ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2020年8月 | メイン

2020年9月 アーカイブ

123

9/20岩見沢記念回顧

2020年9月21日(月)

コウシュハウンカイが連覇達成

 9月20日(日)は重賞・岩見沢記念(3歳以上オープン)が行われ、単勝1番人気コウシュハウンカイが優勝。昨年に続いての逃げ切りで、見事連覇達成となりました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.メジロゴーリキ(820) 5.7
 2.ホクショウマサル(820) 2.8
 3.ソウクンボーイ(820) 91.0
 4.コウシュハレガシー(820) 37.5
 5.ミスタカシマ(810) 16.5
 6.ミノルシャープ(850) 競走除外
 7.コウシュハウンカイ(840) 2.2
 8.センゴクエース(820) 5.5

 このレース連覇を狙うコウシュハウンカイと重賞3連勝中のミノルシャープに人気が集まることが予想されましたが、ミノルシャープが競走除外に。これにより、コウシュハウンカイは事実上のトップハンデとなりましたが、単勝2.2倍で1番人気に支持されました。以下人気は、連勝中で復調がうかがえるホクショウマサル、実績上位のセンゴクエース、ばんえいグランプリ3着のメジロゴーリキの順で続きました。

 勢いよく第1障害をクリアしたメジロゴーリキが先行。ホクショウマサル、コウシュハウンカイ、センゴクエースらを離して逃げるかたちをとります。その後は各馬慎重に歩を刻み、後続も徐々に前との差を詰めます。メジロゴーリキが前半78秒というペースで最初に第2障害下に到達し、各馬がほぼ横一線のかたちで第2障害を迎えました。
 最初に仕掛けたのはセンゴクエースですが、膝を折って転倒。続いたメジロゴーリキも天板の手前で転倒。差なく仕掛けたコウシュハウンカイが力強く駆け上がりひと腰先頭でクリア。少し遅れてミスタカシマ、さらにコウシュハレガシーも続きますが、4番手以降は障害で苦戦。優勝争いはこの3頭に絞られました。
 後続に差をつけたコウシュハウンカイは、残り10メートル付近で脚いろが鈍り、淡々と歩いてきたミスタカシマが肉薄しましたが、最後まで止まることなく歩き切って先頭でゴール。ミスタカシマが2秒0差で2着。コウシュハレガシーはゴール手前で一杯になりましたが、立て直して3着に入りました。

 勝ったコウシュハウンカイは、5月のばんえい十勝オッズパーク杯以来となる今季重賞2勝目。通算では重賞15勝目となりました。今回は同世代のライバル・オレノココロが不在となったうえ、ミノルシャープも除外となりましたが、完勝といえる内容でした。
 藤本匠騎手は岩見沢記念7勝目、管理する松井浩文調教師は同8勝目となりました。

成績はこちら
映像はこちら

藤本匠騎手「ホッとしています。トップハンデになったので、上位(先行馬)に離されないように障害前に着いて、なんとかひと腰で越えればと思っていましたが上手くいきました。(流れが)思ったより速くなかったのでよかったです。この勝利を糧に次のレースも頑張りたいと思います」

岩見沢記念 予想結果

今週も的中者はなし

今年度の予想対決第9Rは、ミノルシャープが競走除外となり、単勝1番人気のコウシュハウンカイが逃げ切って連覇を達成。しかし、2、3着に伏兵馬が入ったことで的中者はなしという結果になりました。

赤見:返還4,000円 収支-2,000円
目黒:返還3,000円 収支-3,000円
斎藤:返還3,000円 収支-3,000円
須田:返還3,000円 収支-3,000円
矢野:返還2,400円 収支-3,600円
荘司:返還1,500円 収支-4,500円

【集計】投資額 6,000円×9R=54,000円

 須田  +19,790円
 荘司  +13,570円
 矢野  -20,750円
 斎藤  -21,830円
 目黒  -23,760円
 赤見  -24,400円
---------------------------------------
 白組  -23,790円
 紅組  -34,590円

9/20岩見沢記念予想 須田鷹雄

2020年9月19日(土)

態勢整うメジロゴーリキ

 絶好調の○ミノルシャープだが、ハンデ差が30キロレベルになると、そろそろ危ない気も。困ったときの▲コウシュハウンカイを軸にすることも考えたが、ばんえいグランプリの時より○とのハンデ差が10キロ有利になるにしても、他馬に与えるハンデということを考えると○と似た立場ではある。

