ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 柏林賞 予想結果 | メイン | 今週の見どころ(7/14~16) »

今週の見どころ(7/7~7/9)

 7月1日に行われた4歳シーズン一冠目・柏林賞は、ジェイワンが勝利。待望の重賞制覇となりました。次週にはBG3・北斗賞が控えており、重賞も多くなる季節となりました。あいにくの天気が続いていますが、皆さんで真夏の熱戦を楽しみましょうね。

 また、現在第30回ばんえいグランプリのファン投票を実施しています。今年度前半戦の頂点を決める一戦の出走メンバーを選んでみてはいかがでしょうか。
ばんえいグランプリファン投票ページはこちら

【第7回開催1日目】
 7月7日(土)のメイン第10レースは、こと座特別(B2級-1組・20:10発走予定)。出走馬10頭のうち8頭が6月24日に行われたB2級-1組に出走しているという今回のメンバー。なのでそのレース着順は大きな予想材料となるでしょう。
 目下5連勝中の◎アアモンドグンシンがここでも崩れません。前述したように今回のメンバーの多くが出走したB2級-1組では、前半34秒という速いペースを作り、障害ひと腰からそのまま2着に5秒6差をつける逃げ切り勝ち。次走は恐らく3歳一冠目・ばんえい大賞典が予想されるため、ここは難なく勝って本番に駒を進めたいところ。
 ○ホクトシンバが相手筆頭です。前走は8着に敗れましたがその前3走は今回と同様の負担重量が重い特別戦を使ってきたのが魅力です。特に3走前の極ウマくん賞では格上馬相手に3着と健闘。特別戦に替わっての逆転に期待できそう。もし人気薄でも軽視はできません。
 今季11戦して全て掲示板内の▲オオゾラシンスケは近4走全てで今回も出走するノエルブラン、ココロノタカラに先着されていますが、特別戦に替わり負担重量が増えるので置かれずに追走できれば逆転可能。特別戦は今季初になりますが、今年3月にはB1級-1組・2組決勝で2着を経験していることからここでも十分期待できます。
 △ココロノタカラは近3戦連続して2着と惜しい競馬が続いています。特に前走のB2級-1組・2組決勝では障害4番手通過から伸びて勝ち馬とコンマ1秒差の2着と勝ちに等しい競馬。特別戦に替わって重量が加算されますが惜敗続きにピリオドを打ちたいところでしょう。

【第7回開催2日目】
 7月8日(日)のメイン第10レースは、わし座特別(A1級・20:10発走予定)
 注目は◎ソウクンボーイ。近走は馬券圏内に入れていませんが、前々走5着、前走4着と掲示板を確保。どちらも障害を超えた時点で先行していた馬での決着がついているという競馬でしたが、決め脚は良い頃に戻っています。特に前走の鹿追町競馬会杯では、障害をひと腰で越える走りを見せました。強力な先行馬がいない今回は決め手勝負になる可能性が高く、この馬に勝機到来です。
 相手筆頭は○キンメダルです。前走は3着とソウクンボーイに先着しており、実力馬センゴクエースとは差のない競馬をしました。A1級同士の戦いでは2走前のシルバーカップで勝利。障害先頭通過からそのまま押し切るという強い競馬でした。今季6戦して3着以内が5回と安定した成績を残しており、ここでも圏内濃厚。
 ▲ミノルシャープは前走の重賞・柏林賞では人気に反する結果となりました。軽い馬場はこの馬が歓迎する舞台でしたが前走からプラス50キロの重量が堪えたか。今週も帯広では雨が予想され前走と同じ馬場状態が見込める模様。負担重量が減ってこの馬本来の先行力が発揮できそう。マイペースを形成し、巻き返しに期待です。
 近走凡走が続いていた△カンシャノココロは前走のミントスポット杯3着で復調気配か。好調時は先行勢に取り付き、持ち前の粘り強さで上位に食い込んでいましたが、先行勢に置いて行かれる競馬が続いているのが現状。前走同様軽い馬場の後押しで前目に付けられればこの馬本来の競馬ができるかもしれません。

【第7回開催3日目】
 7月9日(月)のメイン第10レースは、文月特別(B1級-1組・20:05発走予定)
 前走の柏林賞で惜敗だった◎ゴールデンフウジンに注目。敗因は早仕掛けにより障害登坂途中に止まったものでした。それでも2着に食い込む末脚があるのですから能力には確かなものがあります。今回は重量も軽くなり同級相手ということで条件がかなり緩和した模様。障害ひと腰なら首位濃厚です。
 ○サカノテツワンは近7走で2勝、2着3回、3着2回と抜群の安定感を誇っています。前走のA2級・B1級-2組戦では好スタートから先行し、障害を先頭で通過してからはゴールまで先頭を譲ることなく、着差以上の完勝でした。同型が多い今回のメンバーですが、ここは安定感を買いたいところ。
 ▲シンエイボブは前走の柏林賞では前半先行勢に置いて行かれたものの、得意の障害で持ち直して3着に健闘しました。2走前はサカノテツワンには敗れはしたものの、2秒4差の2着。他馬が障害で苦戦するようであれば今回も上位に流れ込んでくるでしょう。
 以下、前走の特別戦で3着に食い込んだ△フクトク、近2走1、2着と好調の△ムサシブラザーがこれに続きます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.