ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2021年12月 | メイン

2022年1月 アーカイブ

1234

今週の見どころ(1/22~1/24)

2022年1月21日(金)

帯広競馬場の開場について

 第21回開催の後半戦には、B1、B2、B3、B4級それぞれの決勝戦が組まれています。年末年始は日程が詰まっており、1開催2走使い戦を組みにくかったとはいえ、これだけの決勝戦が行われるのは稀。予選、決勝とも一般戦のためハンデの変動はなく、好調馬同士の戦いに注目です。
 1月16日の第11レースで藤野俊一騎手(山本正彦厩舎)が通算3500勝を達成。ばんえいでは藤本匠騎手に続く2人目の快挙です。現在61歳のばんえい最年長騎手は、現役として最多のばんえい記念5勝を誇ります。高重量となる終盤戦で、豊富な経験が生きてくるはずです。

※開催日程/時刻についてはこちら
※今週のイベントはこちら

【第21回開催4日目】
 1月22日(土)のメイン第11レースには、柏林馬事公苑特別(オープン-1組・18:25発走予定)が行われます。年末年始は、牝馬や世代の限定戦、定量500キロ戦など選択肢が多かったため、オープン-1組の特別戦としては、12月13日のターコイズ特別以来の実施です。

※出馬表はこちら

 ◎アアモンドグンシンは、ターコイズ特別が1番人気にこたえての逃げ切り勝ち。前走910キロの帯広記念では障害を6番手で越えると、キタノユウジロウに5秒5差まで迫って3着と充実の近況です。重賞で大敗し、重量が軽くなる次走で巻き返すというパターンが定着していましたが、近走では10コースで追走に苦労した11月28日のドリームエイジカップ(10着)以外、障害での腰入り安定。以前より信頼度が増しています。今回はターコイズ特別に続き、アオノブラック(3着)がトップハンデなのは変わりませんが、アアモンドグンシンとメジロゴーリキ(5着)の賞金ハンデが5キロ増えたため、3頭が最重量775キロで並びます。アオノブラックも年末の定量500キロ戦・地吹雪賞1着をはじめスピードには定評があり、同重量でも先着できれば、いよいよ本格化といえるかもしれません。
 ○アオノブラックは、3着だったターコイズ特別では5キロ、5着だった帯広記念では10キロ差あったアアモンドグンシンと今回は同重量での争い。10月4日の神無月特別(オープン)では同じ740キロで先着されていますが、不振から脱出をするキッカケをつかんだレースであり、状態は万全ではなかったはず。その後北見記念を勝ち復活を遂げており、今度は違った結果も見込めます。
 ▲カイセドクターは、ターコイズ特別が9月のオープン昇級後、初の馬券絡みで2着。こちらもアアモンドグンシンとのハンデ差が5キロ広がっています。
 △ゴールドハンターは、ターコイズ特別が追い込み切れず6着でしたが、天馬賞では逃げて勝ち馬とはコンマ2秒差。追い込んで3着カイセドクターには1秒8差をつけています。しかし今回は前走より相手強化で年長馬との対戦だけに、ターコイズ特別と同じように終いを生かすレースになりそう。展開の味方は必要だけに、同重量ならカイセドクターを上位視するほうがベターでしょう。

【第21回開催5日目】
 1月23日(日)のメイン第11レースには、山羊座特別(A1級混合・18:25発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 オープンはコウシュハレガシー1頭で、ほか9頭はA1級。うち6頭は前開催のニューイヤーカップ(A1級)で対戦し、昇級初戦だったサクラドリーマー、12月11日の射手座特別(A1級)を勝ち実績上位のセンリョウボスが1着同着でした。
 しかし注目は、他路線組から◎マルミゴウカイ。メンバー中で唯一、古馬オープン重賞勝ち(18年岩見沢記念)があり、7月には同条件の層雲峡特別を障害2番手から抜け出し圧勝。前走で重賞の帯広記念に挑戦とA1級ではキャリア上位です。競走除外明けだった3走前の射手座特別では7着もセンリョウボスの3秒9差まで伸び、オープン馬相手の地吹雪賞3着、帯広記念も6着と近3走いずれも人気以上にまとめています。賞金ハンデ10キロも重くはなく7月以来の勝利に期待します。
 ○サクラドリーマーは、ニューイヤーカップを勝って4連勝。昇級の特別戦で45キロも重量が増えていましたが、ともに決め手を生かすレースをしたセンリョウボスと1着同着に持ち込んでいます。前走より相手強化となるものの、勢いは見逃せません。
 ▲アフロディーテは、6月のA1昇級後未勝利も、特別戦(混合戦含む)では3、4着各3回、6着1回、7着2回と善戦多数。ニューイヤーカップは着順こそ7着でしたが、逃げてこそのタイプにとっては苦しいはずの差す競馬でも4秒2差と崩れていません。障害を越えるタイミングひとつでしょう。
 △センリョウボスは、前走1着でしたが、2年以上連勝がありません。好調さはうかがえるものの、2、3着候補に止めます。

