ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

メイン

お知らせ・ニュース アーカイブ

<<前へ 56789101112131415

今週の見どころ(2/4~2/6)

2017年2月 3日(金)

 1月30日(月)には、5歳オープンによるダイヤモンドダスト賞が行われ、2番人気のイノリノチカラが快勝しました。今週は2月5日(日)のメインに4歳オープンの白雪賞が組まれています。年度末のばんえい記念への路線だけではなく、3月12日に実施される重賞・ポプラ賞(4歳・5歳混合)へ向けての若い馬たちの戦いにもご注目ください。

帯広競馬場でのイベント(ばんえい十勝ばん馬冬まつり)はこちら
各直営場外発売所でのイベントはこちら
☆たびりずむ「ばんえい記念観戦ツアー」(東京発着)のお知らせはこちら

【第23回開催1日目】
 2月4日(土)のメイン第10レースは、十勝川温泉彩凜華杯(A2級・18:05発走予定)
 ◎テルシゲは、昨季はA1級で活躍していた実力馬。それを考えると、近3走の平場戦が7、5、4着というのは不本意です。とはいえ敗因は障害ではなく、流れに乗れていないこと。それならペースが落ち着く特別戦に替わるのは歓迎のはず。長澤幸太騎手へ乗替わることも考慮して、変わり身が期待できそうです。
 直近のA2級の特別戦は、2開催前のガーネット特別(1月9日・A2級-1組)。雪中のレースで、逃げ切り勝ちを収めたホクショウメジャーはすでにA1へ昇級、2着ホクショウディープも2月5日の4歳オープン特別戦へ出走予定のため今回は不在です。となれば4着だった○サカノテツワンが巻き返してきそう。第2障害を2番手で越えると、決め脚あるホクショウディープ、コウリキに差されたものの僅差で踏ん張りました。12月10日の冬月特別(A2級-1組)でアサヒリュウセイ(現A1級)の2着という実績もあります。
 ▲コウリキは、ガーネット特別がサカノテツワンに先着しての3着で、続くダイヤモンドダスト賞(1月30日・5歳オープン)では2着。これで4走続けて障害をひと腰でクリアと、充実しています。もともと決め手は一級品なだけに、このメンバーなら突き抜ける可能性も十分です。
 △カツオーカンは、12月の2開催、年始の1開催を休んで臨んだガーネット特別では8着。続く前走のA2級戦(1月21日)は6着ですが、ともに着順ほど内容は悪くありません。もともとこのクラスの上位常連だけに、体重が戻ってくれば上積みがあるでしょう。
 △タキニシサンデーは、前走の重賞・ヒロインズカップ(1月22日)こそ大敗したものの、3、2走前はA2級の平場戦で1、2着と好走していました。自己条件であれば、先行力を生かし上位争いできそうです。

【第23回開催2日目】
 2月5日(日)のメイン第10レースは、白雪賞(4歳オープン・18:05発走予定)。重量格による別定重量戦で、ハンデ差は最大40キロです。ばんえい大賞典、ばんえいダービー(12月25日)の3歳二冠馬マルミゴウカイが不在となっています。
 注目は、ばんえいダービー5着◎プレザントウェー。同レースを挟んで6戦連続連対(5勝、2着1回)と絶好調です。圧巻だったのは前走の吹雪特別(B2級-1組)での勝ちっぷり。715キロで第2障害ひと腰から早めに先頭に立つと、混戦の2着争いを尻目に9秒4差をつけての大勝でした。今回は前走より5キロ軽い710キロ。定量戦だったばんえいダービーの2、3着馬とは20、10キロ差がつくことで、好走はまず間違いありません。
 状態の良さなら○アラワシキングも負けていません。ばんえいダービー6着後が2、3、1、2、1着。昨秋以降のスランプから脱出しています。連闘続きでも馬体に大きな減少がみられず、前走のB2級-2組戦も逃げ切り楽勝でした。現状なら710キロでも十分やれそうです。
 ばんえいダービー2着馬▲ホクショウディープも近4走が2、3、3、1着と好調。4走前は、A2級-1組のガーネット特別で、決め手を生かし勝ち馬を追い詰めています。同世代限定の重賞・特別戦では3勝、2着1回、3着2回、4着1回という堅実さも魅力。トップハンデ730キロでもダービー1着馬が不在なら好勝負が期待できます。
 △ツルイテンリュウは、ばんえい大賞典3着、ばんえい菊花賞1着、ばんえいダービー3着と三冠すべてで馬券に貢献。近2走がイマイチですが、同世代限定戦ならやはり有力な1頭。
 △キタノリュウキも3歳三冠が2、4、4着という実力馬。流れが落ち着く特別戦のほうが力を発揮しやすそうです。

