ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 2018年1月 | メイン

2018年2月 アーカイブ

123

今週の見どころ(2/17~2/19)

2018年2月15日(木)

 2月18日(日)のメインには、準重賞・ウィナーズカップが組まれています。来週25日(日)に実施される重賞・チャンピオンカップは今季の重賞勝ち馬による選抜戦ですが、こちらは今季特別戦勝ち馬による一戦。重賞では未勝利も入着実績がある馬も多くおり、好レースが期待できます。
 その18日(日)はデイ開催のため、発走時刻等が早まりますのでご注意ください(詳しくはこちら)。

【第24回開催1日目】
 2月17日(土)のメイン第10レースは、雪月花特別(A2級-1組・18:10発走予定)
 ◎タカラシップは、A2へ昇級後、勝ち星は5歳限定のダイヤモンドダスト賞のみですが、自己条件でもすべて勝ち馬からは6秒差以内の3、2、5と崩れていません。障害巧者でしかも若馬の減量がある特別戦へ替わるのは歓迎で、惜敗続きを脱する可能性が大といえます。
 ○ホクショウマックスは、すでに同条件の特別戦で勝利している実績馬。1月27日のみずがめ座特別(A1・A2級決勝混合)ではA2級馬として最先着の3着に健闘しています。
 ▲フクトクは、前走のA2級-1組平場戦では早め先頭から押し切って、タカラシップ(5着)を破っています。タイプ的に特別戦はプラスとはいえませんが、現在の障害のキレならやれそうです。
 みずがめ座特別4着△マツカゼウンカイ、同5着△ブチオを押さえます。

【第24回開催2日目】
 2月18日(日)のメイン第10レースは、ウィナーズカップ(4歳以上選抜・17:30発走予定)。今季特別戦を勝っている、通算収得賞金順上位馬による選抜戦です。
 トップハンデのフジダイビクトリー790キロから、牝馬セイコークイン760キロまで、重量差は最大30キロしかつきません。
 ◎ホクショウユウキは、前開催の然別賞(オープン)の2着馬。オープン昇級後、7走して、準重賞・ばんえい十勝金杯5着を除けばすべて連対と好調です。そのばんえい十勝金杯も障害はひと腰で越えており悪いレースではありませんでした。今回は降雪の影響で軽めの馬場が予想されることで本命視します。
 ○サクラリュウは、然別賞では障害3番手クリアから差し切り勝ち。それまでの2走とは違い障害で腰が入っており本来の動きを取り戻しています。直近の古馬重賞・帯広記念2着の実力馬で馬場が大幅に軽くならなければ押し切りが狙えます。

 ▲カンシャノココロは、オープン昇級初戦の東京スポーツ賞を障害2番手から差し切って4連勝を決めています。今回は相手強化となりますが、勢いは侮れません。
 △フジダイビクトリーは、今季重賞で7走して2、3、4着各2回、5着1回と実績では断然。しかし今季の5勝はいずれもハンデに恵まれてのもので、トップハンデのここは、相手は楽でも勝ち切るまではどうか。
 △キンメダルは、牡馬で最軽量の770キロが魅力。ばんえい十勝金杯は4着でした。

【第24回開催3日目】
 2月19日(月)のメイン第10レースは、ウインターカップ(A1級-2組・18:10発走予定)
 ◎カネゾウは、このところ条件を問わず障害ひと腰クリアを続けています。平場での近2走は前半やや置かれている印象だけに、流れが落ち着く特別戦で巻き返しを図ります。
 ○ホクショウメジャー▲ワールドピサは、A2級の特別戦で好成績を残していました。A1昇級後、それぞれ3走、2走して慣れが見込めるタイミングでの特別戦への出走だけに警戒が必要でしょう。
 障害巧者の牝馬2頭△ファイトガール△フェアリードールの前残りもありそうです。

黒ユリ賞 予想結果

2018年2月12日(月)

伏兵アフロディーテの2着により的中者なし。

【集計】投資額 6,000円×21R=126,000円

山崎 -10,950円  
目黒 -12,230円  
矢野 -14,390円  
斎藤 -42,180円   
須田 -46,020円   
荘司 -87,460円   

---------------------------------------
白組  -102,590円  
紅組  -110,640円  

2/11黒ユリ賞回顧

ミスタカシマ断然人気に応える!

