ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

重賞(特別)予想 アーカイブ

<<前へ 1234567891011

1/2帯広記念予想 矢野吉彦

素直に好条件のオレノココロ

 ばんえい競馬ファンのみなさん、明けましておめでとうございます。今年も"去年以上に"よろしくお願いします。
 年末のヤングチャンピオンシップが当たって、おかげさまで首位をキープしたまま新年を迎えることができました。レース直後、ざっと計算して目黒サンに抜かれちゃったかな、と思ったのですが、ギリギリ残れましたね。
 さて、今年の重賞予想も、例年通り帯広記念からスタートです。いつも川崎競馬場のイベントで予想して大恥をかいているレース。とにかくよく荒れています。馬場状態や重量や各馬のローテーションなどがすべて相まって、波乱を呼びやすい条件が整っているのかもしれません。
 でもここは、素直にオレノココロを狙います。おととし、去年とこのレースを制していますから、条件がピッタリなのは言わずもがな。去年は、このレースまでの3戦で5、8、9着と振るわなかったために人気を下げていましたが、見事に巻き返しました。しかもその時の重量は"トップハンデ"の920㎏。フジダイビクトリー、ニュータカラコマ、コウシュハウンカイより10㎏重かったんです。今年はそれより10㎏軽くなって、ニュータカラコマ、コウシュハウンカイのほうが重くなりました。だったら、近走の着順は無視して、オレノココロを狙っていいでしょう。
 相手はもちろん、近走好調のフジダイビクトリー。今年は固そうな気がしますけどね。
 馬券は、まず3連単のフォーメーション。1着はオレノココロとフジダイビクトリー、2着はその2頭とニュータカラコマ、コウシュハウンカイ、3着は上記4頭にフクドリとサクラリュウを加えます。これが24点になるので各200円買っておきます。あとは、オレノココロとフジダイビクトリーの2頭軸で相手をニュータカラコマ、コウシュハウンカイに絞った3連単のマルチ(計12点)を各100円で押さえておきます。
 さて、川崎競馬場では、2日のトークショーに加えて、2、3、5日に場立ち予想会も開催しますので、お近くの方はどこか1日でもけっこうですから、ご家族、お友達お誘いあわせの上、ぜひご来場ください!では、今回はこのへんで。

◎5 オレノココロ
〇7 フジダイビクトリー
▲4 ニュータカラコマ
△9 コウシュハウンカイ
△6 フクドリ
△10 サクラリュウ

3連単
5,7→5,7,4,9→5,7,4,9,6,10 各200円 計4800円
3連単2頭軸マルチ
5,7⇔4,9 各100円 計1200円

1/2帯広記念予想 須田鷹雄

重量差を生かしてフジダイビクトリー

 このところ重量差の恩恵を満喫している感のある◎フジダイビクトリー。もともと高重量戦は得意なタイプだし、みんなが苦しい重量帯での10キロ差・20キロ差はさらに効いてくる可能性がある。
 逆転があるとしたら○オレノココロしかないと見る。昨年度も秋は成績を落とし、帯広記念の優勝を足場にばんえい記念制覇を果たした。そろそろ本気を出すタイミングだろう。
 ◎○が1、2着のほかに◎1着○3着のパターンも買いたいが、その場合の2着候補は絞りたい。重量面で不利でも底力のある▲コウシュハウンカイと、900キロは魅力だが端枠を引いてしまった☆サクラリュウの2頭。△ニュータカラコマは◎○の3着だけ想定する。

◎7 フジダイビクトリー
○5 オレノココロ
▲9 コウシュハウンカイ
☆10 サクラリュウ
△4 ニュータカラコマ

3連単
7,5→7,5→9,10,4 各800円 計4800円
7→9,10→5 各600円 計1200円

1/2帯広記念予想 斎藤修

910キロならオレノココロ3連覇

 詳しくはオッズパークのブログをご覧ください。

 ◎5オレノココロ
 ○7フジダイビクトリー
 ▲10サクラリュウ
 △9コウシュハウンカイ

 3連単
 5→7,9,10→7,9,10 1000円 計6000円

ヤングチャンピオンシップ 予想結果

2017年12月29日(金)

