ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

お知らせ・ニュース アーカイブ

1234567891011

今週の見どころ(10/21~10/23)

2017年10月20日(金)

 10月22日(日)のメインには、4歳牝馬オープンによる紅バラ賞が組まれています。11月12日に実施される重賞・クインカップの前哨戦となります。この世代は、マルミゴウカイをはじめ牡馬が強力で、牡馬との混合重賞で馬券に絡んだ牝馬はゼロ。それだけに牝馬同士での戦いとなるここは貴重な舞台といえそうです。

【第14回開催4日目】
 10月21日(土)のメイン第10レースは、とかち馬文化を支える会十周年杯(B1級-1・2組決勝混合・20:10発走予定)
 ◎オホーツクノタカラは、B1級-1組予選では勝ち馬から離された5着が精一杯。しかし、B1級の特別戦(混合戦含む)では今季4戦して1勝、2、3、4着各1回の好成績を収めています。重量増を考えれば予選ほど流れは速くならないはず。巻き返して当然でしょう。
 B1級-2組混合予選で僅差3着○タカラシップは、今季、B1級の特別戦では3、4、7着。7着だった2走前の寒露特別は雨馬場で前半置かれたのが敗因で、障害は切れていました。終いに踏ん張れれば上位争いに加わりそうです。
 ▲ムサシブラザーは、寒露特別4着、2組混合予選2着と、ともにタカラシップに先着。目下障害のキレがいいだけに、こちらもひと押しきけば勝ち負けに持ち込みそうです。
 △メジロゴーリキは、1組予選では今回のメンバー中最先着の3着。685キロは未経験ですが、障害が安定している今なら克服できそうです。

【第14回開催5日目】
 10月22日(日)のメイン第10レースは、紅バラ賞(4歳牝馬オープン・20:05発走予定)。出走馬はB1またはB2格付ですが、重量格による別定重量戦のため全馬660キロです。
 ◎ブルーオーシャンは、黒ユリ賞を制した2歳シーズンの女王。今年7月末にB1へ昇級してからは大敗が続いていましたが、近3走ではすべて障害ひと腰と立て直されると、前走は好調馬揃いの決勝戦で勝利と完調を思わせます。3歳シーズンで同世代限定の牝馬オープン戦への出走はなく、実力比較が難しい面はあるものの、ここは持ち前の決め手炸裂に期待します。
 ○コウシュハローヤルは、ばんえいオークス3着、ばんえいプリンセス賞1着など、3歳シーズンで同世代牝馬をリードしてきた存在。今季は、山鳩賞(4歳オープン)3着や、三冠の第2弾・銀河賞(9月24日)では7着とはいえ690キロで障害はひと腰で越えるなど、牡馬相手でも見せ場を作っておりさらにパワーアップしています。
 ▲ヒカルナナヒメは、ばんえいオークス2着、ばんえいプリンセス賞3着。骨っぽい相手関係のB1昇級後も、障害力を武器に善戦を続けています。特別戦は歓迎のタイプでしょう。
 △タイキンは、今季12戦して6勝、2着3回、3着1回と絶好調です。今回の660キロは、ばんえいプリンセス賞2着で克服済み。互角の勝負が期待できます。
 △ビュウティハートは、ばんえいオークス5着、ばんえいプリンセス賞4着。前走B2級-2組の平場戦ではタイキンに完敗を喫していますが、障害力が生かせる特別戦に替われば、差はありません。

 10月23日(月)の見どころは枠順確定後に掲載します。

今週の見どころ(10/14~10/16)

2017年10月13日(金)

 10月15日(日)のメインには、2歳シーズン三冠の初戦・ナナカマド賞が組まれています。牡馬の前哨戦・青雲賞が接戦での決着だったように今年の2歳世代は上位拮抗といった感も。波乱に終わることも多い重賞だけに、実績だけでなく上昇度も考慮して臨みたいところです。