【第23回開催3日目】
 2月6日(月)のメイン第10レースは、東京スポーツ賞(A1級-1組混合・18:05発走予定)
 障害巧者◎サクラリュウの特別戦連勝が濃厚です。前開催のデイリースポーツ杯(1月23日・A1級)では第2障害ひと腰クリアから逃げ切って快勝。12月11日のおおいぬ座特別(A1級混合)以来、今季2度目の特別戦勝ちを収めています。今回はデイリースポーツ杯2、3着馬が不在で、唯一のオープン馬ホクショウユウキくらいしか強敵がいません。
 その○ホクショウユウキは、2走前のプロキオン特別(1月14日・A1級-1・2組決勝混合)では2着。4着サクラリュウにはコンマ9秒だけ先着しています。サクラリュウと同型で、終いの踏ん張り次第で、勝利が見えてきます。
 決め手上位の2頭がどこまで迫れるでしょうか。▲アサヒリュウセイは、デイリースポーツ杯こそ障害で崩れ7着でしたが、正月開催では準重賞・ばんえい十勝金杯(オープン・A1級混合)を勝っている実力馬。これだけでは見限れません。また△ソウクンボーイは、プロキオン特別、デイリースポーツ杯とも5着。ともにトップハンデの克服もカギになりそうです。
 △ダイコクパワーは、デイリースポーツ杯10着は実力ではありません。流れに乗れさえすれば一発があっても驚けません。

今週の見どころ(1/28~1/30)

2017年1月27日(金)

 1月30日(月)のメインには、5歳オープンによる特別戦・ダイヤモンドダスト賞が組まれています。2歳時から続いてきた同世代限定の重賞が、正月の天馬賞で終了。明け5歳馬は、いよいよ本格的に古馬戦線へ組み込まれていきます。このレースには、牡馬が出走可能な9つの同世代限定重賞のうち8つを制した絶対王者センゴクエース(唯一、勝利していない3歳一冠目・ばんえい大賞典は競走除外)が不在。出走各馬はこのチャンスを生かしたいところでしょう。

帯広競馬場のイベントはこちら
☆たびりずむ「ばんえい記念観戦ツアー」(東京発着)のお知らせはこちら

【第22回開催4日目】
 1月28日(土)のメイン第10レースは、みずがめ座特別(B1級-1・2組決勝・18:05発走予定)。B1級-1組(1月22日)、B1級-2組(21日)の両予選上位馬による一戦です。
 昇級初戦だったB1級-1組予選が1番人気で3着◎フクトクに注目します。走路を雪が覆っているような軽馬場で、障害を早めに越えた馬がそのまま残る流れでは、末脚不発も仕方ありませんでした。2走前のB2級の特別戦では、第2障害2番手クリアから鮮やかに差し切っているように状態は良く、馬場さえ回復すれば、十分勝負になるでしょう。
 1組予選で5着だった○ニシノキングは、不得手なスピード勝負でも、掲示板内をキープしたところには評価が可能。元日のニューイヤーカップ(B1級-1組)2着をはじめ、今季B1級の特別戦では3戦して3、1、2着と実績上位なだけに、特別戦に替わって巻き返してきそうです。
 1組予選2着▲ライデンティダも、今季B1級の特別戦で2、2、4着と堅実な走り。4着はニューイヤーカップでしたが、逃げ切り勝ちを収めたホンベツイチバン(現A2級)、強烈な決め手がある3着オレモスゴイが不在のここは、着順を上げてくるはず。
 B1級-2組予選勢では、2着△シンエイパワーに注目。障害には自信を持っており、こちらも今季B1級の特別戦では4戦して3、4着各2回と崩れなし。あとひと押しがきけば、連争い候補です。