目黒:3連単500円的中! 収支+19,550円
矢野:3連単300円的中! 収支+9,330円
荘司:馬複2000円的中! 収支+8,200円
斎藤:3連単100円的中! 収支-890円

【集計】投資額 6,000円×17R=102,000円

矢野  -1,290円
目黒  -3,310円
斎藤  -19,810円
須田  -22,020円
山崎  -22,750円
荘司  -65,740円

---------------------------------------
白組  -43,120円
紅組  -91,800円

12/29ヤングチャンピオンシップ予想 山崎エリカ

コウシュハレガシーの決め手に期待


 ナナカマド賞の優勝馬ミスタカシマがまさかの予選落ちしたことでオレワチャンピオンが断然ムードの様相。オレワチャンピオンは、ナナカマド賞の2着馬であり、さらにA1クラスと北央産駒特別を連勝したとなれば大本命の扱いも当然でしょう。

 しかし、ミスタカシマでも大敗するのが、成長途上でどんぐりの背比べの2歳戦。オレワチャンピオンを本命にするのは氷が張った水の上を歩くようなもの。また、そうなるとミスタカシマが敗れた激戦区の十勝産駒特別の優勝馬ジェイコマンダーに期待したくなりますが、この馬も近3走で大敗しているだけに、積極的には狙いづらいでしょう。

 よって、◎には、3走前のA1クラスでオレワチャンピオンの2着、前々走ではジェイコマンダーに先着しているコウシュハレガシーを推します。また、この馬は、十勝産駒特別で並みいる強豪を撃破しているように、ここへ来て地力をつけているのは明らか。格下相手の前走3着も、障害をひと腰でまとめられてはいたので、この馬の上位争いに賭けます。

 ○オレワチャンピオンは、ナナカマド賞の2着馬で、予選の北央産駒特別では終始先手を取って快勝。メンバー中でもっとも馬格があり、力強い馬ですが、ナナカマド賞でミスタカシマの強襲を食らったように詰めが甘いのが弱点。格下相手なら力任せに押し切れますが、重賞のメンバーが相手となると、また、何かの強襲を食らう可能性も十分。個人的にその筆頭が◎コウシュハレガシーと見ていますが、果たして?

 ▲ジェイコマンダーは、接戦のナナカマド賞では3着に敗れましたが、激戦区の十勝産駒特別を快勝。しかし、その後の3戦がいずれも障害で苦戦して大敗。特に前走がトップハンデを考慮しても大敗しすぎているので狙い下げました。

 あとは△に釧路産駒特別では勝ち馬キンツルモリウチを見ながら仕掛けて、最後の直線ではバテた馬たちをかわして2着に食い込んだフレイムゴールド。この馬は障害に不安がありますが、追走力がある馬。障害さえ上手く越えられれば、釧路産駒特別の再現がありそうです。

 他では、出脚の悪さが解消されたことで、めきめき頭角を現したキンツルモリウチ。釧路産駒特別の勝ち馬で、前々走でもミスタカシマらと接戦の3着。◎オレワチャンピオンと同型タイプなので狙い下げましたが、この馬の成長力ひとつで出番があるでしょう。

 最後にナナカマド賞では追走一杯で上位馬には完敗でしたが、ここへ来て地力をつけて前走の北央産駒特別ではオレワチャンピオンに2.0秒差まで迫ったバンリュウブラック。この馬は前走で疲れが出たのか(?)、2開催開けての出走となりますが、上手く調整できていれば不気味な存在です。


◎ (2)コウシュハレガシー
○ (8)オレワチャンピオン
▲ (7)ジェイコマンダー
△ (3)フレイムゴールド
△ (9)キンツルモリウチ
△ (5)バンリュウブラック

馬複
2-8 3000円
2-7,3 各800円 計1600円
2-9,5 各700円 計1400円

<<前へ 1234567891011
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.