【第14回開催1日目】
 10月14日(土)のメイン第10レースは、北海道競馬記者クラブ特別(A1級-1組混合・20:10発走予定)
 ◎アサヒリュウセイは、先行しての競馬が板につき条件を問わず崩れなくなっています。今回からオープンへ昇級していますが、A1級との混合ならさほどの相手強化もなし。主役は譲れません。。
 ○トレジャーハンターは、7月のオープン昇級後、今回と同様の格下との混合戦では2着2回、3着1回とすべて馬券圏内を確保。前走の桔梗特別(オープン)では障害をひと腰でまとめても詰めを欠きましたが、ここならひと押しききそうです。
 ▲キンメダルは、前走の桔梗特別ではテンに置かれてしまい7着と、オープン限定戦では経験不足を痛感させられる結果に。しかし3走前のA1級混合戦は3着で、2着アサヒリュウセイに差された(コンマ3秒差)もののゴール寸前まで2番手をキープする好内容。障害のキレもよく、ここなら巻き返しが見込めます。
 △オイドンは今季初戦を叩かれたあと、またレース間隔が空きますが、実力通りならまとめて差し切る場面があっても不思議なし。
 △キサラキクは、超軽量戦の前走疾風賞を使われての変わり身があるかもしれません。

【第14回開催2日目】
 10月15日(日)のメイン第10レースは、第40回ナナカマド賞(2歳・20:10発走予定)
 ◎ジェイコマンダーは、牡馬の前哨戦・青雲賞(9月24日)では1番人気に応えられず9着でしたが、敗因は障害で転倒したためとハッキリ。立て直された前走の2歳A級-1組(10月1日)では、青雲賞2着オレワチャンピオン、同3着ハマノダイマオーらを破って勝利とやはり力があります。青雲賞時より賞金ハンデが5キロ増え10キロとなるのはやや心配ですが、父カネサブラックに初重賞タイトルをプレゼントしそうです。
 ○カネサダイマオーは、人気馬の凡走に恵まれたとはいえ、青雲賞を勝利。5番人気と伏兵評価でしたが、その前2走の2歳A級-2組ではともに障害ひと腰から2、3着と復活気配を見せていました。青雲賞2着オレワチャンピオンや、前述ジェイコマンダーとのハンデ差が5キロから10キロにひらくのも有利で、持ち前の息の長い末脚で抜け出すシーンもありそう。なおこちらもカネサブラック産駒です。
 その青雲賞2着馬▲オレワチャンピオンは、続く前走の2歳A級-1組(10月1日)では大逃げに出た結果、終い一杯になり4着も、それまでの10戦で4勝、2着4回、3着2回と安定感抜群。前走のように押していっても上がる抜群の障害力は重賞の舞台でさらに生きそうです。
 △ミスタカシマは、9月3日の2歳A級-1組戦では、ジェイコマンダー、オレワチャンピオン、ハマノダイマオーとの4頭での追い比べを制して快勝。10キロの賞金ハンデは微妙ですが、実力は牡馬にも劣りません。
 青雲賞3着、10月1日の2歳A級-1組戦2着△ハマノダイマオーも安定感があり押さえには必要でしょう。

【第14回開催3日目】
 10月16日(月)のメイン第10レースは、狩勝賞(オープン・20:10発走予定)。次開催の10月29日に行われる重賞・北見記念の前哨戦です。
 ◎コウシュハウンカイは、前開催の桔梗特別(オープン)ではトップハンデでしたが、障害ひと腰4番手から3着と崩れず。今季開幕からの連続馬券絡みを10へ伸ばしました。今回はオレノココロがおり、トップハンデから解放されます。桔梗特別で追い込みを決めたセンゴクエースの賞金ハンデが5キロ増え計15キロとなることを考えれば同馬との2秒4差は逆転可能とみます。
 ○フジダイビクトリーは、桔梗特別では2着に踏ん張りました。詰めの甘さが出なかったあたり、よほど体調が良いのでしょう。引き続きハンデが有利なのも歓迎材料。
 ▲オレノココロは、9月の岩見沢記念で今季重賞2勝目を飾ったあとひと息入れての参戦。30キロの賞金ハンデを課されるのは厳しく、北見記念を控えてのレースだけに目いっぱいの仕上げではないかもしれませんが、絶対能力の違いで勝ち負けに持ち込んでくるでしょう。
 △センゴクエースは、桔梗特別での追い込み劇は見事。ここも展開次第で再現がありそう。
 桔梗特別4着△サクラリュウは、終いの踏ん張り次第といえます。

今週の見どころ(10/7~10/9)

2017年10月 6日(金)

 10月9日(祝・月)のメインには、疾風賞が組まれています。年明けに実施されるスピードスター賞の予選第2弾。8月14日に行われた予選第1弾の稲妻賞は、過去に同条件の定量500キロの特別戦で3着以内があった2頭が1、3着で、2着はこの条件初出走だった馬。基本的には実績がモノをいうレースですが、未経験馬の適性推理も重要となります。