【第22回開催5日目】
 1月29日(日)のメイン第10レースは、柏林馬事公苑特別(オープン・18:05発走予定)
 前開催の睦月特別(1月15日・オープン)は、トレジャーハンターが逃げ切りを狙うところ、第2障害ひと腰、離れた2番手で越えたキタノタイショウがゴール前でとらえて快勝しています。今回注目は2着だった◎トレジャーハンター。同じく2着だった前々走のばんえい十勝金杯(1月5日・オープン・A1級混合)のリプレイ映像を見ているかのようなレースで、2戦続けての1秒台の差での惜敗でした。少しの展開利があれば、勝利に手が届きそうです。
 ○コウシュハウンカイは、3開催前の師走特別(オープン)3着、2開催前のホワイトクリスマス賞(オープン)6着。ともにトレジャーハンターが逃げ切ったレースでした。2開催前の6着は重賞前のひと叩きといった感じで仕方なしとしても、続く帯広記念で見せ場なし8着は気になるところ。とはいえ力はあるだけに、トップハンデでも軽視しにくい感はあります。
 ▲ニシキエーカンは、昨季はオープン特別で勝利していた実績馬。A1級からスタートした今季は、先行力を身につけたことで、単なる差し馬から成長して、オープンに帰ってきました。ここは相手強化でも期待のほうが大きいです。
 △オイドンは、師走特別4着、ホワイトクリスマス賞2着という成績を考えると、睦月特別の6着は不満が残るところ。障害で大きく手こずらなければ、ハンデを考えても差のない競馬が可能でしょう。
 睦月特別ではトップハンデでも4着と崩れなかった△フジダイビクトリーや、流れが合えばキタノタイショウにも再び出番がありそうです。

【第22回開催6日目】
 1月30日(月)のメイン第10レースは、ダイヤモンドダスト賞(5歳オープン・18:05発走予定)。4歳シーズン三冠馬センゴクエースの名前がなく混戦模様。A1級の牡馬キンメダル、バウンティハンターの740キロから、B1級の牝馬4頭の700キロまでハンデ差は最大40キロです。
 注目は◎バウンティハンター。4歳シーズン一冠目・柏林賞では、逃げ切り勝ちを収めたセンゴクエースから離されたとはいえ、第2障害2番手からそのまま2着に粘り込んでいます。三冠目の天馬賞でもセンゴクエースに次ぐ2番手でクリア。結果失速し5着だったとはいえ、同世代で屈指の先行力と障害力を見せています。8月には、センゴクエースが不在だった重賞・はまなす賞(3歳・4歳混合)を制覇。その後は凡走が続きますが、B1から飛び級でA1へ上がり、しかも特別戦では賞金別定15キロが課されているのも理由でしょう。絶対王者が不在で、賞金別定重量の加増がない今回は、ぜひとも勝っておきたいところです。
 B1級の牝馬○レジーナは、メンバー中で最多タイの今季8勝をマークしている上がり馬です。4歳牝馬重賞・クインカップ(11月13日)では690キロで障害をひと腰でまとめて4着と善戦。さらに5キロ重かった元日のB1級-1組の特別戦では大外枠に入ってもひと腰で切って5着。今回はさらに5キロ重い700キロでも、おそらく大丈夫。同世代の牡馬一線級とは初対戦ですが、最軽量ハンデを生かして見せ場以上が期待できます。
 ▲キンメダルは、二冠目・銀河賞2着、天馬賞3着。ともにセンゴクエースから5秒ほどの差に健闘しています。A1級は頭数が少ないため、オープン馬との対戦が多いものの、堅実に掲示板を確保するあたりは実力の証明といえそう。今回は同型バウンティハンターの出方次第ですが、展開を作れるようなら、勝機もあるでしょう。
 A2級の牡馬△コウリキは、天馬賞では差し脚を生かして、8番人気ながら2着。続く前走A2級-1組の特別戦では長くいい脚を使って3着と、久々に連続して好走しました。バウンティハンターとキンメダルが天馬賞から20キロ減なのに対し、この馬は30キロ減なのが有利。とはいえ、展開に左右される面は否めないので、押さえまで。
 B1級の牡馬で720キロ△アアモンドロシアは、B1昇級後4戦して2、3着各2回。3、2走前は特別戦で、ともに715キロでも障害のカカリもよく、好調を維持しています。7着に終わった柏林賞時より、障害力がついており、見せ場以上が見込めます。
 同じくB1級の牡馬×イノリノチカラは、柏林賞3着、銀河賞5着、天馬賞4着と力はあります。ただ、近2走が後方をついてまわっただけで、見どころがないのは気になるところです。

