦目の今回で変われるでしょう。

 ▲は、繰り上がりで出走したポプラ賞では、先行してなかなか見せ場のある内容だったタカラシップ。目下2連勝で勢いもあり、軽馬場ならば、前々で立ち回れる強みもあるでしょう。

 △にばんえい菊花賞馬で、ばんえいダービーでも3着のツルイテンリュウ。今年の銀河賞でもマルミゴウカイに3.8秒差まで迫りました。自己条件では追走に苦労しているところもあり一息の結果ですが、楽に追走できる高重量戦でこそのタイプ。当然、警戒が必要でしょう。

 あとは、ばんえいダービー、柏林賞、銀河賞と常にマルミゴウカイの2着を死守してきたホクショウディープ。古馬相手の前々走・ターコイズ特別でも3着と善戦しているように、ここも通用して当然の馬。しかし、前走でわざわざスピード競馬の地吹雪賞を使ったあたりに不安を感じるので狙い下げました。この馬はもともとスピードがあるので、前走狙いだったような?

 他では一時期のスランプから抜け出して、今シーズンは銀河賞4着など安定した成績を残せているフウジンライデン。A1クラスの前走では、強豪相手に逃げ切る強い内容ではありました。しかし、ここへ向かうローテーションとしては好ましくないので狙い下げました。前走を叩き台として使えていないという意味です。

 最後にコウシュハローヤルの回避により柏林賞以来の重賞挑戦となるタフガイ。柏林賞は5着と言っても、フウジンライデンの除外やアアモンドヒューマの競走中止により、実質7頭の対決。また、勝ち馬からかなり離されての5着だったこともあり、高重量を背負う不安はあります。しかし、近走の充実度から印を回しました。


 ◎ (1)ホクトノホシ
 ○ (9)マルミゴウカイ
 ▲ (4)タカラシップ
 △ (6)ツルイテンリュウ
 △ (5)ホクショウディープ
 △ (2)フウジンライデン
 △ (7)タフガイ

馬複
1-9 1000円
1-4,6,5,2,7 各400円 計2000円

ワイド
1-9 1000円
1-4,6,5,2,7 各400円 計2000円

1/3天馬賞予想 荘司典子

天馬賞はBOXで勝負

 今年の帯広記念が終わりました。1着コウシュハウンカイ、2着サクラリュウ、3着フジダイビクトリーで3番人気6番人気2番人気の決着。今年も1番人気馬には受難の内容で3連覇がかかっていたオレノココロは4着。と言っても3連単の配当は1万9800円で例年に比べると小波乱。高目を狙いすぎた私はあっさりと散ってしまいました(涙)。
 気持ちも改めて天馬賞です。本命はマルミゴウカイ。三冠制覇達成を目指すこの世代の2冠馬。天馬賞は帯広記念と違って1番人気馬がきっちり人気に応えるケースの多い一戦。陣営にとっても負けられない戦いでしょう。
相手はこの世代の重賞を制した馬たちを選びます。まずばんえい菊花賞馬のツルイテンリュウ。近走はいま一つですがヤングチャンピオンシップ2着もあるように能力上位の底力に期待。
イレネー記念馬のフウジンライデン。復活の重賞制覇を見てみたい気もしますし、ヤングチャンピオンシップを勝っているホクショウディープも捨てがたい。
そこで今回は挙げた4頭の3連単BOXで勝負します。ツルイテンリュウが上位に来ると高配当も望めそう(祈)。連勝中のタカラシップが来たら諦めます。

◎9 マルミゴウカイ
○6 ツルイテンリュウ
▲2 フウジンライデン
△5 ホクショウディープ

3連単ボックス
2,5,6,9 各200円 計4800円
馬複
6-9  1200円

1/3天馬賞予想 矢野吉彦

2018年1月 2日(火)