【第13回開催4日目】
 10月7日(土)のメイン第10レースは、寒露特別(B1級-1・2組決勝・20:10発走予定)
 ◎フナノクンは、B1級-2組予選で逃げ切って圧勝。前々走の4歳重賞・銀河賞では6着とはいえ、710キロで逃げて見せ場を作っており、自己条件のB1級なら力量上位で通ります。今季、特別戦では、6月19日に行われたクラス混合のゴールドトロフィーで2着があり、A1級のアサヒリュウセイをはじめ格上馬に先着しています。もっと上のクラスでも活躍できるでしょう。
 ○アサヒカツヒメは、同じ予選の3着馬。2走前のデイリースポーツ杯(B1級-1組混合)では、格上A2級のチヨノタカラにちぎられたものの、それでも2着としぶとい走りを見せました。同レースは障害で苦戦しましたが、今回ひと腰で越えれば際どい勝負が期待できます。
 ▲ホクショウマックスは、特別戦の流れが合うタイプ。デイリースポーツ杯では、ゴール寸前でアサヒカツヒメに差されたものの、2着の同馬からコンマ3秒の僅差3着に踏ん張っています。2組予選4着からの巻き返しがありそうです。
 B1級-1組混合予選勢では、4着△タカラシップが筆頭格。今季、B1級の特別戦では3、4着でもともに勝ち馬とは僅差で重量増も苦にしません。

【第13回開催5日目】
 10月8日(日)のメイン第10レースは、桔梗特別(オープン・20:10発走予定)
 ◎コウシュハウンカイは、前走の重賞・岩見沢記念で3着。最大40キロ差のトップハンデながら障害を先頭でクリアすると、オレノココロに差し切られたとはいえ2秒6差に踏ん張りました。今回もハンデは厳しいものの、ニュータカラコマに加え、オレノココロまで不在なら、負けられません。
 2開催前の朱雀賞(5歳オープン)の1、2着馬も有力。差し切り勝ちを収めたのは▲センゴクエースですが、障害にムラが出ている近況を考えると、ゴール前まで先頭をキープしていた障害巧者○キンメダルのほうが信頼できそう。両馬とも高重量の岩見沢記念を回避し、リズムよくここに臨んでいます。
 △サクラリュウは、前走の岩見沢記念で2着に好走し、高重量への慣れを感じさせるところ。特別戦では今回から賞金ハンデが5キロ増え10キロとなりますが、前述のとおりニュータカラコマ、オレノココロがおらず、引き続き勝ち負けが期待できるでしょう。

【第13回開催6日目】
 10月9日(祝・月)のメイン第10レースは、疾風賞(3歳以上選抜・20:10発走予定)。定量500キロ(牝馬20キロ減、3歳20キロ減、4歳10キロ減)でのスピード比べで、決勝戦・スピードスター賞の予選第2弾となります。
 今回の出走馬のうち、昨年度のスピードスター賞に出ていた2頭が有力でしょう。◎キサラキクは、昨年のこのレースが軽量の特別戦へ初挑戦ながら、障害3番手からいい脚を使って2着。決勝戦では2着キタノサムライにコンマ2秒だけ競り負けての3着と同条件での適性上位といえます。
 ○セイコークインは、決勝戦では5着だったとはいえ、昨年の稲妻賞を逃げ切っているように、予選レベルでは実力上位でしょう。
 4歳牝馬▲ヒカルナナヒメは、この条件初参戦ですが、スピードと切れ味が身上なので期待できそう。最軽量470キロというのも魅力に映ります。
 △ハクタイホウは、2015年の疾風賞では、2着セイコークインから2秒3差の3着。当時は4歳10キロ減の490キロで、今回は減量がありませんが、好走経験があるのは強み。
 △アアモンドネムロは、障害次第の面があり精彩を欠いていますが、決め手があるので、この条件で一変があるかもしれません。

今週の見どころ(9/30~10/2)

2017年9月29日(金)

 9月24日(日)の第1レースで、村上慎一調教師が通算1000勝を達成(ばんえい史上19人目)しました。カネサブラック、ニシキダイジンといった名馬を手がけ、今回、区切りの1000勝をプレゼントしたソラチノジョオーの父カネサテンリュウも自身の管理馬でした。今週は、10月1日(日)メインの秋桜賞に、カネサブラックの12歳下の弟でばんえい大賞典馬のカネサスペシャルが出走します。