今週の見どころ(1/21~1/23)

2017年1月20日(金)

 1月22日(日)のメインには、古馬(4歳以上)女王決定戦・ヒロインズカップが組まれています。現在、オープンの牝馬は3頭だけですが、そのうちの1頭、キサラキクが昨年11月にドリームエイジカップ(4歳以上選抜)を制覇。牝馬が、牡馬を相手に世代限定戦以外の重賞を勝つのは、2011年9月岩見沢記念のフクイズミ以来、久々の出来事でした。キサラキクは昨年のヒロインズカップ5着馬。今年もこのレースの上位勢から活躍馬の出現に期待したいところでしょう。

帯広競馬場でのイベントはこちら

【第22回開催1日目】
 1月21日(土)のメイン第10レースは、吹雪特別(B2級-1組・18:05発走予定)
 B2昇級後、自己条件戦では2戦2勝という4歳馬◎プレザントウェーに注目します。前走は、2開催前のB2級-1組戦(1月1日)。ヤマノホシが逃げ込みを図るところ、第2障害離れた2番手クリアから残り10メートル手前でとらえて押し切りました。明け4歳は正月開催から平場戦での減量が20キロから10キロに変更されており、しかも、賞金別定5キロを課されながらも、危なげのないレースぶり。今回は古馬に混じって初の特別戦挑戦で715キロですが、2走前の3歳重賞・ばんえいダービーでは730キロをひと腰で切っている巧者だけに心配なし。連勝濃厚といえます。
 B2昇級後3連勝中だった○テンカフブは、前開催の山羊座特別(1月16日・B2級-1・2組決勝)では2番人気で4着。古馬混合の特別戦初挑戦、700キロ台のハンデも初で、障害はひと腰とはいかなかったものの、3番手クリアからまずまずの走りを見せました。続けて特別戦を使われる今回は負担重量への慣れも見込め、上積みがあるでしょう。
 明け4歳の▲フナノクンは、昇級初戦の前走B2級-1組戦(1月9日)では、障害をひと腰でまとめて3着と好走。4秒3だけ先着された勝ち馬フクトクが、2走使いの山羊座特別で快勝しており、このクラスでも十分通用する力を見せています。持ち味は障害力だけに、古馬編入後初の特別戦でも見劣りしません。
 近走障害では崩れなしの△ヤマノホシは、とにかく終いの踏ん張り次第です。
 山羊座特別5着の△マタキタヨは、障害にムラが出てきたのは気になりますが、押さえには必要でしょう。

