ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

お知らせ・ニュース アーカイブ

1234567891011

今週の見どころ(8/19~8/21)

2017年8月18日(金)

 8月21日(月)には帯広競馬場で、毎年恒例の「JRAジョッキーDAY」が開催されます。JRA所属のトップジョッキー10名が来場し、各種イベントへの参加や、レース協賛、エキシビションレースへの騎乗などで盛り上げます。

【第10回開催1日目】
 8月19日(土)のメイン第10レースは、ベガ特別(B1級-1組・20:10発走予定)
 先行して好走続きの4歳馬◎サクラダイチに期待します。前走の山鳩賞(4歳オープン)では障害先頭クリアから2着。オープン馬マルミゴウカイにこそ並ぶ間もなく交わされたものの、ここでも有力馬になりそうなコウシュハローヤルを差し返し3着にしりぞけています。古馬同士の特別戦には初挑戦となりますが、目下充実しているだけにクリアしてくれるでしょう。
 その○コウシュハローヤルもテンに速く、障害巧者で同タイプ。今回は自己条件に戻りますが、昇級初戦馬が3頭もいるなど相手はむしろ楽な印象。サクラダイチより先に障害を越えられれば逆転も十分でしょう。
 ▲フクトクは、7月にはB1級の特別戦で2着があるように、ここでは力上位の存在。前走B1級-1・2組決勝戦の負けっぷりは気になりますが、もともと障害次第の面はある馬。決め手炸裂の場面は警戒しておきたいところ。
 2連勝と勢いに乗っての昇級初戦△オホーツクノタカラも有力。フクトクと同じ前走の勝ち馬△コウシュハシンザンは障害のキレが良好ですが、特別戦でどうかという懸念はあります。

【第10回開催2日目】
 8月20日(日)のメイン第10レースは、不知火特別(B2級-1組・20:10発走予定)
 ◎メジロゴーリキは、3歳三冠の初戦・ばんえい大賞典で2着に好走すると、続くB2級初戦の1組(8月7日)を勝っている実力馬。2走使いの前走B2級-1・2組決勝戦は5着とはいえ勝ち馬とわずか3秒9差で、展開次第では勝っていても不思議ありませんでした。今回が古馬相手では初の特別戦となりますが、ひと腰で切っていたばんえい大賞典より15キロ軽い655キロだけに、好勝負が可能でしょう。
 ○ウンカイタイショウは、7月9日のわし座特別(B2級-1組)で今回のメンバー中で最先着の2着と同条件での実績上位。続くばんえい大賞典は障害で転倒し失格。続くB2級-1組戦(8月7日)では、メジロゴーリキから離れた7着でしたが、障害の立て直しに重点を置いたレースのようでした。叩かれたここは巻き返しが見込めそうです。
 ▲オゾラシンスケは、わし座特別6着で、8月7日のB2級-1組戦ではメジロゴーリキとはコンマ7秒差の2着。特別戦では障害次第の面は否めませんが、このクラスでの経験が豊富です。
 わし座特別4着の△コウシュハルパンは決め手上位。早めに障害を越えられれば一発があるかもしれません。

 8月21日(月)の見どころは枠順確定後に掲載します。

今週の見どころ(8/12~8/14)

2017年8月11日(金)

 8月13日(日)のメインには、夏のBG1・ばんえいグランプリが組まれています。十勝地方は前日から雨予報。800キロ前後の高重量とはいえ、馬場状態次第では、思わぬ伏兵の台頭もあるかもしれません。なお、12日(土)、13日(日)には、帯広競馬場で「ばんえい夏まつり」(入場無料)も実施。13日は、オッズパーク協賛によるイベントも行われます。(詳しくはこちら

