ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2022年7月 | メイン

2022年8月 アーカイブ

123

今週の見どころ(8/20~8/22)

2022年8月18日(木)

 8月22日(月)のメインは、オープンによるオーガスト特別。ここまでの9開催で、各開催のオープン一線級が出走可能な重賞・特別戦にはメムロボブサップ、アオノブラックの二強のどちらかは参戦していましたが、ここはともに不在となっています。出走予定の10頭中、今季オープン格付で勝利しているのはメジロゴーリキだけ。二強がいないチャンスをモノにするのはどの馬でしょうか。

※今週のイベントはこちら
※開催日程/時刻についてはこちら

【第10回開催1日目】
 8月20日(土)のメイン第11レースには、アルタイル特別(B1級-1組・20:05発走予定)が行われます。

※出馬表はこちら

 前開催の同条件・葉月特別組が6頭ともっとも多いものの、1着ヒメミヤはA2昇級、2着ツガルノヒロイモノは28日の3歳・4歳混合重賞・はまなす賞へ出走予定です。
 葉月特別でメンバー最先着の3着はオレノタイショウですが、好位でスムーズに運んで勝ち馬と2秒3差。注目は1番人気で5着だった◎マルミゴウカイです。障害を先頭で仕掛けて苦戦し離れた5番手で越えたものの、いつものキレが見られず3着争いに加わるのが精一杯でした。しかし、不利があってもオレノタイショウと1秒3差という結果を考えれば、まともに走れば、負けないはず。
 その○オレノタイショウが対抗です。B1昇級初戦だった4走前から2、2、2、3着と高いレベルで安定しています。差されて負けることが多いだけに、勝つにはマルミゴウカイの末脚不発が条件になります。
 ▲マルモタイショウは、前開催の4歳オープン・山鳩賞で2着。格上A1級の牝馬ミソギホマレとの一騎打ちの末、決め手の差だけという走りでした。B1級の特別初挑戦だった2開催前は障害をひと腰で越えたものの、重めの馬場に末脚を削がれた格好で6着。しかし、今回はクラス慣れや、2走前(馬場水分0.7%)より水分が多い馬場が見込めます。巻き返しに期待です。
 △カネサスペシャルは、葉月特別が昇級初戦ながら6着に健闘。障害でマルミゴウカイにお付き合いした格好ですが、こちらの末脚はシャープでした。

 8月21日(日)以降の見どころは枠順確定後に掲載します。

8/14ばんえいグランプリ回顧

2022年8月15日(月)

メムロボブサップが断然人気に応える

 8月14日(日)には重賞・ばんえいグランプリ(3歳以上ファン選抜)が行われ、単勝1番人気のメムロボブサップが優勝。障害先頭から押し切ってグランプリ連覇を飾りました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.マツカゼウンカイ(800) 18.0
 2.コマサンブラック(800) 85.1
 3.メジロゴーリキ(800) 9.5
 4.インビクタ(800) 23.5
 5.ミノルシャープ(800) 13.7
 6.メムロボブサップ(800) 1.1
 7.キョウエイリュウ(800) 47.7
 8.カイセドクター(800) 25.2

 今年もファン投票1位に支持されたのはメムロボブサップ。全馬同重量の800キロで、今季先着を許したアオノブラック、アアモンドグンシンが不在ともあって単勝は1.1倍と圧倒的な支持を集めました。19年のばんえいグランプリ初挑戦から2、3、3着と善戦のメジロゴーリキが2番人気。20年にこのレースを含む重賞3連勝を成し遂げたミノルシャープ、前走メジロゴーリキの2着だったマツカゼウンカイが人気で続きました。

 第1障害を最初に越えたのはメジロゴーリキで、インビクタ、ミノルシャープ、メムロボブサップが続きます。夕方に降った雨の影響で軽くなった馬場(馬場水分1.8%)で、前4頭は軽快に歩を進めます。第2障害手前でインビクタが抜け出すとそのまま先頭で障害下に到達。レース前半は44秒というペースで進みました。
 第2障害ではひと息入れてインビクタが最初に仕掛けますが、登坂途中で膝をついてしまいます。連れて仕掛けたなかからメムロボブサップがひと腰先頭でクリアすると、メジロゴーリキが2番手で通過。ミノルシャープが続き、少し離れてコマサンブラックが4番手で障害をクリアしました。
 先頭のメムロボブサップをメジロゴーリキとミノルシャープが追いかけますが、その差はなかなか縮まらず、メムロボブサップが押し切って勝利。懸命に食い下がったメジロゴーリキは2秒0差で2着。ミノルシャープは残り20メートルを過ぎたあたりで一杯になったものの立て直して3着。上位は障害通過順に人気順の結果となりました。