【第22回開催2日目】
 1月22日(日)のメイン第10レースは、重賞・第27回ヒロインズカップ(4歳以上牝馬、18:05発走予定)
 基礎重量オープン780キロから、オープン馬は今季の収得賞金120万円につき別定10キロ増となり、キサラキクが790キロでトップハンデ。明け5歳でA2級タキニシサンデーの750キロまで最大40キロのハンデ差がつきます。前哨戦はレディースカップ(12月18日・4歳以上牝馬選抜)で、近年の傾向としては、同レース6着以内か不出走だった馬の活躍が目立つレースです。
 注目は、レディースカップ2着◎ナナノチカラ。20キロ軽いシリウス(今回は登録なし)に逃げ切られてしまったものの、コンマ2秒差まで追い詰める、負けて強しのレースぶりでした。前走のばんえい十勝金杯(1月5日・オープン・A1級混合)では9着と大敗していますが、牝馬限定の重賞・準重賞は7戦して、4勝、2、3着各1回と得意の条件。昨年と同じ780キロで臨めるだけに、連覇へ期待が高まります。
 レディースカップ6着○アアモンドセブンは、障害のカカリが安定せず、成績にも波がありましたが、近3走はすべてひと腰から2、2、3着。前走のプロキオン特別(1月14日・A1級-1・2組決勝混合)では、レディースカップよりも重い725キロながら2着争いで存在感を示しました。有力視されるナナノチカラ、キサラキクがともに差しタイプなので、好調な今なら逃げ切りまで視野に入りそうです。
 ▲セイコークインは、ナナノチカラと同じ年に生まれなければ、同世代の女王タイトルをいくつか獲得していても不思議ない実力馬。先行力、障害力、決め手すべてが備わっていますが、器用貧乏な感じで勝ち切れない面もあります。レディースカップ4着で、ばんえい十勝金杯では3着。ライバルのナナノチカラが、今回大外10コースに入ったことで追走にスムーズさを欠くようなら、悲願の重賞勝ちも見えてきます。
 △キサラキクは、昨年のヒロインズカップ5着で、レディースカップが3着。ともに同重量でナナノチカラ(同じ2レースが1、2着)に先着されており、今回10キロ重くなるのは明らかに不利。とはいえ、11月には牡馬相手に重賞・ドリームエイジカップで逃げ切り勝ちを収めている地力は軽視禁物でしょう。
 レディースカップ不出走組では、△タキニシサンデーに注目。障害巧者で、ばんえいオークス2着をはじめ同世代限定の牝馬重賞ではいずれも善戦。最軽量750キロを生かせれば、前残りがあるかもしれません。

【第22回開催3日目】
 1月23日(月)のメイン第10レースは、デイリースポーツ杯(A1級・18:05発走予定)
 ◎アサヒリュウセイの巻き返しに期待します。11月下旬の6走前から4連勝でA1昇級。その初戦だったばんえい十勝金杯(1月5日・オープン・A1級混合)では、オープン馬トレジャーハンターを差し切って5連勝達成。続く前走のA1級-1組戦(1月9日)では当然のごとく1番人気に推されましたが、雪中のレースで時計勝負に対応できず5着でした。今回も軽めの馬場が予想されますが、特別戦なら極端に速い展開にはならないはず。当然主役評価です。
 ○サクラリュウも、1月9日のA1級-1組戦では馬場に泣いて3着。2走使いの前走プロキオン特別(A1級-1・2組決勝混合)も4着とはいえ、3頭による接戦の2着争いを演じてのもの。この馬に競り勝ち2着のホクショウユウキがオープン馬だったということを考えても評価は下がりません。
 ▲ホクショウメジャーは、A2級で2連勝して今回がA1昇級初戦。前走のA2級-1組特別戦では、障害力を生かし逃げ切り完勝を収めています。近況がイマイチな馬も多い組み合わせなので、好調度は大きな味方になりそうです。
 △ソウクンボーイは近3走では、ばんえい十勝金杯6着、A1級-1組戦(1月9日)1着、プロキオン特別が5着。軽めの馬場が得意なので、うまく流れに乗れれば、しぶとい脚を使った前々走の再現も。
 プロキオン特別7着△ダイコクパワーは、障害次第で差のない戦いが可能でしょう。

