ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2021年5月 | メイン

2021年6月 アーカイブ

123

6/20北斗賞回顧

2021年6月21日(月)

キタノユウジロウが古馬重賞初制覇

 6月20日(日)には重賞・北斗賞(3歳以上オープン)が行われ、単勝7番人気のキタノユウジロウが優勝。障害先頭通過からしぶとく粘り込みました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.ミノルシャープ(770) 7.9
 2.メムロボブサップ(780) 2.6
 3.マツカゼウンカイ(770) 41.0
 4.キタノユウジロウ(770) 11.3
 5.コウシュハレガシー(770) 140.4
 6.アアモンドグンシン(770) 4.4
 7.アオノブラック(790) 11.1
 8.ウンカイタイショウ(780) 6.4
 9.メジロゴーリキ(770) 51.1
 10.センゴクエース(770) 7.1

 単勝1番人気に推されたのはメムロボブサップ。2~4歳シーズンで八冠を達成しており、ばんえい十勝オッズパーク杯を制した同世代のライバル・アオノブラックより10キロ軽い今回こそはと高い支持を集めました。昨年のこのレース2着で、前走オープン・A1混合を勝利したアアモンドグンシンが2番人気。今季4戦4勝のウンカイタイショウ、休み明け2走目のセンゴクエースと続き、7番人気のキタノユウジロウでも11.3倍と混戦模様となりました。

 第1障害を越えて先頭に立ったのはアアモンドグンシンで、メムロボブサップ、メジロゴーリキらが追走。馬場水分2.8%で、雨も降る軽い馬場状態の中、先行馬は軽快に歩を進め、中間点を過ぎたあたりではややばらけた展開となりました。第1障害最後方から位置取りを上げたウンカイタイショウ、アアモンドグンシンらが先頭で第2障害下に到達。前半は49秒というペースでした。
 まずメムロボブサップ、ウンカイタイショウがほとんど同時に第2障害を仕掛けますが、ともに登坂途中でひと息。3番手で仕掛けたキタノユウジロウがなんとかふた腰先頭で通過し、差なくミノルシャープ、メムロボブサップがクリア。4番手以降はやや離れ、メジロゴーリキ、マツカゼウンカイの順で続きました。
 前3頭のうち、残り30メートルでミノルシャープが一杯に。替わって追い上げてきたマツカゼウンカイが2番手まで押し上げますが、キタノユウジロウが最後まで止まることなく押し切って勝利。マツカゼウンカイは離れた8番人気でしたが、1秒4差の2着と健闘。1番人気のメムロボブサップはさらに2秒6差で3着でした。

 勝ったキタノユウジロウは、19年のはまなす賞、銀河賞に続く重賞3勝目で、古馬重賞初制覇。昨季終盤には帯広記念で僅差の3着、ばんえい記念では2着と高重量戦で能力を発揮しましたが、シーズン前半の軽量戦からその力を遺憾なく発揮しました。
 怪我で療養していた松田道明騎手は復帰後最初の重賞で見事勝利。人馬ともに今後の活躍に期待です。

成績はこちら
映像はこちら

松田道明騎手「勝とうと思って頑張りました。(レースプランなどはなく)馬なりに進めました。(この馬のいいところは)エサをよく食べるところです」

北斗賞 予想結果

今週は的中者なし

今年度の予想対決第3Rは北斗賞。単勝7番人気のキタノユウジロウが逃げ切って勝利し、障害5番手から差を詰めた8番人気のマツカゼウンカイが2着。人気薄での決着ともあり、予想対決の的中者はなしという結果となりました。

【集計】投資額 6,000円×3R=18,000円

 須田  +17,600円
 斎藤  +12,000円
 荘司  +3,160円
 矢野  -5,820円
 赤見  -11,440円
 目黒  -12,750円
---------------------------------------
 白組  +23,780円
 紅組  -21,030円

6/20北斗賞予想 荘司典子

2021年6月20日(日)

今度はメムロボブサップの番!