 勝ったメムロボブサップは、昨年に続いてファン投票1位に応えての連覇達成。今季はこれで8戦5勝、2着3回とまだ連対を外しておらず、6歳シーズンを迎えてさらに力をつけている印象。今後はより重量を課されることになりますが、引き続き重賞戦線で中心的存存在となりそうです。

成績はこちら
映像はこちら

阿部武臣騎手「ほっとしています。雨が降らない馬場のほうが良いかなと思っていたので、少し降ったのは気になりましたが、その後晴れてくれたので、軽くはなりましたが、我慢して息を入れていけばなんとか勝てるなと思っていました。軽い馬場とはいえ、800キロと簡単にはいかない重量なので、先行していったのですが、余分に息を入れて道中行くことができたので、障害は楽に越えることができてよかったです。狂いなく今年度も1着2着ばかりの成績なのでこんな馬は珍しいと思います」

ばんえいグランプリ 予想結果

今週は3名が的中!

今年度の予想対決第7Rはばんえいグランプリ。障害をひと腰先頭で越えたメムロボブサップが断然人気に応えてこのレース連覇を達成。予想対決は6人全員がメムロボブサップ本命でしたが、3着ミノルシャープの有無で明暗が分かれました。

須田:3連単1500円的中! 収支+9,450円
目黒:3連単1000円的中! 収支+4,300円
矢野:ワイド1000円2点的中! 収支-2,800円

【集計】投資額 6,000円×7R=42,000円

 荘司  +52,180円
 矢野  +15,100円
 目黒  -18,520円
 赤見  -20,700円
 須田  -26,550円
 斎藤  -34,420円
---------------------------------------
 紅組  +12,960円
 白組  -45,870円

8/14ばんえいグランプリ予想 荘司典子

2022年8月14日(日)

メムロボブサップの相手探し

 今年もファン投票1位のメムロボブサップ。人気に応えた昨年、5歳馬による勝利は2002年ヒカルセンプー以来19年ぶりとなる快挙でした。今年は連覇のかかる戦いとなりますが、昨年以上に視界良好。ここは相手探しの一戦でしょう。点数はある程度絞らないといけませんね。あ、ちなみにヒカルセンプーは翌2003年も勝って連覇しています。

 相手筆頭はメジロゴーリキ。ばんえいグランプリは2019年2着、2020年3着、2021年も3着と毎年上位争いをしているベテランホース。今年3月ついにばんえい記念を制したのち、ここに来て調子を上げてきた印象なので馬券圏内に期待。

 同世代ワンツースリーとなった旭川記念でメムロボブサップ、アオノブラックに次ぐ3着に健闘したインビクタ。前走、メジロゴーリキの2着だったマツカゼウンカイ。5歳世代からカイセドクターまでおさえて。

 馬券はメムロボブサップを1着に固定して3連単で勝負したいと思います。

◎6 メムロボブサップ
○3 メジロゴーリキ
▲4 インビクタ
△1 マツカゼウンカイ
△8 カイセドクター

3連単
6→3→1,4,8 各1000円
6→1,4,8→3 各1000円 計6000円

8/14ばんえいグランプリ予想 矢野吉彦

2022年8月13日(土)

メムロボブサップ軸にヒモ荒れ期待

 いやぁ、ばんえいはワイド総流しに限りますなぁ。この私が5戦続けて当てるなんて、前代未聞のことですよ。しかも前回はまたしても単独的中。本人がいちばん驚いています。
 さて、今回はばんえいグランプリ。何度「ズルい」とか「セコい」とか言われても、メムロボブサップからのワイド総流しにしちゃいます。

 同馬の4月からばんえいグランプリ前までの着順を、去年と今年で比較してみました。去年は42123222、今年は1212211。昨年は2着が多かったのですが、それでもばんえいグランプリはしっかり勝ちました。今年はすでに4勝。同じようなメンバーと戦っているので、ここで大崩れすることは考えにくいですよね。800㎏の重量なら、障害で失敗することもないんじゃないかと。なので、同馬を軸馬にするしかないでしょう。

 問題は資金配分ですが、メムロボブサップからのワイド総流しじゃあ、"トリガミ"も覚悟。そのへんは何とぞご容赦ください。とりあえず、印を付けた馬に1000円ずつ、あとの2頭に500円ずつとしておきます。どうか"ヒモ荒れ"になりますように。

 でもねぇ、みんながこれで間違いないと思ったときに、とんでもないことが起きるものなんですけどね(そんなこと、書かなきゃいいのに)。では、今回はこのへんで。

◎6 メムロボブサップ
○4 インビクタ
▲1 マツカゼウンカイ
△3 メジロゴーリキ
△5 ミノルシャープ
△8 カイセドクター

ワイド
6-1,3,4,5,8 各1000円
6-2,7    各500円  計6000円

123
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.