【第9回開催4日目】
 8月12日(土)のメイン第10レースは、十勝川モール温泉杯(A1級-2組混合・20:10発走予定)
 ◎バウンティハンターは、前開催のビッグウエイトカップ(3歳以上重体重馬選抜)こそ9着と敗れましたが、センゴクエース、オレノココロなど相手が強かったのが敗因。それまで特別戦では文月特別(7月10日・A1級-2組)3着など、3走続けて障害ひと腰クリアから馬券圏内を確保していました。自己条件に戻れば巻き返し必至でしょう。
 ○アアモンドセブンは、今季は一度も馬券に絡めていませんが、4走前の文月特別(5着)で障害が立て直されて以降は、すべてひと腰でクリアしており状態は悪くありません。今回は精彩を欠く近況の馬が多い組み合わせなので、前進がありそうです。
 ▲キンメダルは、近2走では障害のキレが良好。前開催のしし座特別(A2級-2組混合)は、軽馬場が味方したとはいえ3着に追い込んで、今季初めて馬券に貢献しています。
 特別戦のペースは向く印象の△ダイコクパワーも上位争いに加わってきそうです。

【第9回開催5日目】
 8月13日(日)のメイン第10レースは、重賞・第29回ばんえいグランプリ(3歳以上選抜・20:10発走予定)。A1級の牡馬シンザンボーイ(800キロ)以外はオープン馬で、いずれも牡馬810キロ、牝馬790キロでの争いとなります。
 ◎フジダイビクトリーは、2016年3月にばんえい記念を制している実力馬。14、15年とこのレースを連覇しているように、例年、重賞での基礎重量が800キロを超えるこの時期から成績を上げてくるタイプです。最近は、年齢的なものもあってかテンの流れに乗れないレースも目立つようになり、今季は未勝利ですが、雨馬場で速い時計での決着となった北斗賞でも3着と崩れなかったのは評価可能。今回、同じような馬場状態でも主役を演じてくれそうです。
 ○オレノココロは、昨年のこのレースが圧勝。今年の北斗賞では障害で崩れ5着でしたが、敢えて連闘で前走を使い立て直しを図ってきたところに意欲を感じます。巻き返しが期待できそうです。
 ▲コウシュハウンカイは、今季最初の古馬重賞・ばんえい十勝オッズパーク杯の勝ち馬。その後、トップハンデでの出走となった旭川記念、北斗賞でも僅差2着に入っており実力上位。オープン馬の間で重量差がつかない今回は当然勝ち負けでしょう。
 △ニュータカラコマも、今季3戦の古馬重賞では3、3、1着と安定しています。相手や負担重量、馬場を問わずに実力を発揮できるのが強み。大勢はこの4頭のまんじ巴といえます。

【第9回開催6日目】
 8月14日(月)のメイン第10レースは、稲妻賞(3歳以上B4級以上選抜・20:10発走予定)。定量500キロ(牝馬20キロ、4歳10キロ減)でのスピード勝負。年明けに行われる準重賞・スピードスター賞の予選第1弾です。
 ◎キタノサムライは、今年2月のスピードスター賞2着を含め、2勝、2着3回、4着1回とこの条件が得意。雨馬場だった前々走のしし座特別(A2級-2組混合)では、障害離れた4番手クリアから豪快な追い込みを決めて今季初勝利。持ち前の決め手に衰えはありません。キャリアの違いを見せつけそうです。
 今回は、この条件に初出走で、しかも詰めに課題があるタイプが多く、相手選びに頭を悩ませそう。○ビュウティハートはそこそこ歩ける脚があり、4歳牝馬の最軽量470キロが魅力。
 △プレザントウェー△テンノイノリは障害次第ですが、490キロなら立て直せるはず。スピード負けしなければ侮れません。

今週の見どころ(8/5~8/7)

2017年8月 4日(金)

 8月6日(日)のメインには、4歳オープンによる山鳩賞が組まれています。先週は、3歳重賞・ばんえい大賞典が行われましたが、4歳馬にとって、8月27日に実施される3歳・4歳混合重賞・はまなす賞の前哨戦となります。ぜひご注目ください。