【第13回開催1日目】
 9月30日(土)のメイン第10レースは、秋陽特別(A2級-1組混合・20:05発走予定)
 ◎カツオーカンは、A2昇級初戦こそ障害で崩れましたが、2走目の白露特別(9月4日・A2級-1組)ですぐに立て直され2着だったのは見事。16日の平場戦は回避しましたが、ここなら障害力を生かし、昨季A2級-1組の特別戦で勝利がある実力を見せつけそうです。
 ○チヨノタカラは、白露特別では流れに乗れず7着も、前開催のデイリースポーツ杯(B1級-1組混合)では一転の先行策から逃げ切り楽勝。引き続きB1級との混合だけにチャンスがあるでしょう。
 白露特別3着▲ホクショウメジャーは、メンバー中で唯一賞金ハンデの加増がないのが有利です。前開催の富士宮市長賞はA1級との決勝混合戦で相手が強く5着も仕方なし。B1級混合のここなら巻き返せるでしょう。
 B1級勢からは、△オホーツクノタカラ△ヤマトテンリュウに注目。ともにB1級の特別戦で好走実績があり、近況も充実しています。

【第13回開催2日目】
 10月1日(日)のメイン第10レースは、オッズパーク杯秋桜賞(3歳オープン・20:10発走予定)。11月5日に実施される3歳二冠目・ばんえい菊花賞の前哨戦ですが、回避が相次ぎ7頭立ての少頭数となりました。
 ◎センショウニシキは、3歳一冠目・ばんえい大賞典(7月30日)の5着馬で、その後5走連続して馬券圏内をキープ。B2昇級後の近2走も3、1着と好走しています。今回は重量格の別定戦で、B1級と同じ負担重量を課されるのが不利な印象も、目下の好調さを買います。
 ○ジェイワンは、4歳との混合重賞・はまなす賞(8月27日)の4着馬。初の670キロで障害で崩れましたが、2度目の同重量となった前走では息を入れての追走とはいえひと腰でクリアして僅差の競馬。3度目で同世代限定となる今回はさらに前進が見込めるでしょう。
 ▲ウンカイタイショウは、ばんえい大賞典では障害で転倒し競走中止。しかし、その後は本来の堅実さを取り戻しています。今回はばんえい大賞典より10キロ軽い670キロで出走できるのは有利。チャンスも見込めます。
 △ミノルシャープは、はまなす賞で逃げ切り勝ちを収めた実力馬。同レースで接戦を演じた2着馬コウシュハサマーが今回は回避するなど相手に恵まれましたが、トップハンデが懸念されます。

【第13回開催3日目】
 10月2日(月)のメイン第10レースは、神無月特別(A1級-1組混合・20:05発走予定)
 ◎シンザンボーイは、8月の重賞・ばんえいグランプリ8着を除けば6走連続連対中。2走前のA1級の特別戦は現オープン馬ハクタイホウの僅差2着、前開催のポテト特別(A1級混合)ではオープン馬トレジャーハンターらを相手に完勝しており、オープンでも通用しそうな充実度です。不安は賞金ハンデが5キロ増え10キロになることくらいのもので、まず勝ち負けでしょう。
 相手は、前開催の富士宮市長賞(A2級-1・2組決勝混合)の上位馬が有力。なかでも注目は2着だった○ホンベツイチバン。障害ひと腰先頭クリアからしぶとい走りで、格上A1級の1着馬フェアリードール、A2級で実力上位の3着馬カネゾウに割って入りました。特別戦の流れが合うタイプで、シンザンボーイとの15キロ差を生かしてどこまで食い下がれるでしょうか。
 ▲フェアリードールは、富士宮市長賞では、早めに先頭に立って押し切る快勝。すっかり障害が安定して崩れなくなっています。ただ、今回から特別戦では賞金ハンデ5キロが課されるぶんの3番手評価です。
 すっかり勢いを取り戻した△カネゾウや、競走除外明けでも実績上位△アサヒリュウセイも侮れません。

今週の見どころ(9/23~9/25)

2017年9月22日(金)

