ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2018年9月 | メイン

2018年10月 アーカイブ

123

今週の見どころ(10/20~10/22)

2018年10月18日(木)

 10月22日(日)のメインには、4歳牝馬オープンによる紅バラ賞が組まれています。11月11日に実施される重賞・クインカップの前哨戦となります。父が重賞21勝のカネサブラック、母が同12勝のフクイズミの注目を集めたイズミクィーンがオープン初挑戦というのも話題になりそうです。

【第14回開催4日目】
 10月20日(土)のメイン第10レースは、秋雲特別(A2級-1・2組決勝混合・20:10発走予定)。前週のA2級-1組、A2級-2組混合の両予選上位馬により争われる決勝戦です。
 A2級-1組予選勢を中心視します。同レースは勝ったアアモンドセブンから5着ホクショウマックスまでが2秒2差という接戦になりました。なかでも◎フクトクは前走では好位から伸びて勝ち馬とはコンマ6秒差の3着と差のない内容。先行馬が揃った今回は持ち前の末脚が生きる展開になりそうなだけに逆転が濃厚です。
 ○ホクショウマックスはシーズンをまたいで21戦連続で掲示板内を確保しており安定感抜群。前走のA2級-1組予選では上位馬には末脚で劣り5着に敗れはしたものの、勝ち馬とは2秒2差なら及第点。障害が安定しているだけにここでも崩れるシーンは考えにくいです。
 ▲アアモンドセブンは前走のA2級-1組予選で直線ジワジワと脚を伸ばして差し切りましたが、前述したように上位5頭は差のない入線。前走を勝利したとはいえ単穴評価が妥当でしょう。
 △ホクショウユウキは前走のA2級-2組混合予選で待望の今季初勝利。重賞4勝と実績は断然だけに復調気配なら侮れない存在です。

【第14回開催5日目】
 10月21日(日)のメイン第10レースは、紅バラ賞(4歳牝馬オープン・20:10発走予定)。重量格による別定重量戦でA3格付馬が670キロ、B1またはB2格付馬が660キロ、B3格付馬が650キロで行われます。
 ◎メヂカラは前走6着も障害はひと腰で通過しており、悲観する内容ではありません。決め手比べを得意とするだけにどうしても展開次第になりますが、はまれば勝利した2走前のような強い競馬ができるだけに好勝負を期待です。
 重賞・銀河賞に出走した実力馬2頭○ナカゼンガキタ▲シンエイボブも侮れません。ともに近2走は3着以内と安定しており、特にナカゼンガキタは復調気配だけにばんえいオークス馬として格の違いを見せつけるシーンまでありそうです。
 目下3連勝△フェアリースズは前走では逃げ切り勝ちを収めていますが、レース当日は降雨と馬場にも恵まれた様子。勢いは魅力ですが、重馬場なら苦戦を強いられるかもしれません。

※月曜日分の見どころは出走馬が確定次第更新いたします。
 

ナナカマド賞 予想結果

2018年10月15日(月)

メムロボブサップ、産駒初の重賞制覇

1番人気ギンノダイマオ―が障害を勢い良く先頭で通過しましたが、やや間隔の空いた3番手で障害を通過した2番人気メムロボブサップが鋭い末脚を披露し、逃げ粘るギンノダイマオ―を差し切っての勝利。ナリタボブサップ産駒初の重賞制覇となりました。
予想対決は人気決着も3着に入ったアオノブラックを軽視している方が多く、荘司さん、山崎さんのみの的中となりました。

荘司:3連単200円的中! 収支+1,540円
山崎:馬複1000円的中! 収支-4,100円

【集計】投資額 6,000円×10R=60,000円

 山崎  +4,850円
 荘司  -27,560円
 目黒  -33,000円
 矢野  -47,910円
 斎藤  -58,000円
 須田  -60,000円
---------------------------------------
 紅組  -55,710円
 白組  -165,910円

10/14ナナカマド賞回顧

2018年10月14日(日)

メムロボブサップ世代の頂点に名乗り!

 14日(日)は重賞・ナナカマド賞(2歳オープン)が行われ、単勝2番人気のメムロボブサップが優勝。ナリタボブサップ産駒初の重賞制覇を果たし、世代の頂点に名乗りを上げました。

【出走馬】※馬名右の数字は単勝最終オッズ
  1.サクラユウシュン 9.2
  2.メムロボブサップ 2.5
  3.アオノブラック 14.6
  4.ヒメトラクイーン 20.6
  5.カツヒーロー 45.1
  6.ギンノダイマオー 2.2
  7.インビクタ 8.7
  8.コウシュハシャトー 56.6
  9.アアモンドノース 35.2
 10.ホクショウゴールド 59.1

 ここまで5戦4勝、2着1回の好成績を残しているギンノダイマオーが1番人気。同じく6戦4勝、2着1回のメムロボブサップが差のない2番人気で続き、オッズ上は一騎打ちの様相。以下はインビクタ、サクラユウシュンと経験豊富な馬が続き、単勝ひと桁台は4頭となりました。

 馬場水分1.7%でスタート。各馬未知の重量ながら軽快に歩を進めます。先行したのはインビクタ。ギンノダイマオー、メムロボブサップがこれをマークし、サクラユウシュンも遅れまじと追走。人気どころが一団となって第2障害を迎えました。
 ひと呼吸入れて、最初に仕掛けたのはインビクタ。それを見てギンノダイマオーも登坂を開始し、メムロボブサップ、サクラユウシュン、アオノブラックもこれに続きます。先頭クリアはギンノダイマオー。インビクタが2番手で下り、内枠の3頭が並んで突破します。
 先行していた2頭が軽快に飛ばしますが、それを上回る脚いろで伸びてきたのはメムロボブサップ。グングンと前との差を詰め、残り20メートル標識を過ぎたあたりで先頭へ。そのまま半馬身ほどのリードを保って歩き切り、トップゴールを果たしました。先頭クリアから粘り切ったギンノダイマオーが2着。じわじわと脚を伸ばしたアオノブラックが3着で入線しました。