【第9回開催1日目】
 8月5日(土)のメイン第10レースは、とかちえぞまつ特別(A1級-1組混合・20:10発走予定)
 ◎トレジャーハンターは、唯一のオープン馬で相手関係が有利。7月8日のこと座特別(A1級-1組混合)では、A1級の2頭に先着され3着でしたが、1着サクラリュウ、2着ハクタイホウともオープンでの好走歴もある実力馬でした。両馬ともいないここなら、マイペースに落として逃げ切れるでしょう。
 ○シンザンボーイは、前走のA1・A2級決勝混合戦では詰めの甘さも見せず逃げ切って快勝。今回も出走している2着タキニシサンデーには12秒3もの差をつけています。もともと特別戦のペースは歓迎なので、上積みがありそうです。
 実力馬の回避が相次いだため、前述の▲タキニシサンデー、さざなみ特別(A2級-1組)を快勝した△ファイトガールの昇級初戦牝馬2頭も通用しそうです。

【第9回開催2日目】
 8月6日(日)のメイン第10レースは、山鳩賞(4歳オープン・20:10発走予定)
 ◎マルミゴウカイは、4歳三冠の初戦・柏林賞で圧勝。人気を分け合ったホクショウディープを残り20メートルからちぎる貫録の走りを見せました。今季は世代限定戦を選んで使われており、4歳決勝混合戦、ライラック賞(4歳オープン)、そして柏林賞と3連勝中。引き続きトップハンデですが、負けられません。
 ○ホクショウディープは、今季マルミゴウカイと2度対戦し、ライラック賞、柏林賞とも2着。柏林賞では突き放されましたが、3着プレザントウェー(今回は回避)には15秒以上の差をつけており、不動の対抗といえます。
 ▲サクラダイチは障害巧者で、今季4勝を挙げている好調馬。世代限定の重賞・特別戦では2歳10月のナナカマド賞2着が唯一の馬券絡みで、ライラック賞、柏林賞とも不出走ですが、成長した姿を披露してくれそうです。
 △コウシュハローヤルも今季4勝をマーク。3歳女王決定戦・ばんえいオークス3着など牝馬のなかでは実績上位の存在です。

【第9回開催3日目】
 8月7日(月)のメイン第10レースは、デネブ特別(A2級・20:10発走予定)
 ◎カネゾウは、5月29日の旭岳特別、続く6月24日のムーンストーン特別のA2級2連勝を含め4連勝中と勢いがあります。2開催空けての出走ですが、その間に、両レースの2着馬はA1へ昇級しておりメンバーが楽になっています。前走を賞金別定5キロ増で勝利していることを考えても、相手探しの一戦といえそうです。
 ○ホクショウメジャーは、ムーンストーン特別では5着とはいえカネゾウとはわずか4秒2差。前開催のビッグウエイトカップ(3歳以上重馬体重馬選抜)では、センゴクエース、オレノココロらオープン馬を相手に障害3番手から見せ場を作りました。ここも先行できれば侮れません。
 ▲ヤマノウンカイは、重馬場の特別戦がもっとも実力を発揮できる舞台。雨中の競馬だった近2走の特別戦でも4、4着と崩れておらず、ここは巻き返しが期待できそうです。
 △メムロコマチはムラ駆けですが、実力を発揮できれば連争いに加わってきそうです。

今週の見どころ(7/29~7/31)

2017年7月28日(金)

 8月13日(日)に実施される重賞・ばんえいグランプリのファン投票結果が発表され、オレノココロが1位に輝きました。以下、センゴクエース、ニュータカラコマ、コウシュハウンカイ、フジダイビクトリー、オイドン、キサラキクまでの上位7頭に、ファン選出馬を除く番組賞金順上位3頭を加えた10頭に出走権が与えられます。
 7月30日(日)のメインには、3歳三冠の初戦・ばんえい大賞典が組まれています。出走8頭中6頭が2走前までに勝利を挙げているという好調馬揃いの一戦です。ご注目ください。