 11日(祝・日)は重賞・黒ユリ賞(3歳牝馬オープン)が行われ、単勝1番人気のミスタカシマが優勝。ナナカマド賞勝ちの実力をいかんなく発揮し、重賞2勝目を挙げました。

【出走馬】※馬名右の数字は単勝最終オッズ
  1.ジェイフラワー 23.2
  2.カイセリュウキ 46.2
  3.サンシルクラポピー 8.9
  4.サトクィーン 21.3
  5.センリョウバコ 48.5
  6.クイーンドリーマー 22.2
  7.ミスタカシマ 1.9
  8.プランセス 2.6
  9.アフロディーテ 46.5
 10.ウィナーサラ 24.5

 牡馬を相手に互角のレースを見せているミスタカシマが、単勝1.9倍の断然人気。白菊賞勝ちなど高いレベルで安定しているプランセスが2.6倍と、この2頭が人気を二分します。やや離れた3番人気のサンシルクラポピーが8.9倍で、単勝ひと桁台はここまで。ただ、1戦ごとに成長を見せる明け3歳馬だけに、単勝最低人気のセンリョウバコでも48.5倍と、どの馬にもチャンスがありそうな戦前予想となりました。

 馬場水分は2.2%でスタート。全馬未経験となる640キロの定量戦でしたが、道中は各馬とも軽快に飛ばします。ジェイフラワー、ミスタカシマ、サトクィーンあたりが先行態勢も、他馬も離れず追走し、横一線の状態で第2障害を迎えました。
 ひと息入れて、最初に仕掛けたのはジェイフラワー。続けてミスタカシマ、サトクィーンと積極的なレースを見せていた3頭が、ここでも早めの登坂。なかでも軽快に駆け上がったのがミスタカシマで、スピードに任せて障害を下りていきます。多少遅れてジェイフラワーが続き、サトクィーンもさほど遅れずに突破。以下、サンシルクラポピー、アフロディーテ、プランセス、センリョウバコが、次々と障害をクリアし、追撃態勢に入りました。
 残り30メートル標識を過ぎると、ミスタカシマが独走態勢を築き、苦しくなったジェイフラワーにアフロディーテとプランセスが迫ります。特に軽快な末脚を見せたのはアフロディーテで、残り20メートル付近で2番手に浮上します。しかし、先頭のミスタカシマは余力十分。懸命に追うアフロディーテを尻目に、ゆうゆうとゴール線を通過し、結果4秒6差をつけて2度目のタイトル奪取を果たしました。2着はアフロディーテで、さらに14秒差の3着にはサンシルクラポピーが入りました。

 勝ったミスタカシマは、これが重賞2勝目。やはり牝馬同士なら一枚上の存在で、その実力を存分に発揮しての勝利となりました。難なく障害を突破したことに加え、しまいまで軽快に脚を伸ばした内容からも、レースセンスは相当。今後、牡馬相手の重賞でも好勝負が期待できそうです。
 アフロディーテは9番人気を覆しての2着。じっくりため、ひと腰で駆け上がった第2障害が印象的で、最後の平坦路もきっちり歩ききる好内容。これだけスムーズな競馬ができれば、重賞制覇のチャンスも巡ってくるはず。今後も軽視は禁物でしょう。

成績はこちら
映像はこちら

鈴木恵介騎手「牝馬の中では力が抜きん出ているので、負けられないレースだと思っていました。スタートや道中も手応えが良く、障害は本当に上手な馬なので、楽に上がれました。これからも活躍する馬だと思います」

