ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2017年11月 | メイン

2017年12月 アーカイブ

12

今週の見どころ(12/16~12/18)

2017年12月14日(木)

 12月17日(日)のメインには、準重賞・レディースカップが組まれています。4歳、5歳、6歳、7歳、8歳以上の各世代から通算収得賞金順で上位の2頭ずつを選抜して争う、牝馬のドリームエイジカップともいうべきレース。過去5回で4歳馬が3勝(3着1回)を挙げていますが、今年はどうでしょうか。

【第18回開催4日目】
 12月16日(土)のメイン第10レースは、ターコイズ特別(オープン-2組混合・19:05発走予定)
 ◎ホクショウユウキは、6走連続で3着以内とすっかり軌道に乗りました。前走知床賞(オープン)では、アサヒリュウセイとの叩き合いの末コンマ6秒だけ先着されての2着。オープン初戦でこれだけの競馬ができれば、今回の相手なら主役を張れそうです。
 ○トレジャーハンターは、前走知床賞では、アサヒリュウセイ、ホクショウユウキの争いから徐々に遅れて3着。とはいえ5走連続して3着以内と堅実な走りを続けています。障害を越えるタイミング次第では当然逆転もありえそうです。
 ▲スーパータイトルは、A1級で3走連続して2着。ホクショウユウキとは4走前に対戦し7秒9差をつけられましたが、今回はこちらのほうがハンデが有利なだけに食い下がりに警戒したいところ。
 △キンメダルは、重賞だった前走では苦戦しましたが、A1級混合のこの条件なら見直せそう。
 △ホクショウディープは、軽馬場が得意。障害次第では見せ場以上がありそうです。

【第18回開催5日目】
 12月17日(日)のメイン第10レースは、準重賞・レディースカップ(4歳以上牝馬選抜・19:05発走予定)
 6歳馬◎キサラキクは、昨年のこのレースで3着。今季は負担重量800キロ以上を課される牡馬とのオープン重賞でも堅実に掲示板に載るなど地力強化しています。今回のメンバー中で前走より重量が軽くなるのはこの馬だけで、主役を演じてくれそうです。
 同じく6歳馬○アアモンドセブンは、今年1月に行われた重賞・ヒロインズカップの勝ち馬。春先は障害で崩れるレースが目立ちましたが、近走ではスムーズに抜けています。テンに置かれる面はありますが、牝馬限定でしかも格下との混合戦なら決め手炸裂のシーンも考えられます。
 8歳馬▲フレグランスは、前走がB2級の平場戦でしたが大逃げを打って押し切る強い競馬。本来の動きを取り戻したと見ていいでしょう。もともと680キロで勝ち負けしており、今回の最軽量ハンデ690キロなら前進が見込めそう。
 馬場が軽くなれば△ファイトガール△セイコークインの7歳両馬の出番もありそうです。

【第18回開催6日目】
 12月18日(月)のメイン第10レースは、カトレア特別(B1級-1・2組決勝・19:05発走予定)
 ◎ヒカルナナヒメは、11月に行われた4歳牝馬重賞・クインカップでは690キロで障害をひと腰で切って2着。その後3走でも1着、4着、B1級-2組予選1着と崩れていません。1組予選の勝ち馬ゴールドインパクトが回避したここは軸として期待できそうです。
 ○メジロゴーリキは、釧路湿原特別(B1級-1・2組決勝)1着、五稜郭特別(B1級-1組)5着、1組予選4着という近況。負けても僅差で、特別戦へ替わるのはプラスのタイプです。
 ▲マツカゼウンカイは、メジロゴーリキと同じ近3走が4、2、2着。いずれも勝ち馬との差はわずかなので、ここも当然有力といえます。
 五稜郭特別3着△サクラダイチも争覇圏内にいます。

今週の見どころ(12/9~12/11)

2017年12月 7日(木)

