ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2021年9月 | メイン

2021年10月 アーカイブ

12

10/17ナナカマド賞回顧

2021年10月18日(月)

キングフェスタが断然人気に応え快勝

 10月17日(日)には重賞・ナナカマド賞(2歳オープン)が行われ、単勝1番人気のキングフェスタが優勝。障害2番手から抜け出す快勝で世代最初のタイトルを奪取しました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.クリスタルコルド(570) 23.4
 2.サツキヤッテマレ(550) 25.9
 3.ツガルノヒロイモノ(570) 34.4
 4.ピュアリーナナセ(550) 55.8
 5.ヘッチャラ(580) 4.9
 6.ヤマカツエース(570) 9.7
 7.キングフェスタ(580) 1.3
 8.キョウエイハンター(580) 26.0
 9.シンエイアロイ(550) 49.9
 10.ジェイホースワン(570) 22.8

 今季デビューした2歳馬による初めての重賞にフルゲート10頭がエントリー。中心となったのはキングフェスタ。ここまで牡馬の前哨戦、青雲賞を勝利するなど9戦7勝の実績は断然で、単勝1.3倍と高い支持を集めました。青雲賞を含め近2走ともにキングフェスタの2着ヘッチャラが2番人気で続き、青雲賞不出走もデビューから4着以内を外していない堅実ヤマカツエースまでが単勝ひと桁台の人気となりました。

 第1障害を最初に越えたのはシンエイアロイでしたが、ツガルノヒロイモノやクリスタルコルドも差がなく先行。ヘッチャラが続き、キングフェスタも位置取りを上げてきます。ピュアリーナナセが少し置かれますが、前はほとんど横一線で、先頭が入れ替わりながら進み、わずかにシンエイアロイが先頭で第2障害下に到達。レース前半は42秒というペースでした。
 ひと息入れたシンエイアロイが最初に仕掛けると、連れてツガルノヒロイモノ、ジェイホースワン、サツキヤッテマレも登坂を開始。その中でジェイホースワンが先頭で障害を通過すると、ほとんど差なくキングフェスタもクリア。その後はヘッチャラ、ヤマカツエース、クリスタルコルドの順で続きます。
 障害を越えた後の脚色が良かったキングフェスタがすぐに先頭に立つと、残り30メートルあたりから後続との差を広げにかかります。ヘッチャラとヤマカツエースが食い下がりますが、最後まで力強い伸び脚を見せたキングフェスタが先頭でゴール。2着争いは接戦となりましたが、障害を越えた後すぐに2番手に浮上したヘッチャラがヤマカツエースをコンマ5秒差で振り切り、上位3頭は人気順の決着となりました。

 勝ったキングフェスタの母は、2015年のヒロインズカップを制したクインフェスタ。半兄には現5歳のコマサンエースがいる良血で、素質の高さをアピールする結果となりました。
 これで通算8勝とすでに世代で頭ひとつ抜けた存在となっており、今後も順調なら残る二冠も当然最有力となるでしょう。

成績はこちら
映像はこちら

鈴木恵介騎手「2連勝してずっと調子の良い状態で今日を迎えられて良かったです。昨日雨が降りましたが、昨日よりはそれほど時計の速い馬場にならなかったのが余計良かったと思います。道中びっくりして横に逃げた場面もありましたが、それでも上手く修正できて、障害も上手で、降りてからも余裕があるくらい頑張ってくれました。降りた瞬間に止まらなければ勝てると思っていました。血統も本当に良くて、馬も真面目で、これからが凄い有望な馬だと思っています。今のところは若い面が少し出るくらいですが、これから年を取れば落ち着いて、いずれオープン馬になれるような馬だと思います」

ナナカマド賞 予想結果

今週は4名的中も堅い決着

今年度の予想対決第11Rはナナカマド賞。断然人気のキングフェスタが障害2番手から抜け出して快勝。予想対決は4名が的中も、2着に2番人気のヘッチャラ、3着に3番人気のヤマカツエースと上位人気3頭での決着により、収支は全員マイナスという結果になりました。

目黒:3連単600円的中! 収支-720円
荘司:3馬複500円的中! 収支-3,700円
斎藤:3連単200円的中! 収支-4,240円
赤見:3連単100円的中! 収支-5,120円