今週の見どころ(1/14~1/16)

2017年1月13日(金)

 ばんえい十勝は、年末年始の変則開催が終わり、今週からは土曜・日曜・月曜の週3日間の通常開催に戻ります。
 15日(日)のメインには、オープン馬による睦月特別が組まれています。今季の古馬オープン重賞は、2月26日のチャンピオンカップ(今季重賞優勝馬限定)、そして3月20日のばんえい記念と2戦を残すのみ。各馬、どのような臨戦過程を経て仕上げていくのか注目です。

【第21回開催4日目】
 1月14日(土)のメイン第10レースは、プロキオン特別(A1級-1・2組決勝混合・18:05発走予定)。A1級-1組(1月9日)、A1級-2組混合(10日)の両予選上位馬による一戦です。
 出走してきた4頭すべてが昨季はオープン格付だったA1級-1組予選勢が有力。なかでも期待は3着◎サクラリュウです。1月2日の重賞・帯広記念では初の800キロ超となる890キロ。唯一のA1格付でも、オープン馬と同じ条件のハンデながら、第2障害を先頭でクリアして見せ場十分の4着に好走しました。続く1組予選では高重量の疲れも見せず、障害をひと腰で切って勝ち馬から3秒0の僅差3着。雪の影響が残る馬場で、決め手あるソウクンボーイ(1着)、ニシキエーカン(2着)に早めに抜け出されては、展開が不向きだったと諦めるしかありません。今回は馬場が回復しそうで、しかも障害力が生かせる特別戦ということを考えると、巻き返しが濃厚といえます。
 ○ニシキエーカンも、重賞・ドリームエイジカップ(11月27日)で、オープン馬に混じって4着善戦というキャリアの持ち主。近12戦では、すべて単勝3番人気以内(1番人気8回)に推され、1組予選での2着を含め10連対という充実ぶりです。持ち前の決め手に加え、障害での安定感も文句なし。ここも上位争い必至です。
 1組予選4着の▲ダイコクパワーは、マイペースで運べれば、あっさり逃げ切った3走前のファイナルカップ(12月29日・A1級-1・2組決勝)くらいの走りはできる馬。同レースでは、ニシキエーカン、ソウクンボーイを2、3着にしりぞけています。続くばんえい十勝金杯(1月5日・オープン・A1級混合)では同じく先行しても見どころなしの7着だっただけに、好走のカギはとにかく展開です。
 2組混合予選勢では、△ホクショウユウキに注目。相手に恵まれたとはいえ、障害先頭クリアから押し切って今季初勝利を挙げています。メンバー中唯一の現オープン馬として貫録を示す場面もあるでしょう。
 1組予選で、軽めの馬場をもっとも味方につけたのは、おそらく勝ち馬の△ソウクンボーイ。とはいえ、勝ち味に遅いタイプが勝ち切ったということは、よほど状態が良いのでしょう。ここも押さえておきたいところです。

【第21回開催5日目】
 1月15日(日)のメイン第10レースは、睦月特別(オープン・18:05発走予定)。当日は雪の予報が出ているので、軽めの馬場が合う印象の馬を上位視します。
 ◎トレジャーハンターは、5、4開催前ではニュータカラコマの2、4着に敗れていましたが、同馬が不在だった3、2開催前のオープン特別戦を連勝。帯広記念の裏オープンだった前開催のばんえい十勝金杯(1月5日・オープン・A1級混合)は2着だったとはいえ、決め手自慢で10キロ軽いアサヒリュウセイにゴール線上で差されての1秒9差惜敗なら悲観すべき内容ではありません。今回は天敵ニュータカラコマが回避したとなれば、当然、主役です。
 ○オイドンは、2開催前のホワイトクリスマス賞(12月24日・オープン)では、トレジャーハンターに逃げ切られたとはいえ、第2障害離れた2番手クリアから1秒6差まで追いつめて2着。890キロで大敗した前走帯広記念は度外視して狙ってみたいところ。久々にコンビを組む鈴木恵介騎手の手腕にも期待です。
 ▲キサラキクは、ホワイトクリスマス賞が4着で、前走ばんえい十勝金杯では3着。ともにふた腰で障害を越えており、カカリは悪くありません。前走から据え置きの745キロなら大崩れはなさそう。決め手比べになれば一気に浮上してくるはずです。
 △カイシンゲキは、ホワイトクリスマス賞の5着馬。トレジャーハンターのハナを叩くような展開に持ち込めることが理想です。