 1月24日(月)の見どころは枠順確定後に掲載します。

今週の見どころ(1/15~1/17)

2022年1月13日(木)

帯広競馬場の開場について

 金田利貴騎手(金田勇厩舎)が1月10日第11レースで通算100勝目を挙げました。20年12月12月の初騎乗から395日目での達成は、島津新騎手の442日を更新するばんえい十勝の100勝最短記録(帯広1場開催となった07年度以降)となりました。なお同騎手は初重賞制覇でも、デビューから205日目という記録を持っています。
 さて16日(日)のメインレースには、ばんえいプリンセス賞(4歳牝馬オープン)が組まれています。明け4歳の牝馬同士で戦えるのは今回が今季ラストとなります。

※開催日程/時刻についてはこちら
※今週のイベントはこちら

【第21回開催1日目】
 1月15日(土)のメイン第11レースは、ガーネット特別(A2級-1組・18:25発走予定)が行われます。ハマノダイマオーが、3開催前のおおいぬ座特別、前開催の夕刊フジ杯とA2級-1組特別戦で2勝し今開催からA1へ昇級。夕刊フジ杯から7頭、5歳重賞・天馬賞から2頭の9頭立てで争われます。

※出馬表はこちら

 ◎コウテイは、夕刊フジ杯が6番人気で3着。A2昇級戦でしたが、障害はひと腰先頭でクリアしており、ハマノダイマオーと2秒4差と見せ場十分でした。しかし今回は賞金ハンデが5キロ増えており、同じ明け5歳で実績上位の天馬賞組も加わっていることで、前走好走の価値が試されます。
 ○アーティウィングも明け5歳で牝馬。2開催前のホワイトクリスマス賞(A2級-1組)が実質A2昇級初戦ながら2着に健闘すると、夕刊フジ杯も5着とはいえ脚を使って3着コウテイとは3秒6差でした。同馬とのハンデ差が15キロから20キロに広がっており、さらに接戦に持ち込めそうです。
 ▲ギンジは、12月4日の五稜郭特別(A2級-1組)を逃げ切ってハマノダイマオーらを下しています。その後2開催休み、前開催は天馬賞に挑戦(7着)。A2級に上がってからコウテイとは初対戦ですが、格的にはこちらが上。同じ重量だけにアッサリがあっても不思議ありません。
 △オレワチャンピオンは、ホワイトクリスマス賞を逃げ切っていますが、夕刊フジ杯では6着。近2走より減量ある若馬が増え7頭もおり、スピード勝負に対応できるかでしょう。

【第21回開催2日目】
 1月16日(日)のメイン第11レースは、準重賞・ばんえいプリンセス賞(4歳牝馬オープン・18:25発走予定)が行われます。賞金別定重量が課されないため、クラス(重量格)ハンデ以外の重量差がつきません。10頭中8頭が使われていた12月5日のばんえいオークス(定量670キロ)を勝ったサクラヒメがトップハンデ700キロ。ほかの上位馬では2着イオン690キロ、3着サクラシュンカ670キロ。その他、7着ニュクス660キロ、2番人気ながら第2障害の天板で転倒し競走中止したミソギホマレは680キロです。