 9月23日(祝・土)、24日(日)の両日は普段より時間を早めて開催が行われますのでご注意ください(詳しくはこちら)。
 24日(日)のメインには、4歳シーズン三冠の第2弾・銀河賞(17時35分発走予定)が組まれています。7月に行われた一冠目・柏林賞を圧勝したマルミゴウカイが二冠制覇なるのか注目を集めそうです。

【第12回開催4日目】
 9月23日(祝・土)のメイン第10レースは、富士宮市長賞(A2級-1・2組決勝混合・18:05発走予定)
 A2級-1組混合予選を快勝した◎カネゾウに期待します。先行策から障害ひと腰先頭で抜けて押し切るという、王道の競馬を披露。馬体も戻りつつあり、復調を印象づけました。もともとA2級では実績上位の存在で、今回も出走しているA1級の2頭は予選で下しています。ここも勝ってA1昇級を決めそうです。
 ○ホンベツイチバンは、1組混合予選の3着馬ですが、それまでA2級の特別戦で2連勝していた実績馬。その2走にはカネゾウは不在だっただけに、ここが真価を問われるレースになるでしょう。
 A2級-2組予選勢の筆頭格は▲スーパータイトル。こちらも8月にはA2級の特別戦を制しています。障害でもたつく面も見せますが、基本的には巧者なので、前々で運べれば粘り込みもあるはず。
 △フェアリードールは、1組混合予選ではやや離されましたが、障害もスムーズでこの馬なりに伸びてはいました。状態は引き続き良さそうで、近走好相性の特別戦に替わるのは歓迎といえます。

【第12回開催5日目】
 9月24日(日)のメイン第10レースは、4歳シーズン三冠の第2弾・第25回銀河賞(17:35発走予定)
 7月に行われた一冠目・柏林賞は、◎マルミゴウカイが最大50キロ差のトップハンデを課されながら2着ホクショウディープに14秒差もつける圧巻の走りを見せました。今回は750キロでの出走で、一冠目に出走していた馬とはさらに10キロ、差が広がり最大60キロ差となりますが、相手探しとみて間違いありません。
 ○フウジンライデン(720キロ)は、柏林賞が競走除外で、2走前のはまなす賞では、4歳世代としては3着マルミゴウカイに次ぐ5着。障害はひと腰で越えており、着差ほど力のひらきは感じませんでした。3走前の山鳩賞(4歳オープン)も5着でしたが端の1コースだった影響もあったはず。3歳3月のイレネー記念以来、久々となる勝利の可能性も秘めています。
 ▲コウシュハローヤル(690キロ)は、メンバー中で最多となる今季4勝を挙げている好調馬です。山鳩賞では、マルミゴウカイに差され3着とはいえ、同馬より前の2番手で障害を越え見せ場十分。牡馬も出走できる重賞には初参戦のため、マルミゴウカイと勝負づけが済んでいない不気味さがあります。
 △ホクショウディープ(730キロ)は、ばんえいダービー2着、柏林賞2着のこの世代ナンバー2。当然ここも2着はあるはず。
 前走が今季初の連対と復調のきざしがある△アラワシキング(710キロ)も無視できません。

【第12回開催6日目】
 9月25日(月)のメイン第10レースは、デイリースポーツ杯(B1級-1組混合・20:10発走予定)
 ◎コウシュハサマーは、ばんえい大賞典3着、はまなす賞2着と夏の世代限定重賞で好走。B1級の特別戦へ初挑戦だった前開催のフォーマルハウト特別(B1級-1・2組決勝)ではゴール前4頭による優勝争いの末、僅差2着。力負けの印象はなく、B1級卒業はもはや時間の問題といえます。
 ○アサヒカツヒメは、平場戦で3連勝と絶好調。今回も強敵となりそうなライデンティダとは3走前に対戦し、1秒8差で振り切っています。B1級では特別戦に良績はありませんが、現状ならクリアできそう。コウシュハサマーとは初対戦ですが、先輩牝馬の意地を見せつける場面もありそうです。
 ▲ライデンティダは、昨季はA2級の特別戦で3着があるなどこのメンバーなら実績上位。しかし、今開催からA2へ昇級したことでハンデが不利になっており、やや評価を下げます。
 △ホクショウマックスは、8月26日のアルタイル特別(B1級-2・3組決勝)が僅差の2着で、現在3戦連続連対と好調キープ。そのアルタイル特別を勝った△チヨノタカラも当然争覇圏内の1頭です。

1234567891011
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.