 となると、ハンデを貰う側から◎を選ばねばならないが、復調しつつある☆ホクショウマサルにとって800キロ台はまだ克服したことのない世界。△センゴクエースは障害さえクリアすれば勝ち切ってしまうところまでありうるが、まだ障害を修正しきれていない状況で軸にはしづらい。

 ということで消去法ではあるが◎メジロゴーリキ。こちらは障害が修正されてきての一戦。○▲に割って入る前提の3連単で。

◎1 メジロゴーリキ
○6 ミノルシャープ
▲7 コウシュハウンカイ
☆2 ホクショウマサル
△8 センゴクエース

3連単
1→6,7→6,7,2,8 各500円
6,7→1→6,7,2,8 各500円 計6000円

9/20岩見沢記念予想 目黒貴子

実績馬センゴクエースの巻き返しに期待

 なかなか当たりませんねー。はまなす賞もハズレ。他のみなさんもハズレていることにホッとしてはいけませんね。1人だけ当たるくらいでいかないと...。とプレッシャーをかけて予想したいと思います。

 ベテランのトップクラスに堂々と勝利し充実一途のミノルシャープ。今回ももちろん◎といきたいところですが、トップハンデの850Kがネックに。最大40Kの差がどう出るかがポイントになりそうです。ということで、実績はあるのに今回斤量面で恵まれた馬を探すと、やはり◎センゴクエースとなるのではないでしょうか?一昨年ばんえい記念を制し、昨年度も2着とばんえい最大の舞台で結果を残しています。しかし今回は820K。ミノルシャープとは30Kもの差があります。確かに近走をみると障害に不安があったり端枠だったり、不安要素もありますが、この馬はいきなり走ってくるケースも多く、人気も下げそうな今回あえて狙ってみようと思います。

 ○にミノルシャープ。この斤量でも勝てるなら、相当強くなったということです。しばらくこの勢いは止まらないかもしれませんね。

 ▲はコウシュハウンカイ。常に安定した走りで、重賞でもほとんど馬券圏内を維持しています。ここも当然信頼できる存在ですね。

 ここ2戦でようやく「らしさ」が戻ってきた印象のホクショウマサルを△に。もう一頭△にメジロゴーリキを。今回は3連複で勝負します。

◎8 センゴクエース
○6 ミノルシャープ
▲7 コウシュハウンカイ
△1 メジロゴーリキ
△2 ホクショウマサル

3連複
8-1,2,6,7 各1000円 計6000円

9/20岩見沢記念予想 荘司典子

コウシュハウンカイとメジロゴーリキ2頭軸で勝負

 昨年の覇者コウシュハウンカイ。これまで岩見沢記念では2015年5着(2番人気)→2016年2着(1番人気)→2017年3着(2番人気)→2018年出走取消と、人気になりながらも手にできていなかったタイトルを昨年ついに奪取。10歳になった今季も8戦3勝【3-1-3-1】で馬券圏外は北斗賞の4着のみと抜群の安定感を発揮しています。昨年同様重量は840kgで、快進撃中のミノルシャープより10kg軽いのも好材料。このレース、過去にフクイズミが9歳と10歳で連覇(2010年と11年)していますが、それ以来の"連覇"も夢ではありません。

 昨年2着のメジロゴーリキ。今季の重賞では同期のミノルシャープにすべて勝たれていますが、こちらもこのままではいられない世代上位馬。斤量差と先行力を活かし、逆転のチャンス。

 重賞3連勝中のミノルシャープはもちろん無視できない存在。斤量差さえ克服できれば連勝をさらに伸ばす可能性十分。

 以下、一戦ごとに昨年の勢いを取り戻しつつあるホクショウマサル、5歳牝馬女王・ミスタカシマ、障害さえすんなりなら実績馬センゴクエースも無視できません。

 馬券は◎○の2頭を軸にした3連複で勝負します!

◎7 コウシュハウンカイ
○1 メジロゴーリキ
▲6 ミノルシャープ
△2 ホクショウマサル
△5 ミスタカシマ
△8 センゴクエース

3連複2頭軸流し
1,7-2,5,6,8 各1500円 計6000円

123
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.