ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2019年4月 | メイン

2019年5月 アーカイブ

123

今週の見どころ(5/18~5/20)

2019年5月16日(木)

 5月19日(日)のメインには、3歳以上牝馬による準重賞・カーネーションカップが組まれています。牝馬二強といわれてきたキサラキク、セイコークインが引退、休養で不在。さらには2月の重賞・ヒロインズカップを制したタイキンの名前もありませんが、重賞4勝を挙げている強豪4歳ミスタカシマの牝馬オープン初挑戦は話題になりそうです。

【第3回開催1日目】
 5月18日(土)のメイン第10レースは、五月雨特別(A2級-1組・20:10発走予定)
 ◎フクトクは、今季初戦でコウリキの2着、2戦目でキンメダルの3着と、オープンからの降級馬と僅差の戦いをしています。近走の村上章騎手でも結果を出していましたが、今回は主戦の藤野俊一騎手に乗替わり。強敵不在のこのメンバーならひと押しききそうです。
 ○サクラダイチは、近2走、フクトクよりも先に障害を越え踏ん張れずも、際どい勝負。障害巧者だけに、ここも積極策に出てプレッシャーを与え、ペースを乱せば、逆転も十分でしょう。
 ▲コウシュハレガシーは、前走のすずらん賞(4歳オープン)を逃げ切り勝ち。2番手で障害を越えた格上A1級のキタノユウジロウをあっさり突き放す完勝で、勢いを感じます。引き続き650キロなら障害もスムーズにまとめてきそうです。
 鈴木恵介騎手に乗替わる△ホクショウメジャー、特別戦でも660キロならスピードを生かせる△カネゾウが続きます。

【第3回開催2日目】
 5月19日(日)のメイン第10レースは、準重賞・カーネーションカップ(3歳以上牝馬オープン・20:10発走予定)
 オープン680キロから1重量格ごとに10キロ加減する別定重量で、オーブン・ミスタカシマ(4歳10キロ減)、A1級・ナカゼンガキタの670キロから、B1・B2級・サンシルクラポピー(4歳10キロ減)の640キロまで最大30キロのハンデ差がつきます。
 ◎ミスタカシマは、オープン格付となった今季初戦のスプリングカップで5着と善戦。オープンのペースでも置かれずに追走し、ひと腰4番手から、オレノココロに差されたものの、重賞並みのメンバーで見せ場を作りました。4歳と若くても経験値は高く、格下相手の牝馬限定戦なら勝ち負け必至。
 同じ4歳○サンシルクラポピーは、年明けから、シーズンをまたぎ14戦して6勝、2、3着各3回、5着2回と充実。兄オイドン譲りの末脚が開花しつつあります。格下B2級とはいえ、最軽量ハンデは魅力。同世代の女王を苦しめるシーンがあっても不思議なし。
 ▲ナカゼンガキタも侮れません。昨季行なわれた古馬牝馬重賞・準重賞では、カーネーションカップ2着、12月のレディースカップ1着、2月のヒロインズカップ3着。今回のメンバーには先着を許していません。4歳両馬の挑戦を受けて立つ立場となります。
 △ヤマノホシは、A2格付から挑んだヒロインズカップでは3番人気で4着。今季B1へ降級したため、当時同重量だったナカゼンガキタより20キロ軽くなるのは有利です。逃げ粘りには警戒したいところ。