 12月3日(日)に行われた3歳女王決定戦・ぱんえいオークスは、ナカゼンガキタが接戦をモノにし初重賞制覇を成し遂げました。12月24日(日)には、ばんえいダービーが控えており、出走があればそこでの戦いぶりも注目を集めそうです。

【第18回開催1日目】
 12月9日(土)のメイン第10レースは、冬月特別(A2級-1組・19:05発走予定)
 ◎チヨノタカラは、前走のピヤシリ特別(A1級-1・2組決勝混合)では6番人気で6着。この馬以外はすべて格上A1級という組み合わせだっただけに妥当な結果かもしれませんが、障害巧者らしくひと腰で切っていました。今回は自己条件の特別戦だけに巻き返しが見込めそうです。
 相手は、前開催の暑寒別岳特別(A2級-1組)上位馬が有力。2着○ホクショウメジャーは、端コースに入ってもスムーズな走りで障害も先頭で仕掛けていました。しかし、逃げ切り勝ちを収めた▲カツオーカンがひと腰で越えたのに対し、この馬はやや手こずったぶんがゴールでの2秒7差だったと考えられます。障害のタイミング次第では当然、逆の着順はありえるでしょう。
 暑寒別岳特別で3着以下はやや離されましたが、障害がスムーズなら4着△プレザントウェー、8着△フクトクらの上位進出もありそうです。

【第18回開催2日目】
 12月10日(日)のメイン第10レースは、師走特別(オープン-1組・19:05発走予定)
 ◎サクラリュウは、前走の重賞・ドリームエイジカップでは、勝ち馬センゴクエースから4秒4差の5着。降雪で速い時計での決着になったのは不運でしたが、力は出し切った印象です。当時は、1着センゴクエース、2着フジダイビクトリーと同重量でしたが、今回はそれぞれ15キロ、5キロ差がつくことを考えれば巻き返して当然といえます。
 ○フジダイビクトリーは、10月以降の近5走が2、3、2、1、2着。寒い季節を迎え調子を上げてきました。前走のドリームエイジカップでは、決め手あるセンゴクエースからわずか1秒1差に踏ん張ったのも評価できます。この近況で、賞金ハンデの加増が15キロしかないのは有利で、引き続き期待できそうです。
 ▲オレノココロは、ドリームエイジカップには出走できませんでしたが、重いハンデを課されながらも善戦を続けています。
 ドリームエイジカップ6着△ハクタイホウも押さえには必要でしょう。

【第18回開催3日目】
 12月11日(月)のメイン第10レースは、おおいぬ座特別(A1級・19:05発走予定)
 ◎フウジンライデンは、前走の重賞・ドリームエイジカップこそ相手が強く7着でしたが、A1昇級後も障害では崩れなく善戦を続けていました。自己条件に戻っての特別戦なら、終いに辛抱さえできれば勝利も期待できます。
 ○ホンベツイチバンは、前開催のピヤシリ特別(A1級-1・2組決勝混合)では1番人気に推されたものの、障害先頭から5着。8頭中6頭がさほど差のない障害クリアで、決め手のないこの馬には展開が向かなかった印象もありました。
 ▲フェアリードールは、前走A1級-2組の平場戦(11月27日)では、テンにおかれる面が出て後方から少し差を詰めた程度で見せ場なし。しかし2走前に崩れた障害は立て直されており、本来の巧者ぶりを発揮してくれそうです。
 △カンシャノココロは、11月27日のA1級-2組戦、ピヤシリ特別とも僅差の3着。今季1勝のみで勝ち切れませんが、マークは欠かせません。
 △ニシキエーカンは、11月27日のA1級-2組戦を含め2連勝中。昨季はオープン格付でキャリア上位ですが、特別戦に替わっても近走のようなしぶとい競馬ができるでしょうか。

12/3ばんえいオークス回顧

2017年12月 4日(月)

充実一途のナカゼンガキタが戴冠!

