ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2020年9月 | メイン

2020年10月 アーカイブ

123

10/18ナナカマド賞回顧

2020年10月20日(火)

世代最初の重賞ウイナーはアバシリサクラ

 10月18日(日)は重賞・ナナカマド賞(2歳オープン)が行われ、単勝4番人気のアバシリサクラが優勝。前走に引き続き、決め脚を生かしての勝利で世代最初のタイトルを奪取しました。

【出走馬】※カッコは負担重量、右の数字は単勝最終オッズ
 1.シュトラール(570) 64.6
 2.シンエイアロー(550) 12.1
 3.ショウワノチカラ(570) 137.3
 4.リアンドノール(570) 96.2
 5.レッツゴーリータン(550) 30.6
 6.キタノダンディ(570) 18.6
 7.アルジャンノオー(580) 2.6
 8.フクフクライデン(570) 4.8
 9.ネオキングダム(570) 3.4
 10.アバシリサクラ(550) 5.8

 青雲賞を勝利するなどデビューから7戦5勝のアルジャンノオーがトップハンデながら単勝2.6倍で1番人気に。青雲賞で僅差2着のネオキングダムが3.4倍の2番人気で続き、青雲賞3着のあと2歳A級-2組を勝利したフクフクライデン、前走を抜群の決め脚で差し切った牝馬アバシリサクラまでが単勝ひと桁台の人気と、上位拮抗の様相になりました。

 第1障害を勢いよく越えたアバシリサクラが先行しますが、中間点を過ぎたあたりでレッツゴーリータンが先頭に。シンエイアロー、ネオキングダム、キタノダンディらが続きます。後続もそれほど離れることはなく、前半からスピード感のある展開となりました。先頭で第2障害下に到達したのはレッツゴーリータンで、ここまで50秒というペースでした。
 最初に障害に仕掛けたのはシンエイアローでそのまま先頭でクリアすると、ネオキングダムとシュトラールも差なく通過。レッツゴーリータン、アバシリサクラ、アルジャンノオーらもひと腰で障害をクリアし混戦になります。
 その中で、1頭だけ違う脚で伸びてきたのがアバシリサクラ。残り30メートル手前で先頭に立ちます。これにネオキングダムが食い下がると、残り20メートルを過ぎてからは2頭の一騎打ちに。激しい叩き合いとなりましたが、ゴール前で振り切ったアバシリサクラが勝利。ネオキングダムは止まりかけながらも、粘りを見せて2着。3着にはしぶとく脚を伸ばしたレッツゴーリータンが入りました。

 勝ったアバシリサクラは、牝馬として17年ミスタカシマ以来、3年ぶり5頭目となるナナカマド賞制覇。その切れ味十分の差し脚は先々のレースでも武器となるでしょう。また、今シーズンここまで重賞11戦のうち、島津新騎手が6勝。人馬とも今後の活躍に注目です。

成績はこちら
映像はこちら

島津新騎手「障害に重点を置いて、降りてからは歩ける馬なので信じて乗りました。馬場も軽めで流れも落ち着いていました。(550キロの重量について)9月のいちい賞で障害を失敗していたので心配はあったのですが、馬を信じました。残り20メートルくらいから少し苦しいなと思いましたが、なんとかゴールまでもたすことができてよかったです。(自身今季重賞6勝目について)チャンスのある馬に乗せていただいているので調教師さん、馬主さんに感謝しています」

ナナカマド賞 予想結果

2020年10月19日(月)

今週は的中者なし

今年度の予想対決第11Rは、単勝4番人気のアバシリサクラが障害5番手通過から一気の脚で先頭に立つとそのまま押し切って勝利。予想対決は3着に7番人気のレッツゴーリータンが入り、1番人気のアルジャンノオーが9着に敗れたことで的中者はなしという結果となりました。

【集計】投資額 6,000円×11R=66,000円

 荘司  +24,170円
 須田  +7,790円
 斎藤  -22,530円
 赤見  -29,200円
 矢野  -30,490円
 目黒  -35,760円
---------------------------------------
 紅組  -40,790円
 白組  -45,230円

10/18ナナカマド賞予想 須田鷹雄

2020年10月17日(土)

前走快勝でアバシリサクラ

 ナナカマド賞は基本的に格の通りに買いたいのだが、▲アルジャンノオーと◎アバシリサクラの差は前走を考えると◎を取りたいところ。
 ただ◎が10コースということで、1着固定決め打ちはちょっと怖い。○フクフクライデンと△ネオキングダムで悩んだが、鈴木恵介騎手に戻る魅力からフクフクライデンの方を取った。

 馬券はこの4頭の範囲で決まると考えて、絞った3連単で。

◎10 アバシリサクラ
○8 フクフクライデン
▲7 アルジャンノオー
△9 ネオキングダム

3連単
10,8→10,8,7,9→10,8,7,9 各500円 計6000円

10/18ナナカマド賞予想 荘司典子

580kgでもアルジャンノオー

 2018年生まれの2歳馬たちによる重賞戦線がナナカマド賞からスタート!昨年は1番人気キョウエイリュウが無敗のまま勝利。一昨年はメムロボブサップがここまで6戦4勝、2着2回という成績で制覇。いずれも1頭だけ580kgでの勝利。今回唯一580kgのアルジャンノオーも先輩たちの活躍を思えばここは通過点、克服しないと次に進めないハンデでしょう。2歳世代最多の5勝を挙げているこの馬を本命に推します。第二障害を真っ先に抜ける登坂力に期待。

 前走・青雲賞でアルジャンノオーの2着だったネオキングダムは馬体重が950kg台に増えてきて少しずつ力を付けている印象。後半の脚を活かす展開になれば浮上しそうなフクフクライデン、復調気配を見せているキタノダンディ。さらに前走でアルジャンノオーを破った牝馬2頭。じわじわと伸びてきたシンエイアローと、凄い勢いで飛んできたアバシリサクラ。特にアバシリサクラの末脚は脅威ですが、彼女たちにとって550kgへの増量はまだちょっと厳しいとみて印を下げてみました。

 とはいえ成長途上の2歳馬たちゆえ何が起きるかわかりません。馬券はアルジャンノオーを軸に、3連単で2、3着を裏返して以下の通りの買い方で勝負します。

◎7 アルジャンノオー
○9 ネオキングダム
▲8 フクフクライデン
△6 キタノダンディ
△10 アバシリサクラ
△2 シンエイアロー

3連単
7→9→2,6,8,10 各1000円
7→2,6,8,10→9 各500円 計6000円

10/18ナナカマド賞予想 矢野吉彦

青雲賞勝ち馬アルジャンノオーに期待

 3連単1頭軸マルチ作戦でも、なかなかオイシイ馬券にありつけませんね。銀河賞も当たったとはいえ、結局"トリガミ"。そろそろ歯ごたえのある馬券を当てないと・・・。

 ナナカマド賞はアルジャンノオーに期待します。青雲賞を制して他馬より重い重量を曳くことと、前走で3着に敗れたことが影響して人気を落とせば、逆にそこが狙い目と考えました。そこそこ馬格があるので、この程度の重量差なら何とかしてほしいものです。

 相手は牡馬中心。一応、アバシリサクラも押さえておきます。アルジャンノオーに加え、キタノダンディあたりが激走してくれるといいんですが。では、今回はこのへんで。

◎7 アルジャンノオー
○9 ネオキングダム
▲8 フクフクライデン
△4 リアンドノール
△6 キタノダンディ
△10 アバシリサクラ

3連単軸1頭マルチ
7→4,6,8,9,10 各100円 計6000円

123
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.