【第21回開催6日目】
 1月16日(月)のメイン第10レースは、山羊座特別(B2級-1・2組決勝・18:05発走予定)。B2級-1組(1月9日)、B2級-2組(10日)の両予選上位馬による一戦です。年明けの開催から、明け5歳は平場戦では若馬の減量がなくなっていますが、特別戦では10キロ減が継続しています。
 注目は、B2級-1組予選の勝ち馬◎フクトク。精彩を欠く走りの連続でしたが、前々走で久々に差し脚を発揮(3着)すると、予選では一旦は抜け出したスターダストをゴール前で差し返すしぶといレースぶり。復調を感じさせます。もともと、7月にはB2級-1組特別戦で、後続をちぎって勝利している実績馬。本来の姿が戻った今なら、当然主役を演じてくれるでしょう。
 B2級-2組予選は、5歳馬○テンカフブが逃げ切って快勝。B2昇級後3連勝中で、1戦ごとの相手強化を跳ね除けています。今回は古馬になって初の特別戦挑戦ですが、前述のとおり、5歳は、平場戦(予選)より特別戦のほうが負担重量面で有利。障害を早めにまとめることができれば差のない戦いが可能と見ます。
 ▲マタキタヨは、2月26日のオリオン特別、B2級-1組予選とも4着と、1組戦で善戦しています。今回は2組との戦いで相手がやや楽になるだけに警戒が必要でしょう。
  △オンリーワンは、B2級-2組予選2着など勝ち切れないレースの連続ですが、安定感は評価すべきです。

今週の見どころ(1/8~1/10)

2017年1月 6日(金)

  今週のばんえい十勝は、1月8日(日)から10日(火)の変則3日間開催です。10日(火)のメインには、4歳牝馬オープンによる、ばんえいプリンセス賞が組まれています。約1カ月前に行われた重賞・ばんえいオークスは、9→2→7番人気での決着で、3連単は60万円を超える波乱となりました。今回は同レースの再戦模様ですが、この世代の牝馬には傑出馬がいない印象だけに、再び高配当が飛び出すかもしれません。

【第21回開催1日目】
 1月8日(日)のメイン第10レースは、カシオペア特別(B1級-3組混合・18:05発走予定)。B1級8頭とB2級1頭が争います。
 唯一のB2級馬である◎ヤマノホシに注目します。今季B2級の特別戦で5戦して3着3回、4、5着1回。すべて障害はひと腰で切っている巧者です。平場戦ではテンに置かれる面もあるものの、特別戦なら主導権を握ることができます。前開催の新雪特別(1月4日・B1級-2組)で、今回のメンバー中最先着3着のアアモンドロシアと、12月17日のB2級の特別戦で1秒1差の接戦を繰り広げていることを考えても、格負け感はありません。最軽量ハンデも有利で、終いの踏ん張り次第で勝利が見えてきます。
 その○アアモンドロシアは、B1昇級後も3、3着と連続好走。前走の新雪特別でも障害はひと腰でクリアしており、以前のようなモロさがなくなりました。前走の1、2着馬が不在で引き続きの715キロなら、大崩れは考えられません。
 ▲テンカムソウは、11月21日の五稜郭特別(B1級-2・3組決勝)ではワールドピサ(新雪特別の勝ち馬)を差し切って勝利している実績馬。その後は3着が最高で、新雪特別も6着とはいえ障害のキレはよく、特別戦なら軽視はできません。
 △シンエイパワーは、五稜郭特別が3着で、その後の特別戦でも4、4着と崩れていません。前走のB1級-3組戦で4カ月ぶりの勝利を挙げ意気上がるところ。
 「障害巧者だが決め手を欠く」馬が多い組み合わせ。早めに障害を越えられれば、△アグリナデシコがまとめて差し切る場面もありそうです。