 3日(日)は重賞・ばんえいオークス(3歳牝馬オープン)が行われ、単勝2番人気のナカゼンガキタが優勝。4回目の重賞挑戦で初タイトルをゲットし、3歳女王の座に就きました。

【出走馬】※馬名右の数字は単勝最終オッズ
  1.メヂカラ 35.1
  2.マツノビューティ 29.9
  3.コウシュハサマー 2.3
  4.サクラニシキヒメ 35.0
  5.ナカゼンガキタ 2.6
  6.シンエイボブ 4.2
  7.キタノサカエヒメ 19.8
  8.ライデンメルテイ 145.6
  9.フェアリースズ 19.4
 10.サカノイサムヒメ 116.0

 注目は、ばんえい菊花賞で1、2着となったコウシュハサマーとナカゼンガキタ。当時はそれぞれ7、10番人気でしたが、牝馬同士となれば話は別。2頭で人気を分け合い、3番人気にもばんえい菊花賞5着のシンエイボブ。牡馬相手の重賞で健闘を続けている各馬が人気を集めました。

 馬場水分1.4%でゲートオープン。ナカゼンガキタが積極的に先行し、コウシュハサマー、シンエイボブがこれをマークするように追走。後方勢は追走に手間取り、多少ばらけた展開で進みます。それに構うことなく、ナカゼンガキタは強気の競馬を演じ、先頭で第2障害にたどり着きました。
 全馬を待つこともなく、ひと息入れたナカゼンガキタが登坂を開始。続けてシンエイボブ、コウシュハサマーも動きます。ナカゼンガキタとシンエイボブは馬体を併せる形で障害を突破。コウシュハサマーは2頭からやや遅れてクリアしますが、勝負圏内で最後の平坦路に向かいます。少し離れた4番手でキタノサカエヒメが障害を越え、マツノビューティもこの一角で続きました。
 先頭の2頭は早くも残り20メートル。びっしりと併せたまま、ゴールへ向けて歩を進めます。残り10メートルを切っても互いに譲らず、手に汗を握るマッチレースを展開。しかし、残り5メートル付近で、ナカゼンガキタがクビほど先行。そのままゴール線まで押し切り、念願の初重賞を手にしました。3着はしまいに脚を伸ばしたキタノサカエヒメ。コウシュハサマーは伸びを欠き、4着に敗れました。

 ナカゼンガキタはここまでの10戦で【5・2・2・1】と、目覚ましい充実ぶりと成長を見せています。前半から強気に運んで、最後の叩き合いを制したあたり、精神力の強さもうかがえました。ばんえい菊花賞2着の実績からは、牡馬相手でも力は互角以上。ばんえいダービーを含めた今後の重賞戦線での活躍が、おおいに期待できそうです。
 わずかの差で敗れたシンエイボブにとっては悔しい一戦。ただ、今回ばかりは勝ち馬が充実ぶりを見せつけて完璧なレースをした印象で、この馬自身のレースぶりは非常に良かったと言えます。これだけのレースができれば、いくらでもチャンスは巡ってくるでしょう。
 3着のキタノサカエヒメは黒ユリ賞2着以来の重賞挑戦でしたが、やはり同世代の牝馬では力上位。さらなる成長次第で、タイトルも見えてくるはずです。

成績はこちら
映像はこちら

西将太騎手「1年ぶりに重賞を勝てて嬉しいです。道中はこの馬のペース通りにいけたと思います。第2障害を越えてからどこまで脚がもつかと思いましたが、厩舎関係者がしっかり仕上げてくれたおかげで、最後まで進むことができました。ゴールする瞬間に少し抜き出ているかな、と感じました」

ばんえいオークス 予想結果

2017年12月 3日(日)

矢野:3連単200円的中! 収支+2,320円
目黒:3連単300円的中! 収支+6,480円
山崎:馬複1000円的中! 収支-1,100円
須田:3連単100円的中! 収支-1,840円
荘司:3連単100円的中! 収支-1,840円