【第8回開催4日目】
 7月29日(土)のメイン第10レースは、オッズパーク賞サマーカップ(オープン・20:10発走予定)。今開催は前半戦にビッグウエイトカップが組まれていたため、オープン馬が分散。有力馬が絞りやすくなりました。
 ◎ニュータカラコマは、今季2戦目から3勝、3着3回。負けた3戦も勝ち馬から5秒以内の僅差と、安定感があります。北斗賞を勝ったため今回は賞金ハンデが15キロに増えトップハンデとなりますが、ライバルのコウシュハウンカイが回避したとなれば、負けられません。
 ○セイコークインは、6月25日のミントスポット杯(オープン混合)では7着。とはいえ、追っつけて行ったぶん障害で手こずり、軽馬場で先に障害を越えた馬たちが止まらない流れに泣いたもので、悲観する内容ではありません。当時の勝ち馬ニュータカラコマとのハンデ差が25から35キロに広がる今回、ペースを守って先行できれば差のない戦いが可能でしょう。
 近走、大きな着順が続くも復調気配を感じる▲カイシンゲキや、北斗賞3着で障害巧者の△フジダイビクトリーを押さえます。

【第8回開催5日目】
 7月30日(日)のメイン第10レースは、第42回ばんえい大賞典(3歳・20:10発走予定)
 障害巧者の◎メジロゴーリキは、2歳シーズンでは、重賞・ナナマド賞で3着に好走すると、最終開催の若草特別(3歳牡馬オープン)で同世代限定のオープン特別戦初勝利をマークしました。このレースの前哨戦・とかちダービー(6月12日・3歳オープン)では障害ひと腰2番手クリアからそのまま2着に踏ん張っています。今回の670キロは牡馬としては最軽量タイなのも有利。重賞初制覇なるでしょうか。
 ○センショウニシキは、ヤングチャンピオンシップ、イレネー記念の2重賞とも4着という実績馬。しかし、通算6勝と勝ち星が少なくあまり賞金を稼いでいないため、いまだB4級で走っています。実績のわりに670キロは恵まれた印象です。
 ▲ミノルシャープは、とかちダービーこそ回避したものの、とかち皐月賞(3歳オープン)、前開催のわし座特別(B2級-1組)での勝利を含め、今季7勝、2着1回。B4級スタートからB1級までノンストップで昇級してきた上がり馬です。勢いに乗って重賞も仕留めるか注目です。
 とかち皐月賞3着、わし座特別2着の△ウンカイタイショウも侮れません。

【第8回開催6日目】
 7月31日(月)のメイン第10レースは、しし座特別(A2級-2組混合・20:10発走予定)。前開催の前開催のルビー特別(A2級)のほぼ再戦ですが、1、3着馬は不在となっています。
 ◎フウジンライデンは、ルビー特別で2着に好走。スムーズに障害を越えると、末脚の伸びも上々。競走除外明けを感じさせない走りでした。今回は、決め手強烈だった勝ち馬、接戦を繰り広げた3着馬がいないメンバー構成。今季初勝利のチャンスといえます。
 ○フェアリードールは、ルビー特別では7着。もともとテンに置かれる面があるのに加え、大外10コースに入ったこともマイナスに働いたようで、不本意なレースでした。近走、障害のキレそのものは悪くなく、精彩を欠く面々が多いここなら、一変があるかもしれません。
 ▲ヤマノウンカイは、ルビー特別の4着馬。軽馬場で速い時計の決着となりましたが、大きく崩れなかったのは好調さを物語ります。引き続き警戒が必要でしょう。
 ルビー特別10着△ホクショウサスケ、同5着△キタノサムライは障害次第で決め脚発揮の場面がありそうです。

今週の見どころ(7/22~7/24)

2017年7月21日(金)