【集計】投資額 6,000円×11R=66,000円

 須田  +26,800円
 斎藤  +21,110円
 目黒  -3,270円
 荘司  -15,940円
 矢野  -22,560円
 赤見  -28,960円
---------------------------------------
 白組  +25,350円
 紅組  -48,170円

10/17ナナカマド賞予想 荘司典子

2021年10月16日(土)

キングフェスタ中心だがキョウエイハンターにも期待

 9月の2歳牡馬オープン青雲賞で1~3着だったキングフェスタ、ヘッチャラ、キョウエイハンターの3頭が今回重量580kg。有力馬が同斤量ならばここまでの戦歴からキングフェスタが実績通りに勝ち負けを演じるのではないでしょうか。

 とはいえ成長途上の2歳馬たちゆえ一筋縄では決まらない予感もします。ということで逆転候補筆頭にキョウエイハンターをあげてみます。前走10月3日のレースは1着3枠3番キングフェスタ、2着1枠1番ヘッチャラと内側の力上位馬で決着。キョウエイハンター自身は8枠9番で9着。「気持ちが乗らなかった」と陣営のコメントにもある通り力負けではない印象です。今回キングフェスタのとなりの枠というのはこの馬にとって好材料。力のある馬が近くにいると一緒に伸びてくるという形は、ばんえい競馬で度々見かけるシーン。前走の巻き返しに期待します。

 若駒の重賞で不確定要素もある今回は3連複のフォーメーションで勝負してみたいと思います。

◎7 キングフェスタ
○8 キョウエイハンター
▲5 ヘッチャラ
△4 ピュアリーナナセ
△6 ヤマカツエース
△10 ジェイホースワン

3連複
7,8-5,10-4,6,8,10 各500円 計6000円

10/17ナナカマド賞予想 須田鷹雄

実績抜けているキングフェスタ

 ここはこれまでの実績が抜けている◎キングフェスタでいいだろう。デビュー時884キロだった馬体も使われるごとに成長して前走は936キロ。930キロ台に乗せてきた前々走と前走が強い内容で、ここも突破すると見る。

 ◎に先着したこともある○ヘッチャラも同じ580キロで、他馬との10キロ差は◎にとって問題にはならない。本来なら2着も○で決まりと言いたいところだが、厩舎コメントを見る限り状態万全とまではいかないようなので、ならば2、3着がこじれて配当が伸びる形を期待したい。

 ▲シンエイアロイの前残りや馬格のある☆クリスタルコルドあたりの食い込みに期待したい。

◎7 キングフェスタ
○5 ヘッチャラ
▲9 シンエイアロイ
☆1 クリスタルコルド
△2 サツキヤッテマレ
△8 キョウエイハンター

3連単1着固定
7→1,2,5,8,9 各300円 計6000円

10/17ナナカマド賞予想 赤見千尋

実力あるキングフェスタを信頼

 いよいよ2歳重賞ナナカマド賞です。
 デビューから9戦7勝と勝ち星を重ねて来たキングフェスタが本命。
 青雲賞ではこれまでで一番重い545キロを曳いて勝利。これまでの経験にプラス20キロという重量増でしたが、まったく問題なかったですね。今回は580キロということで、一気に35キロのプラス。前走からは40キロのプラスになります。けっこう厳しい条件ですが、使いながら体が成長しているし、他の馬たちにとっても楽な条件ではないですから、実力のあるこの馬が勝ち切ってくれるのではないかと期待します。

 対抗はヘッチャラにしました。
 勝ち星としてはここまで3勝で、7勝しているキングフェスタと差がついてしまいましたが、2着が4回と安定感がある馬です。
前走は5キロ差があってもキングフェスタに負けてしまいましたが、他の馬たちとの力差はあると考えます。

 2走前の勝ち方が印象的だったヤマカツエースは着実に力を付けている印象です。

 いちい賞で大穴を開けたサツキヤッテマレ、2歳A-1組を勝ったクリスタルコルドまで。

◎7 キングフェスタ
○5 ヘッチャラ
▲6 ヤマカツエース
△8 キョウエイハンター
△2 サツキヤッテマレ
△1 クリスタルコルド

3連単1頭軸マルチ
7⇔1,2,5,6,8 各100円 計6000円

12
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.