【集計】投資額 6,000円×15R=90,000円

矢野  -4,620円
須田  -10,020円
山崎  -10,750円
斎藤  -12,920円
目黒  -16,860円
荘司  -67,940円

---------------------------------------
白組  -27,560円
紅組  -95,550円

12/3ばんえいオークス予想 山崎エリカ

障害上手のナカゼンガキタに期待

 今年のばんえい菊花賞は、1着~6着までの着差が2.3秒差の大接戦でした。結果はみなさんもご存知のように牝馬のワン、ツー。軽馬場ゆえにセックスアローワンスが大きく生かされたとはいえ、優勝したコウシュハサマーや2着ナカゼンガキタ、そして5着のシンエイボブは十分褒められるでしょう。

 しかし、コウシュハサマーとナカゼンガキタのどっちが強かったのかというと、私のジャッジはナカゼンガキタ。競馬ではしばしば強い馬が隣の枠の馬を連れてくることがありますが、今年のばんえい菊花賞はまさにそれ。2枠のナカゼンガキタを1枠のコウシュハサマーが目標に動いて行けたのが勝因でしょう。

 もちろん、ナカゼンガキタについて行けたコウシュハサマーも強いことに違いがないですが、ナカゼンガキタが仕掛けたタイミングで動いていかなければ、外枠のミノルシャープにやられていた可能性もあったと見ています。

 よって、今回の◎は、ナカゼンガキタ。この馬は重賞実績がなかったことで、ばんえい菊花賞では10番人気という超々人気薄でした。しかし、近走を見る限り、本当に障害が上手。また、ロードヒーティング効果で、今回はばんえい菊花賞時よりは馬場が重いはずなので、そうなればこの馬の障害の上手さがより生かされるでしょう。前走ではシンエイボブを相手に圧巻の強さを見せている点も好ましいです。

 ○は、黒ユリ賞の2着馬キタノサカエヒメ。もちろん、3歳時の重賞の実績など、ばんえいオークスではほどんどあてになりません。実際にばんえい菊花賞の勝ち馬は黒ユリ賞の6着馬、2着馬は黒ユリ賞の4着馬、5着馬シンエイボブに至っては、障害が上がらずに競走を中止しています。しかし、先週のクインCの上位2頭が黒ユリ賞にエントリーしていた馬だったように、後々の重賞でも活躍している馬というのは、3歳時からそれなりの活躍をしている馬が多いもの。

 そういう視点で見ていくと、真っ先にぶち当たる穴目の馬はキタノサカエヒメということになります。この馬は、障害が苦手なところがあり、長らく自己条件でくすぶっていたようなところがありました。しかし、最近は障害で崩れなくなってきているので、菊花賞上位の馬の一角を崩しをこの馬に託します。

 ▲は、ばんえい菊花賞の優勝馬コウシュハサマー。また、この馬は、ばんえい大賞典3着、はまなす賞2着の実績もあるので軽視禁物。しかし、障害があまり上手ではなく、前半で息を入れていくことがポイントになるので、あっさりと負けても頷けます。

 あとは△にばんえい菊花賞の5着馬シンエイボブ。菊花賞は出足が悪く、後方からのレースになりながら上位争いに加われていたことは褒められます。しかし、前々走でナカゼンガキタに完敗。それでいて前走の釧路湿原特別では、ばんえい大賞典の2着馬でばんえい菊花賞では1番人気に支持されたメジロゴーリキと接戦の形となったために無理をさせているので、そのぶんを割引きました。メジロゴーリキが次走で人気を裏切っているように、この馬も無理をさせた影響がありそうです。


◎ (5)ナカゼンガキタ
○ (7)キタノサカエヒメ
▲ (3)コウシュハサマー
△ (6)シンエイボブ

馬複
5-7 3000円
3-5 2000円
5-6 1000円

12
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.