 7月24日(月)のメインには、ビッグウエイトカップが組まれています。今季の前走出走時の馬体重が重い馬による選抜戦で、ばんえい競馬らしいレースといえます。昨年のセンゴクエース、一昨年のキサラキクと2頭の勝ち馬も出走予定ですが、帯広単独開催になった2007年以降、このレースを2勝以上した馬はいないというデータは気になるところかもしれません。

【第8回開催1日目】
 7月22日(土)のメイン第10レースは、さざなみ特別(A2級-1組・20:10発走予定)
 ◎ファイトガールは、2開催前のムーンストーン特別(6月24日・A2級)では逃げて2着。3連勝中で1番人気のカネゾウにこそ交わされたものの、ゴール前で巻き返してコンマ1秒差まで詰め寄る根性の走りでした。今回はそのカネゾウが回避。逃げれば簡単には失速しないでしょう。
 5歳牝馬の○タキニシサンデーは、特別戦では苦戦傾向がありましたが、今季はA2級の旭岳特別2着(5月29日・勝ち馬はカネゾウ)や、白鳳賞(7月3日・5歳牝馬オープン)1着など大崩れなく走って地力強化を感じさせます。
 ムーンストーン特別があった開催には5歳牡馬オープンの瑞鳳賞も組まれていました。同レースに出走していた2頭も有力。両馬は前開催ではルビー特別(A2級)を使われて、▲アアモンドロシアが3着で、△イノリノチカラが1着とともに上位を確保しています。

【第8回開催2日目】
 7月23日(日)のメイン第10レースは、ユリウス特別(A1級・20:10発走予定)
 ◎ハクタイホウは、6月の今季初戦から5走して、3勝、2、3着各1回と堅実。前開催のこと座特別(A1級-1組混合)では差し脚届かず2着とはいえ、勝ったのがサクラリュウ(現オープン)では相手が悪かったといえます。今回から特別戦では賞金別定5キロが課されますが、A1級なら実力上位で通ります。
 ○カゲホウトウは、A1昇級後のオープン混合戦では苦戦続き。しかし、相手が楽になった5走前からは、結果は伴わずとも障害のキレはよく、前々走の文月特別(7月10日・A1級-2組)、続くA1級-1・2組決勝混合戦(勝ち馬はハクタイホウ)と連続2着で好調の波に乗ってきました。
 4歳馬▲ホクショウディープは、6月17日のジュノー特別(A1級)では障害ひと腰からサクラリュウの3着に好走。クラス慣れを感じさせます。当日はやや軽めの馬場が予想されるためスピードが生かせそうです。
 文月特別の勝ち馬△アサヒリュウセイ、こと座特別4着△シンザンボーイは特別戦のペースが合うタイプで侮れません。

【第8回開催3日目】
 7月24日(月)のメイン第10レースは、ビッグウエイトカップ(B1級以上選抜・20:10発走予定)
 2015年のこのレースの勝ち馬◎キサラキクに期待します。今季、特別戦では4戦して1勝、2着2回、4着1回と好走続き。6月18日の重賞・旭川記念では750キロでも障害は三腰でまとめると、優勝争いには絡めなかったとはいえ4着と力をつけています。軽めの馬場でのスピード比べには滅法強く、このレース2度目の制覇も十分でしょう。
 ○センゴクエースは、古馬重賞では苦戦続きでしたが、雨馬場で速い時計での決着となった前開催の北斗賞では、スムーズな登坂から僅差の4着と変わり身を見せました。昨年のこのレースの勝ち馬で、連覇の可能性もありそうです。
 ▲オレノココロは、北斗賞が1番人気で5着でしたが、10キロとはいえハンデも響いたかもしれません。今回は賞金ハンデ(通常の特別戦であれば15キロ)が課されず、重量的にいちばん恵まれた格好。昨年の3着以上も見込めそうです。
 △サクラリュウは、今季3勝を挙げて前開催からオープンへ昇級。ほかのオープン馬3頭と比較すると実力的に劣勢な感は否めませんが、条件級馬には負けられません。
 条件級馬では障害巧者△バウンティハンターに注目します。

1234567891011
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.