【第3回開催3日目】
 5月20日(月)のメイン第10レースは、とかち皐月賞(3歳オープン・20:05発走予定)
 A1級・650キロから1重量区分ごとに10キロ加減する別定重量で、A2級のアオノブラックが640キロ、B1級のギンノダイマオーが630キロ、B4級の5頭が600キロ、紅一点のB3級・ジェイカトレアの590キロまで、最大50キロのハンデ差がつきます。
 3月に実施された重賞・イレネー記念の勝ち馬メムロボブサップは不在ですが、同2~6着馬に、8、10着馬が参戦しています。
 注目は、イレネー記念3着の◎アオノブラック。12月の重賞・ヤングチャンピオンシップで、ギンノダイマオーとのマッチレースを制すと、昨季ラストの若草特別(3歳牡馬オープン)では逃げ切り楽勝しています。A2スタートの今季は2戦とも馬券圏内に届いていませんが、障害では崩れておらず通用の力を示しています。今回は好相性の世代限定戦で、トップハンデでも中心視できます。
 ○ギンノダイマオーは、2歳シーズン三冠ですべて2着と、ひと押し不足に泣きました。今回と重量的に近い若草特別では4着も、アオノブラックとの重量差が5キロから10キロに広がることで接戦に持ち込めそうです。
 ▲アオノゴッドは、イレネー記念4着、若草特別3着。テンに遅い面はあるものの、障害を降りてからはしぶとい脚を使っています。2着争いが接戦となった若草特別のような展開なら浮上してきそう。
 その他、今季3戦3勝△インビクタ、スピードある△ジェイエース、決め手ではアオノゴッドをしのぐサクラドリーマーら好調馬が揃い好レースが期待できます。

今週の見どころ(5/11~5/13)

2019年5月 9日(木)

 今週からいよいよ2歳戦がスタート。新馬戦が3日間で5レース組まれており、4月14日に行われた第1回能力検査を突破した若駒たちが続々とデビューを迎えます。一番時計の2分10秒4をマークしたキョウエイリュウ(牡・村上慎一厩舎・父カネサテンリュウ)は、13日(月)第3レースに出走予定です。

今週のイベントはこちら
 
【第2回開催4日目】
 5月11日(土)のメイン第10レースは、菖蒲特別(B2級-1・2組決勝・20:10発走予定)。5月4日(祝・土)のB2級-1組、5月5日(祝・日)のB2級-2組の上位馬による決勝戦ですが、両レースの勝ち馬は出走せず。4頭が出走を回避し、繰り上げ出走のオーシャンスターを加えた7頭立てで行われます。
 ◎ミノルシンザンは、前走B2級-2組では、障害5番手通過から差し届かずの3着でしたが、2着カクセンキングとはコンマ5秒差。障害もしっかりとひと腰でまとめていただけに、決め手が生きる展開なら勝ち負け十分でしょう。
 ○ムサシブラザーは、前走B2級-1組では、同型の先行馬が揃っていましたが、障害をひと腰先頭で通過。すぐ後続に交わされましたが、脚色は衰えず勝ち馬とは3秒7差の4着なら上々の内容と言えるでしょう。1、2着馬不在の今回は前進必至です。
 同じ前走を3着▲サダノワークスは、ムサシブラザーとほぼ同時に障害をにクリアし、粘りを発揮しています。決め手比べでは分が悪いだけに、障害を早めにクリアできれば出番はあるでしょう。
 △カクセンキングは、前走B2級-2組では、障害ふた腰でしたが、上々の末脚を見せて2着を確保。今回も障害次第にはなりますが、スムーズに通過できれば好勝負になりそうです。

【第2回開催5日目】
 5月12日(日)のメイン第10レースは、さつき特別(オープン・A1級混合・20:05発走予定)。ソウクンボーイ、カネサスペシャルがオープン格付け、他6頭がA1格付けによる8頭立てで行われます。
 ◎コウリキは、前走ミズバショウ特別(A2級-1組混合)では、障害をひと腰で越えると、そのまま押し切る好内容で勝利。今回はA1昇級初戦になりますが、この馬以外、前走が着外というメンバー構成だけに、勢いで連勝に期待です。
 ○アサヒリュウセイは、青葉特別(A1級混合)では、第2障害までに86秒かかりましたが、障害はふた腰でまとめると出走メンバー中最先着の6着に入ってます。今回のメンバー構成なら力量上位だけに上位争い十分でしょう。
 ▲タカラシップは、同じ前走で7着。同型が強力で自分の競馬に持ち込めなかったものの、前走の上位馬が不在の今回はある程度の位置で流れに乗れそう。巻き返しに期待です。
 それぞれ前走は障害で苦戦し大敗した2頭、先行力がある△トレジャーハンター、相手関係が有利になる△カネサスペシャルにもチャンスはありそうです。