※出馬表はこちら

 ◎ミソギホマレの巻き返しに期待します。8月のばんえい大賞典を競走除外後は、軽馬場続きだったこともあってか、ばんえい菊花賞2着を含め7戦連続連対。3歳3月の黒ユリ賞で2着の実績馬でもあり、続くばんえいオークスは残念でした。しかしその後は、ばんえいオークス以上の重量を課されながら、A2初戦がふた腰、ばんえいダービーも710キロでひと腰と状態は悪くありません。680キロと軽くなっての4歳牝馬限定戦で、サクラヒメと20キロ差あれば、変身劇に期待できます。
 ○ニュクスは、ここまで重賞は牝馬限定の2戦のみ使われ、黒ユリ賞は3番人気8着で、ばんえいオークスでは7着。格下のB3級で人気もありませんでしたが、初の670キロをひと腰で越えた点を評価します。今回の660キロも軽くはなく、ばんえいオークスと同様に息を入れての追走が予想されます。展開次第と条件はつきますが、サクラヒメと40キロ、ミソギホマレとの20キロ差を生かせば、ゴール前逆転があるかもしれません。
 ▲サクラヒメは、今季だけで通算13勝のうち9勝を挙げる充実ぶり。9番人気で10着だった黒ユリ賞から大きく成長しました。ばんえい菊花賞はややハンデに恵まれた感はあるものの、ばんえいオークスが2着イオンに11秒3差をつける圧勝で、牡馬相手の定量戦・ばんえいダービーも牝馬として最先着の4着の実力は断然。今回は最大40キロ差のトップハンデだけが課題です。
 最軽量660キロの馬がニュクスなど5頭出走。△ホクセイサクラコは、近2走の自己条件B3級では、5キロハンデを課されながらニュクスと接戦を演じています。ばんえいオークスには不出走のため初の660キロを克服できるかでしょう。

【第21回開催3日目】
 1月17日(月)のメイン第11レースには、睦月特別(オープン-2組・18:25発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 オープンでも一線級は22日の柏林馬事公苑特別へまわっています。ここは重賞・帯広記念と実質2組のメンバーだった準重賞・ばんえい十勝金杯出走馬の対戦。ただ、帯広記念組の4頭も2走前がオープン-2組やA1級だっただけに、力関係は拮抗しています。
 出走馬のうち唯一の5歳で、前走天馬賞で4着の◎コマサンダイヤで勝負になりそう。天馬賞は条件馬(当時A1級)にとっては不利な定量760キロでしたが、障害2番手クリアからしっかり歩き、勝ったキョウエイリュウと2秒8差の惜敗でした。先着を許した3頭はいずれもオープン馬で、1組や2組で馬券絡みがあり、今回のメンバーと互角の力量。明け5歳は1月から一般戦では若馬の減量がなくなりましたが、特別戦では10キロ減が継続するのが魅力で、オープン昇級でも軽量745キロを生かし逃げ切りに期待します。
 今回は同じ金田勇厩舎の"コマサン"冠の馬が3頭出走。コマサンダイヤ以外も有力です。
 ○コマサンブラックは、帯広記念で7着とはいえ、初の890キロをひと腰で上げている障害巧者。直線一旦は3番手と見せ場があり、力をつけていけば古馬重賞も狙えそうです。今回は主戦の藤野俊一騎手へ戻るのも歓迎。
 ▲コマサンエースは、ばんえい十勝金杯3着。今季1勝のみですが、着々と賞金を重ね2走前にオープンへ昇級しています。7番人気で1秒5差に粘った前走の1、2着馬は不在で、引き続き勝ち負けです。
 △インビクタは、ばんえい十勝金杯が3番人気でやや離れた5着。力負けはありませんが、コマサンブラック、コマサンエースより5キロ重い賞金ハンデ10キロを課されているのがやや微妙に映ります。

今週の見どころ(1/8~1/10)

2022年1月 6日(木)

帯広競馬場開場について

 12月24日の第7レースで今季初勝利を挙げた竹ケ原茉耶騎手が、年明け1月3日には第1レース、第6レースと1日2勝を達成。初勝利から3勝目までの6戦すべて3着以内と、年末年始の競馬を沸かせてくれました。年明けから、明け5歳は一般戦での10キロ減の恩恵がなくなっています。女性騎手は一般競走では10キロ減で騎乗できることから、もし5歳馬との初コンビを組むようなケースがあれば狙ってみて面白いかもしれません。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第20回開催4日目】
 1月8日(土)のメイン第11レースには、夕刊フジ杯(A2級-1組・18:25発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 新年から明け4歳はB級以上の特別戦や重賞での減量が20キロから10キロになっていますが、5歳は10キロ減が継続。なお前開催にはばんえいダービーが組まれていため、前回のホワイトクリスマス賞(A2級-1組)に明け4歳は不在でした。
 注目はホワイトクリスマス賞の上位3頭。3着◎ハマノダイマオーの巻き返しに期待します。逃げたオレワチャンピオンをとらえきれず、障害4番手から伸びたアーティウィングにゴール線上で差されてしまいました。しかし、1、2着馬の賞金ハンデがともに5キロ増となることで、重量面で有利になっています。4歳馬3頭にとって、ばんえいダービーと同じか5キロしか違わない重量は厳しそうで、勝ってA1昇級を決めそうです。
 ○アーティウィングは5歳牝馬。ホワイトクリスマス賞がA2昇級後初の自己条件戦ながら、2着は評価できます。ただ、オレワチャンピオンと同じく賞金ハンデが増えるのは課題といえるでしょう。
 ▲オレワチャンピオンは、明け4歳が不在の前走では展開が楽だったか逃げ切って楽勝。今回は明け4歳が3頭いても実質重量増でもあり、急に流れが速くなることはなさそう。前残りがあります。
 △コウテイは5歳牡馬で、B1級-1組特別戦を楽勝しての昇級です。B1時代に接戦を演じていたアーティウィングがいきなり結果を出したことで、こちらも軽視できません。