 メムロボブサップとアオノブラックは今後のばんえい競馬古馬重賞戦線の中心的存在になっていく5歳馬2頭。5月のばんえい十勝オッズパーク杯では1着アオノブラック、2着メムロボブサップ。続くさつき特別では負担重量に10kgの差がついて1着メムロボブサップ、2着アオノブラック。おそらくこれから数年はこのライバル対決が続くであろう、いや続いて欲しい!という願望を込めて見守っていきたい世代トップの双璧。今回はさつき特別同様にアオノブラックより10kg軽いメムロボブサップが古馬重賞タイトル奪取の可能性大とみて本命にしました。

 とはいえシーズンが進んできて徐々に年上勢もエンジンがかかってきたところ。770kgの経験値が高く、昨年2着のアアモンドグンシン。久しぶりに松田道明騎手に戻るキタノユウジロウ。今季初戦の前走、第二障害をすんなり越えたセンゴクエース。そして790kgを克服できればあっさりもあるアオノブラック。

 本来ならばメムロボブサップを1着固定にした3連単を買いたいところですが、今回は天候も崩れる予報で馬場状態も不確定要素が多く、前日予想のこの勝負では3連複で買いたいと思います。

◎2 メムロボブサップ
○6 アアモンドグンシン
▲4 キタノユウジロウ
△7 アオノブラック
△10 センゴクエース

3連複
2-4,6,7,10 各1000円 計6000円

6/20北斗賞予想 矢野吉彦

2021年6月19日(土)

昨年2着アアモンドグンシンが軸

 わずか2戦を終わっただけですが、ほぼチャラの私。これはこれで上出来です。臨機応変の買い方に戻した今季は、こんな感じでジワジワ行きたいと思います。

 では北斗賞。ここはアアモンドグンシンを軸にしてみました。去年のこのレースでミノルシャープの2着に敗れましたが、1コースの第2障害で膝をついてから立て直してのもの。スンナリなら勝っていたかもしれません。
 今回はミノルシャープのほうが1コースに入りましたから、2頭の比較からもアアモンドグンシンのほうを上と見ます。

 相手候補としてメムロボブサップやキタノユウジロウなどに印を打ちました。でも、ペースが速くなりそうなので、有力馬が勝ちに行って、障害で思わぬ苦戦を強いられてしまう危険性もはらんでいるような気がします。

 となると、アッと驚く大波乱になるかもしれません。アアモンドグンシンから強弱を付けて馬複とワイドの総流しをかけてみます。では、今回はこのへんで。

◎6 アアモンドグンシン
○2 メムロボブサップ
▲4 キタノユウジロウ
△1 ミノルシャープ
△7 アオノブラック
△10 センゴクエース

馬複
6-2,4 各500円
6-1,7,10 各200円
6-3,5,8,9 各100円
ワイド
6-2,4 各1000円
6-1,7,10 各400円
6-3,5,8,9 各200円 計6000円

6/20北斗賞予想 須田鷹雄

今回も5歳馬2頭が中心

 ばんえい十勝オッズパーク杯は先に下りたアオノブラックと、ふた腰になっても下りてからの脚が違ったメムロボブサップの5歳ワンツー。今回は上の世代にハンデ差を与えての一戦になる。

 ハンデが積まれたぶん今回は6歳以上馬に......と思ってしまうところだが、ここはもう一度5歳馬が勝つ前提で◎○とし、フォーメーションを組んでみたい。脚質的にこの2頭がいることでペースが上がるうえ、障害にチャレンジする順番もこの2頭が早めになる可能性は高い。ハンデのぶん2頭ともスムースに障害クリアとはいかない可能性はあるがどちらか片方はクリアしてもおかしくないし、そうなると他馬が差すのは大変だ。

 付き合う年長馬が何頭もあっさりのひと腰でまとめてこない限り、5歳馬のどちらかが生き残ると見ての馬券で。2着候補に内容良化の▲アアモンドグンシンと、ばんえい十勝オッズパーク杯の内容から☆キタノユウジロウ。3着は広めに取る。

◎7 アオノブラック
○2 メムロボブサップ
▲6 アアモンドグンシン
☆4 キタノユウジロウ
△1 ミノルシャープ
△9 メジロゴーリキ
△10 センゴクエース

3連単
7,2→7,2,6,4→7,2,6,4,1,9,10 各200円 計6000円

123
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.