【第2回開催6日目】
 5月13日(月)のメイン第10レースは、スーパージョッキー賞(3歳以上選抜・20:10発走予定)。昨季のリーディング上位騎手がB級馬に騎乗し争います。
 ◎ジェイコマンダーは、今季初戦の前走B1級-3組では、登坂途中で止まりましたが、ふた腰3番手通過から抜け出して勝利。今回は特別戦ですが、通常の規定重量から20キロ増ではなく、10キロ増の630キロなら障害への不安もなく、ここでは力量上位だけに連勝に期待です。
 ○ヤマノホシは、前走B1級-1組で4着とはいえ、障害をひと腰先頭通過とこの馬の競馬はできていました。ここは相手緩和となるだけに持ち前の先行力で粘り込み十分でしょう。
 ▲ショウヘイは、前走B1級-2組では、障害をひと腰先頭通過から押し切って勝利。2着ニシノキングとの1秒0という着差以上に強さを感じさせました。決め手を欠く面はあるものの、障害を早めにクリアできればチャンスはありそうです。
 その△ニシノキングは、前走では差し届かずも、能力的に差はありません。今回は大外枠に入りましたが、障害次第で出番がありそうです。

5/5ばんえい十勝オッズパーク杯回顧

2019年5月 6日(月)

オレノココロが重賞最多勝記録更新!

 5月5日(祝・日)、シーズン最初の重賞・ばんえい十勝オッズパーク杯(4歳以上別定)が行われ、単勝では2番人気だったオレノココロが優勝。重賞通算22勝目となり、ばんえい競馬の重賞最多勝記録を更新しました。

 【出走馬】※馬名右の数字は単勝最終オッズ
  1.オレノココロ 2.6
  2.ゴールデンフウジン 6.4
  3.メジロゴーリキ 6.6
  4.コウシュハウンカイ 2.3
  5.マルミゴウカイ 25.2
  6.カンシャノココロ 99.0
  7.ミノルシャープ 15.2
  8.シンザンボーイ 74.3
  9.フナノクン 84.7

 古馬重賞戦線の中心的存在、コウシュハウンカイ、オレノココロの馬連複が2.6倍と、9歳2強に人気が集中。これに、チャンピオンカップを制してすでに古馬一線級相手のタイトルがあるメジロゴーリキ、そのライバル・ゴールデンフウジンの2頭が単勝一桁台で、新進気鋭の5歳勢が挑むという構図となりました。

 この日の馬場水分は1.3%で始まったものの徐々に乾いて第8レースから1.1%。レースではソリの後方に砂煙が上がるほど乾いた馬場での争いとなりました。
 歴戦の古馬にとっては710~720キロという比較的軽い重量だけに、第1障害はあっという間に通過。メジロゴーリキ、ゴールデンフウジンの5歳馬2頭がレースを引っ張り、やや離れてオレノココロ、コウシュハウンカイという有力2頭が続き、序盤から人気上位馬による争いの様相となります。
 各馬刻んで息を入れながらも、第2障害下にはメジロゴーリキ、ゴールデンフウジンがほぼ並んだまま先頭、63秒で到達。コウシュハウンカイ、オレノココロも続きました。
 最初に仕掛けたのはメジロゴーリキ。同じ720キロという重量で9歳2強を負かすには、先に障害を越えてどこまで行けるかという作戦でしょう。ひと腰で天板まで上げましたが、ソリが上がりかけたところで一瞬、止まります。その間に、オレノココロ、コウシュハウンカイも一気に障害を上がります。
 障害を先頭で降りたのはメジロゴーリキでしたが、ほとんど差なくオレノココロ、コウシュハウンカイが続きます。このタイミングで同重量では、平地の脚では2強にかないません。手前のコウシュハウンカイ、1番枠のオレノココロ、2頭がほとんど並んで、間のメジロゴーリキを並ぶ間もなく交わし去っていきます。
 さすがにこの重量ではゴール前の砂障害で詰まることもなく、あとは平地の脚比べ。じわじわと前に出たオレノココロが、コウシュハウンカイを振り切っての勝利となりました。
 3着争いは、やや脚色が鈍ったメジロゴーリキに、溜めて仕掛けたゴールデンフウジンがぐいぐいと差を詰めてきます。しかしメジロゴーリキも並びかけられてからは譲りません。2頭まったく並んでのゴールは、写真判定の結果、メジロゴーリキがわずかに先着していました。
 4着のゴールデンフウジンから20秒以上遅れて5着はカンシャノココロ。人気を集めた9歳2強に、5歳の実績馬2頭が、期待にこたえて見せ場をつくった一戦でした。なお6歳世代ナンバー1のマルミゴウカイは見せ場をつくれず8着でした。