【第20回開催5日目】
 1月9日(日)のメイン第11レースには、準重賞・ばんえい十勝金杯(オープン・18:25発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 古馬の牡馬が出走可能な準重賞は年に3つあり、このレース、ウィナーズカップ(2月14日)、スピードスター賞(3月6日)といずれも年度の終盤に実施されます。
 ばんえい十勝金杯は、年始の帯広記念や5歳重賞・天馬賞に不出走だったオープン馬による争いです。
 ◎マツカゼウンカイは、番組賞金的には帯広記念へ出走可能でしたが、昨年2着と好成績だったこのレースへ。その1年前は、ほぼ同時に障害を降りた2頭の一騎打ちでわずかに遅れたもの。その相手とは、3月にばんえい記念を勝つことになるホクショウマサルでした。今季は1勝のみですが、6月の北斗賞2着、11月のドリームエイジカップ4着など実績があり、昨年より5キロ軽い755キロも歓迎。相手も戦いやすい印象です。
 ハイレベルな明け6歳世代の2頭にも注目します。○インビクタは、8月のオープン昇級後は未勝利とはいえ、1組の特別戦でも善戦。定量500キロ条件初参戦だった10月の疾風賞を1分を切るタイムで3着など、新たな可能性も感じさせたシーズンでした。ここは普段のオープン-1組よりも楽なメンバーだけに、オープン初勝利のチャンスといえます。
 ▲コマサンエースは、前走のオープン-2組平場戦で7番人気ながら4着と健闘。オープン昇級初戦でも金田利貴騎手は容赦なく先行していって、直線では逃げてバテたインビクタ(6着)を交わしています。同世代の限定戦でメムロボブサップやアオノブラックに揉まれてきたキャリアは伊達ではなく、こちらも上位争いに期待でしょう。
 △ハクイホウは、近年では条件級スタートからシーズン終盤には必ずオープンへ昇級。今季はこのレースがオープン初戦です。一昨年のばんえい十勝金杯で2着があるように、オープンでも一枚落ちのメンバーに入ればトップクラスの実力があり、明け11歳でも軽視できません。

 【第20回開催6日目】
 1月10日(祝・月)のメイン第11レースには、新雪特別(B1級-1組・18:20発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 近5開催のB1級-1組特別戦は勝ち馬がすべて異なりますが、その中で唯一、昇級していない◎ジェイトップに注目します。勝ったのは2開催前の冬月特別で、B1昇級初戦ながら障害をひと腰でまとめての抜け出しでした。前開催のカトレア特別は、それまでの4戦すべてで逃げていたアーモンドキーマンが不在で、コウテイがあっさり逃げ切って勝利。ジェイトップはリュウセイペガサスに差し返されて3着でした。今回はアーモンドキーマンが戻ってきて、冬月特別のような展開が見込めるはず。ジェイトップがしぶとく伸びて勝利を収めA2昇級を決めそうです。
 ○アーモンドキーマンは、前開催の定量500キロ戦・地吹雪賞でもハナを奪って、アオノブラックの4着。テンの速さはオープン馬相手でも通用することを示しました。冬月特別は4着とはいえジェイトップとは3秒9差。軽量の前走を使われたことが刺激になれば、そのまま押し切ってしまうかもしれません。
 ▲リュウセイペガサスは、6戦続けてのB1級-1組特別戦。障害を越えたポジションが着順に直結する傾向があるだけに、冬月特別(障害5番手から7着)よりもカトレア特別(障害2番手から2着)のように前で運べるかでしょう。
 明け4歳は古馬同士の特別戦での減量が20キロから10キロに減らされますが、△アバシリサクラ△シュトラールとも押さえには必要。特にアバシリサクラは、自己条件のB3級、B2級と連勝で昇級したB1級初戦の冬月特別では障害をひと腰で越え3着と健闘しています。