【第21回開催2日目】
 1月9日(祝・月)のメイン第10レースは、ガーネット特別(A2級-1組・18:05発走予定)
 ◎サカノテツワンは、4戦連続2着と抜群の安定感を誇ります。勝ち馬は、4走前と2走前がアサヒリュウセイ、3走前がニシキエーカンで、現A1級の実力馬と互角の勝負を繰り広げています。前走のA2級-2組戦(1月1日)は、逃げ切り寸前で、同じく勝ち味に遅いホクショウメジャーに差し切られたとはいえ、コンマ3秒差の惜敗。今回は1組の特別戦ですが、相手強化の感もなく、好勝負が望めそうです。
 ○ホクショウメジャーは、前走のA2級-2組戦(1月1日)では詰めの甘さも見せず、しぶとい脚を使って快勝。A2級の上位安定勢力で、特別戦も歓迎。うまく流れに乗れれば連勝の可能性も十分あります。
 ▲ホンベツイチバンは、元日のB1級-1組特別戦で叩き合いを制して勝利。前々走は8着でしたが、障害力を生かせる特別戦で変わり身を見せています。今回がA2昇級初戦とはいえ、近走で対戦経験のある馬も多く、得意な特別戦ということを考えても軽視はできません。
 △カツオーカンも障害力には定評があり、10月にはA2級-1組の特別戦で逃げ切り勝ちを収めています。3開催空きましたが、出てくるからには注目です。
 △ホクショウディープは、前走のA2級-1組混合戦(1月5日)が2番人気・4着でしたが、勝ち馬は前述ニシキエーカンで、2着もA1級馬と相手が強すぎました。A2級同士の戦いなら見直せるはずです。

【第21回開催3日目】
 1月10日(火)のメイン第10レースは、ばんえいプリンセス賞(4歳牝馬オープン・18:05発走予定)
 12月4日に行われた重賞・ばんえいオークス(定量670キロ)の1~9着馬が出走してきました。1着ホクトノホシ、2着ヒカルナナヒメは当時と同じ670キロ、3~9着馬と、唯一不出走だったタイキンは660キロでの出走となります。
 重量実績を重視して注目は、ばんえいオークスの勝ち馬◎ホクトノホシ。第2障害を5番手で越えると、先にクリアした4頭いずれも脚色が鈍るなか、抜群の手応えで突き抜け、段違いの強さを見せました。続くばんえいダービー、B1級-1組の特別戦では見せ場がありませんが、一気の相手強化と700キロ台の負担重量では仕方ありません。ばんえいオークスは9番人気での勝利でしたが、フロックではなかったことを証明してくれそうです。
 ばんえいオークスで掲示板に乗ったのは9、2、7、6、10番人気馬。上位人気馬のうち唯一好走したのが、2番人気で2着の○ヒカルナナヒメ。障害を先頭で越え、結果、ホクトノホシの決め手に屈したものの、3着コウシュハローヤルには、7秒0という決定的な差をつけており、ここも引き続き上位をうかがいます。
 ▲コウシュハローヤルは、ばんえいオークスで3着。障害3番手から残り30メートルでは先頭に立とうかという勢いで、見どころがありました。1、2着馬より10キロ軽いハンデを生かしてどこまで食い下がれるでしょうか。
 △フジノウンカイは、障害を2番手で越えて4着。その後も、もどかしいレースが続きますが、終いの踏ん張り次第で、前残りに警戒が必要でしょう。
 △タナボタチャンは、ばんえいオークス7着を除けば大崩れなしの近況。もともとは2歳シーズン女王決定戦・黒ユリ賞の2着馬だけに、押さえておきたいところです。

<<前へ 56789101112131415
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.