 勝ったメムロボブサップは、もちろんこれが重賞初制覇。デビューから7戦連対パーフェクトで、世代のトップに躍り出る結果となりました。父ナリタボブサップは2歳時にホクレン賞で2着に食い込みながら、10歳時のドリームエイジカップでも2着と、息の長い活躍を見せました。そんな父と同様の活躍を、メムロボブサップにも期待したいと思います。

成績はこちら
映像はこちら

阿部武臣騎手「トップハンデでしたが、降りてからもいい脚を使えるので、それを生かせるよう騎乗しました。いつもと変わらずいいスタートが切れたので、道中はゆっくり息を入れながら進んでいけました。障害のかかりも問題なく、前半息を入れていた分、ひと呼吸おいて仕掛けたので、最後までもってくれるはずと信じて騎乗しました。今後は体つきも良くなり、体力がついてくれたら、さらに良くなると思います」

10/14ナナカマド賞予想 山崎エリカ

大幅な斤量増も実績上位ダイマオーに期待

 ナナカマド賞は、今年デビューの2歳世代の最初の重賞。まだまだ成長途上でばん馬としては体が小さい馬たちが初めて背負う高重量戦だけあって、一昨年にはデビューから7戦無敗で断然1番人気のホクショウムゲンが初めて障害で苦戦するなど、一筋縄でいかないことが多いです。個人的にも2012年に、ダイコクパワーがゴール手前で隣のコースを走って1着から5着になり、酷い目に遭ったこともありました( ノД`)シクシク...

 しかし、大きな傾向で見ていくと、このレースの前哨戦の青雲賞、いちい賞を使っている馬が断然優勢。昨年もいちい賞の勝ち馬ミスタカシマと青雲賞の2着馬オレワチャンピオンで決着しました。一方、前哨戦を使わなかった3年前のキタノリュウキ(1番人気)は6着に敗れています。

 ただし、キタノリュウキは、成長期の2歳馬で他馬は体重増で出走してくる中、マイナス26kgで出走したもの。パドック派ではない私の目から見ても、あきらかに体調不良なのがわかりました。今回もそのようなパターンだった場合が怖いのですが、◎には、実績上位のギンノダイマオーを推します。この馬はデビューから4連勝を飾り、3走前の条件戦では青雲賞の勝ち馬メムロボブサップを撃破しています。

 ギンノダイマオーが前哨戦を使わなかったのは、おそらくこの舞台での重量増と同厩舎のインビクタとの兼ね合いを考えたものでしょう。実際に陣営から「ここを目標に時間をかけて調整した」というコメントが出ています。確かに重量515kg以上のレース経験がないことは気になる材料ですが、スピードタイプで楽に先行できる馬なので、多少、障害で苦戦してもカバーできる可能性が高いと見ました。

 〇は、3走前の条件戦で◎ギンノダイマオーを撃破したインビクタ。この馬はデビューから6戦連続連対ながら、休養後の2戦は成績が低迷。しかし、障害に関しては問題なく、3戦目の今回は変わってくるのではないでしょうか。

 ▲は、障害が課題の馬ですが、末脚は確かなカツヒーロー。重量増で他馬も障害で苦戦するようなことがあれば、この馬にも出番が巡ってくるでしょう。

 あとは△にスピードに乗せて押し切った前々走の条件戦が強かったコウシュハシャトー。前走では障害で苦戦しましたが、前々走で激走した疲れもあったはず。確かにこのレースは前哨戦を使っている馬が有利ではあるのですが、今年は前哨戦で障害への不安を見せてしまった馬も多いだけに、人気薄のこの馬にも印を打ちたいところ。

 他では、青雲賞の勝ち馬メムロボブサップ。この馬は前走を含めて4勝、デビューから6戦連続連対という素晴らしい成績。ただ、障害でふらつきながら、勢いで超えているところがあり、脆い面もあるので押さえ程度の評価としました。

◎6 ギンノダイマオー
○7 インビクタ
▲5 カツヒーロー
△8 コウシュハシャトー
△2 メムロボブサップ

馬複 
6-7 3000円
6-2,5,8 1000円 計6000円

10/14ナナカマド賞予想 須田鷹雄

2018年10月13日(土)

不安材料少ないギンノダイマオーを信頼

 こうして見渡すと、▲メムロボブサップの580キロはやはりちょっと不利。有力どころの枠順では、☆サクラユウシュンの1コースもちょっと不利に見える。

 成績が良くマイナス要素が少ないというと、やはりまずは◎ギンノダイマオー。前走ではじめて△インビクタに負けたが、そのインビクタが2戦続けて末を欠く競馬になったため、やはり◎を頼るしかない。

 今回は○ヒメトラクイーンを相手本線に期待してみる。対戦成績ではサクラユウシュンに対してやや分が悪いが、サクラが強い牡馬のペースにくらいついていかねばならない脚質なのに対して、こちらはじっくり溜めていく、いわば逆の属性。前がすいすい行ってしまうと出番がないが、逆に前がとまると大金星までありうる。馬券は◎○の1,2着or1,3着で。

◎6 ギンノダイマオー
○4 ヒメトラクイーン
▲2 メムロボブサップ
☆1 サクラユウシュン
△7 インビクタ

3連単
4,6→4,6→1,2,7 500円
4,6→1,2,7→4,6 500円 計6000円

123
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.