1/3天馬賞回顧

2022年1月 4日(火)

世代王者はキョウエイリュウ

 1月3日(月)には重賞・天馬賞(5歳オープン)が行われ、断然人気のキョウエイリュウが優勝。第2障害先頭から逃げ粘るゴールドハンターを差し切り、重賞5勝目を挙げました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.トワトラナノココロ(760) 84.8
 2.コマサンダイヤ(760) 20.8
 3.カイセドクター(760) 3.6
 4.キョウエイリュウ(760) 1.6
 5.ヤマトタイコー(760) 16.5
 6.フォルテシモ(740) 57.8
 7.ギンジ(760) 12.2
 8.ニセコヒカル(740) 77.1
 9.ゴールドハンター(760) 7.1
 10.アバシリルビー(740) 79.4

 この世代のダービー馬でここまで重賞4勝のキョウエイリュウは、今季重賞では4戦して未勝利でしたが、定量戦なら、と単勝1.6倍の圧倒的支持を集めました。8月のはまなす賞で重賞初制覇を果たしたカイセドクターは、最近2走のオープンでも2着と好走しており、単勝3.6倍で2番人気。柏林賞を制したゴールドハンターがやや離れた3番人気で、ここまでが単勝ひと桁台のオッズとなりました。

 第1障害を最初に越えたのはゴールドハンターで、コマサンダイヤ、アバシリルビーも先行。さらにカイセドクター、キョウエイリュウ、トワトラナノココロらが続きます。中間点を過ぎたあたりで先頭はアバシリルビーで、キョウエイリュウも徐々に進出。控えていたゴールドハンターも位置取りを上げ、前は7頭がほとんど同時に第2障害下に到達。わずかにアバシリルビーが先頭で、ここまで37秒というペースでした。
 ひと息入れてすぐにゴールドハンターが仕掛けると、コマサンダイヤ、アバシリルビー、ニセコヒカルらも続きますが、ゴールドハンターがすんなりとひと腰でクリア。コマサンダイヤ、キョウエイリュウが差なく障害を通過し、カイセドクターとニセコヒカルも続きます。
 ゴールドハンターは障害を越えた勢いで後続を引き離します。一人旅になるかと思われましたが、残り20メートルを過ぎたあたりから徐々に脚色が鈍ると、キョウエイリュウがじわじわと接近。ゴールドハンターが粘り込もうかというところ、キョウエイリュウが交わして優勝。ゴールドハンターはコンマ3秒差で2着。3着にはカイセドクターが入り、上位人気3頭での決着となりました。

 勝ったキョウエイリュウは20年のばんえいダービー以来となる重賞5勝目。4歳一冠目の柏林賞は6着、二冠目の銀河賞は7着と重い重量で苦戦が続いていましたが、定量戦のここはダービー馬としての意地を見せ、最後の一冠を見事モノにしました。今後の重賞では古馬一線級との対戦となりますが、さらなる飛躍を期待したいところです。

成績はこちら
映像はこちら

松田道明騎手「(勝てて)嬉しいです。やはり勝負ですから、馬の状態が一番良くないと勝てないので、良い馬に乗せていただきました」

天馬賞 予想結果

斎藤さんが3R連続でプラス収支!

今年度の予想対決第20Rは天馬賞。単勝3番人気のゴールドハンターが逃げ粘るところ、断然人気のキョウエイリュウが障害3番手から差し切って勝利。予想対決は4名が的中も、上位人気3頭による固い決着のため、プラス収支は馬複と3連単をダブル的中させた斎藤さんのみとなりました。

斎藤:馬複800円&3連単100円的中! 収支+2,840円
赤見:3連単100円的中! 収支-3,080円
荘司:3連単100円的中! 収支-3,080円
目黒:3連複600円的中! 収支-3,180円

【集計】投資額 6,000円×20R=120,000円

 荘司  +32,180円
 斎藤  +28,150円
 須田  +24,640円
 目黒  -35,890円
 赤見  -38,540円
 矢野  -45,010円
---------------------------------------
 白組  +7,780円
 紅組  -42,250円

1234
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.