 勝ったオレノココロは、ばんえい十勝オッズパーク杯は2015、16年に続いて3勝目。そして冒頭にも記したとおり重賞は通算22勝目。昨シーズンの帯広記念を勝って、カネサブラックによる21勝というばんえい重賞最多勝記録に並んでいましたが、これで単独トップに立ちました。今シーズンは、この記録をどこまで伸ばせるかが注目となりそうです。

成績はこちら
映像はこちら

鈴木恵介騎手「令和最初の重賞を獲れてほんとに嬉しいです。けっこう流れは速くなったと思うんですけど、道中の手応えはよかったので、先手の位置に行けたと思います。馬場は重いんですけど、第1回開催と比べたらだいぶ落ち着いてきたと思います。障害はちょっと不安なところもあるので、それでも今日はけっこう楽に上がっていきました。降りてからの脚があるので、降りたときはだいたい行けたかなと思いました。まだ(今シーズン)始まったばかりなので記録は伸ばせると思います」

ばんえい十勝オッズパーク杯 予想結果

2019年度予想対決の開幕

第13回ばんえい十勝オッズパーク杯から始まった今年度の著名人予想対決。
レースは、昨年度のばんえい記念で2着惜敗だったオレノココロが障害を降りて先頭に立つとそのまま押し切って勝利。ばんえい十勝オッズパーク杯3勝目を挙げました。
固い決着ともあって4名が3連単を的中。なかでも荘司さんが3連単を3点で仕留め高額の払い戻しになりました。

荘司:3連単2000円的中! 収支+31,800円
須田:3連単800円的中! 収支+9,120円
目黒:3連単500円的中! 収支+3,450円
矢野:3連単100円的中! 収支-4,110円

 荘司  +31,800円
 須田  +9,120円
 目黒  +3,450円
 矢野  -4,110円
 斎藤  -6,000円
 赤見  -6,000円
---------------------------------------
 紅組  +29,250円
 白組  -990円

5/5ばんえい十勝オッズパーク杯予想 矢野吉彦

2019年5月 4日(土)

新時代初重賞は気分を変えて3連単ボックスで

 どうも。また今季もお世話になります。時代が令和に変わっても、私の馬券運が激変することはないと思うので、過度な期待をしないよう、よろしくお願いします。

 とはいえ、せっかく新しい時代になったわけですから、今までと違うことにチャレンジしてみましょうか?どうするかというと、全レースで3連単5頭ボックスを買ってみるのです。下手に軸馬を決めたり、買い方を変えたりするからよくないのかもしれません。終始一貫、同じ買い方を続けたらどうなるのか?順位争いは別として、実験してみるのもおもしろいと思うんですけど・・・。

 「勝手にしろ」って?じゃぁ、そうさせていただきます。ばんえい十勝オッズパーク杯は、コウシュハウンカイ、マルミゴウカイ、オレノココロ、メジロゴーリキ、ゴールデンフウジンの5頭にしました。ばんえい公式サイトの予想ではシンザンボーイまで印をつけましたが、これは買い目から外します。また、前走で2着に健闘したミノルシャープも切っちゃいました。これが吉と出るか凶と出るか・・・。

 もちろん、◎○▲の3頭で決まったら"トリガミ"になることは覚悟の上。今後もそういうことがあると思いますが、どこかでデカイのが当たれば、と目論んでいるところです。

 まずは新たなチャレンジのスタート、"トリガミ"でもいいから当たってくれませんかね。では、今回はこのへんで。

◎4 コウシュハウンカイ
○5 マルミゴウカイ
▲1 オレノココロ
△3 メジロゴーリキ
△2 ゴールデンフウジン
△8 シンザンボーイ

3連単ボックス
1,2,3,4,5 100円 計6000円

123
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.