世代4冠のマルミゴウカイを信頼

 正月ならではの重賞連発、第2弾は天馬賞です。
 ここは素直に、2冠馬マルミゴウカイを軸にします。いや、2冠馬というより、3歳時にばんえい大賞典とばんえいダービーを制していますから、この世代の4冠馬と言ったほうがいいかもしれません。もう1つのばんえい菊花賞も2着ですからね。ここでも信頼していいでしょう。
 問題はその相手。今季ここまでの重賞では、エッと思うような馬が絡んで大荒れとなったレースがいくつかありました。なので馬券は、金額に強弱をつけた上で、馬複と馬単の"合わせ技総流し"にしてみました。
 まずはマルミゴウカイを頭にした馬単から。フウジンライデン、ホクショウディープに各500円、プレザントウェー、タカラシップ、ツルイテンリュウへ各400円、その他の4頭へ各100円ずつ流します。あとはマルミゴウカイからの馬複で、フウジンライデンとホクショウディープに各800円、プレザントウェー、タカラシップ、ツルイテンリュウに各600円流して押さえとする作戦です。
 大穴の馬に100円ずつチマチマ流す意味があるのかどうかよくわかりませんが、なんとなくそうしてみたほうがいいような気持ちになっちゃったのでご勘弁ください。と、ここまで書いてホッとしていたら(?)、ブルーオーシャンが取り消したので100円余っちゃいました。その分は、フウジンライデンへの馬複に持って行きます。その1点を900円にするわけです。これでいいでしょう。では、今回はこのへんで。

◎9 マルミゴウカイ
○2 フウジンライデン
▲5 ホクショウディープ
△3 プレザントウェー
△4 タカラシップ
△6 ツルイテンリュウ

馬単
9→2,5 各500円 計1000円
9→3,4,6 各400円 計1200円
9→1,7,8 各100円 計300円

馬複
9-2 900円
9-5 800円
9-3,4,6 各600円 計1800円

1/3天馬賞予想 目黒貴子

人気でもマルミゴウカイが主役

 早々の年明け重賞第2弾!今度は5歳限定のレースで、世代3冠のラスト。是非注目したい一戦です。これまでの2冠はマルミゴウカイが快勝しており、3冠達成なるかがポイントです。
 人気でもここはマルミゴウカイを◎とします。これまでの2冠は最も重い斤量を背負ってのもので、そのハンデがありながら勝っています。柏林賞では2着のホクショウディープより10K重い720Kで着差は14秒、銀河賞では20Kの差があり、3.6秒差。ここでは一枚も二枚も上とみていいでしょう。そして今回は定量戦で牡馬は全頭760K、この馬を中心で仕方ないようです。
 ◯はフウジンライデン。2冠目の銀河賞では4着も着差はわずか。その後にA2クラスで3連勝、勢いに乗ってA1クラスでも好走、そして前走は端の10番枠ながらしっかりと勝ちきりました。充実度は相当高いと考えます。マルミゴウカイの藤本騎手が「負けられない」と言えば、フウジンライデンの島津騎手は「勝ちにいきます」と頼もしいコメント。もしかしたらの逆転も期待する馬券の買い方にしようと思っています。
 ▲にはホクショウディープ。前述したように、これまでの2冠は連続2着。勝ってくれるかというまでのインパクトはなくても、馬券としては必ずおさえないといけません。少々調子落ちの感もありましたが、ここ2戦で連続3着と復調気配。特に前走は勝ち馬との差はわずかで内容もよくなってきました。
 △は2連勝と勢いのあるタカラシップ、他にタフガイ、牝馬のヒカルナナヒメにも期待したいと思います。
 2日に続いて、3日も川崎競馬場ロジータホールで私たちは場立ち予想をやります。みなさんと直接お話できるのを楽しみにしてます。帯広記念は残念ながらハズレてしまったので、天馬賞は当てたい気持ち倍増!ぜひいらしてください。

◎9 マルミゴウカイ
○2 フウジンライデン
▲5 ホクショウディープ
△4 タカラシップ
△7 タフガイ
△8 ヒカルナナヒメ

3連単
9→2,5→2,4,5,7,8 各700円 計5600円
2→9→5 400円

1/3天馬賞予想 須田鷹雄

定量戦なら素直にマルミゴウカイ

 この世代で定量戦となったら◎マルミゴウカイ以外に選択肢が無い。菊花賞こそ取りこぼしたが他の同世代戦は勝ちきってきたし、菊花賞馬△ツルイテンリュウが大不振中となると、素直に1着固定するしかない。
 なるべく点数を減らしたいので、◎が1着で○が2着か3着という形にする。○ホクショウディープはスピードレースを使ってきた影響がどうかだが、格としてはやはりこの馬を尊重せざるをえない。
 ▲フウジンライデン、△プレザントウェーは積極的に買いたいわけでもないのだが、各馬を相対的に比較するとこの辺りにいくしかない。ブルーオーシャンが3走前からおかしくなっているうえに端枠なので、▲△△はこのあたりしか選べなかった。

◎9 マルミゴウカイ
○5 ホクショウディープ
▲2 フウジンライデン
△3 プレザントウェー
△6 ツルイテンリュウ

3連単
9→5→2,3,6 各1000円 計3000円
9→2,3,6→5 各1000円 計3000円

<<前へ 678910111213141516
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.