2/11黒ユリ賞予想 山崎エリカ

2018年2月11日(日)

実績と充実のミスタカシマが最有力

 定量戦で行われる黒ユリ賞は、近5走以内にA1クラスで連対していた馬が活躍するレース。A1クラスの連対馬が不在の昨年は大波乱となりましたが、それらが出走している場合は、ほとんど平穏に決着しています。

 実際に黒ユリ賞が2月に行われるようになってからの過去7年で、近5走以内にA1クラスで連対していた馬の成績は、【4・1・2・1】。唯一、4着以下に敗れたのは2014年のアサヒメイゲツで、同馬は前走A2クラスで12秒0差の大敗を喫していました。つまり、前走で大敗さえしていなければ、近5走以内にA1クラスで連対していた実績馬は、かなり信頼できるということ。

 今年のメンバーで、近5走以内にA1クラスで連対しているのは、ミスタカシマとプランセス。プランセスはオープンの白菊賞でミスタカシマを撃破した馬ではありますが、前走A1クラスで16秒4差の大敗。1ヵ月ぶりの実戦ではしかたがなかったとも受け取れますが、今回で変われるとも言い切れません。

 よって、◎には、4走前にA1クラス勝ちの実績があり、前走のA1クラスでも、勝ち馬と2秒6差(3着)と充実のミスタカシマを推します。プランセスが本来の姿を取り戻せない場合、何が上位に来るのかを考えるとやや難しくなってきますが、この時期の3歳馬は成長比べ。前走で大敗している馬は、もともとの実績がないと巻き返して来れないことがほとんどです。

 前記したことを踏まえると、前走A2クラスで2着の○サンシルクラポピーが一角崩しの一番手となるでしょう。この馬は、まだ騎手自身が走りの型を手探りな印象を受けますが、デビューからどんどん体重が増えて、同時に成績が上昇している点に好感が持てます。

 ▲は、3走前のA2クラスで2着を始め、2〜3走前でサンシルクラポピーに先着のサトクィーン。この馬はミスタカシマが優勝したいちい賞の2着馬であり、強豪相手の十勝産駒特別でも勝ち馬と5.3秒差の4着と善戦。前走は10コースだったために、前に行けずに7着と大敗しましたが、もともとの能力を考えれば巻き返しがあっても不思議ないはず。

 あとは△に本来の姿を取り戻せれば強いプランセス。他では障害苦手で高重量戦はマイナスも、雨が降って軽馬場ならば決め手が怖いジェイフラワー。今回は相手強化となりますが、A2クラス勝ちの実績があれば、ここで足りないこともないでしょう。


 ◎ (7)ミスタカシマ
 ○ (3)サンシルクラポピー
 ▲ (4)サトクィーン
 △ (8)プランセス
 △ (1)ジェイフラワー


馬複
7-3,4 各1500円 計3000円
7-8 2500円
1-7 500円

2/11黒ユリ賞予想 須田鷹雄

A1で好走の2頭の争い

 定量戦ということで、格を尊重した予想をせざるをえないところ。A1で馬券になっている2頭が人気だろうが、その2頭には逆らえない。
 馬券上の扱いは平等にするが、シルシ上位に取りたいのは◎ミスタカシマのほう。○プランセスとはだいたい似たような着順できているが、当時の負担重量には15キロほどの差がある。そこから定量になれば◎が有利だ。

 ◎○が1、2着か1、3着になる前提で3連単を組みたいが、人気2頭からの組み合わせなので相手はなるべく絞りたいところ。ヒモ抜け覚悟で▲△と2頭のみを取ることにする。中盤で遅れず◎○に付いていけた場合の▲サンシルクラポピーと、軽い馬場になれば台頭がある△サトクィーン。

◎7 ミスタカシマ
○8 プランセス
▲3 サンシルクラポピー
△4 サトクィーン

3連単
7,8→7,8→3,4 各900円 計3600円
7,8→3,4→7,8 各600円 計2400円

123
Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.