ばんえい競馬情報局とは?

ばんえい競馬の最新情報を提供します。重賞を中心に予想や回顧のほか、ばんえい競馬に関するコラムなどもご覧いただけます。
カレンダー
リンク
おすすめコンテンツ

« 今週の見どころ(5/13~5/15) | メイン

今週の見どころ(5/20~5/22)

 14日(日)第3レースに行われた、2歳受賞-1組戦は、オレワチャンピオンが接戦を制し、今季デビューの2歳馬で最初の2勝馬になりました。昨季2歳2勝馬第1号のジェイワンは、その後2歳シーズン三冠で2、3、2着と好走。同馬以上の活躍を期待したいところです。

【第3回開催4日目】
 5月20日(土)のメイン第10レースは、エメラルド特別(B1級-2・3組決勝・20:10発走予定)
 B1級-2組予選が逃げ切り楽勝だった◎カネゾウの相手探しでしょう。今季2、3、1着で、先着を許したサカノテツワンとカツオーカンは、この馬と同様、昨季はA2格付だった実績馬でした。今季初戦の卯月特別(4月22日・B1級-1組)では僅差2着と特別戦の荷物にも不安はなく、ここを勝って次開催にはA2昇級を決めそうです。
 2組予選2着○メトーイチバンは、スピードの生かせる平場戦向きの印象。とはいえ、春駒特別(4月29日・B1級-2組)で4着もあるので侮れません。
 3組予選2着の▲オメガグレートは、レースぶりにムラがありますが、A2からの降級馬で実力は確か。
 △チヨノタカラは、先行できれば3着だった2組予選くらいの走りはできる力は持っています。

【第3回開催5日目】
 5月21日(日)のメイン第10レースは、サテライト石狩記念(オープン・A1級-1組混合・20:10発走予定)
 注目は◎オレノココロ。今季初戦の青葉特別(オープン混合)3着、続く重賞・ばんえい十勝オッズパーク杯では2着と、続けて馬券に絡んでいます。両レースとも、展開次第では勝利もあったであろう好内容。早めに障害を越えられれば、今季初勝利を挙げる可能性も十分と言えます。
 A1級の○カゲホウトウは、シーズンをまたいで5戦連続連対と絶好調です。昨季終盤2戦は700キロ台の重量で連勝。スピードタイプのこの馬にとって春競馬の軽量は歓迎で、しかも障害が切れている近況を考えると、オープン馬が相手でも期待が高まるところ。ここでも好結果を残せれば、古馬戦線で台風の目になるかもしれません。
 ▲センゴクエースは、ばんえい十勝オッズパーク杯では障害で苦戦して6着。世代限定重賞では無敗の怪物にも"5歳の壁"は存在するようです。青葉特別では僅差4着に追い込んでおり、特別戦のほうが戦いやすそうです。
 △ニュータカラコマは、青葉特別5着、ばんえい十勝オッズパーク杯3着と相変わらずの安定感。ただ、テンに動けていないのが気になるところ。
 △アサヒリュウセイは、オープン馬に混じってのばんえい十勝オッズパーク杯5着が評価できます。

【第3回開催6日目】
 5月22日(月)のメイン第10レースは、スーパートレーナー賞(3歳以上B級選抜・20:10発走予定)。平場戦の規定重量から10キロ増で出走できるという珍しい条件の特別戦です。
 B3級の3歳馬◎ミノルシャープに期待します。今季開幕から5戦4勝、2着1回の快進撃。前走のとかち皐月賞(3歳オープン)では早め先頭から押し切る王道レースで快勝しています。当時より10キロ軽い600キロで出走できる今回は明らかに恵まれました。相手強化でも勢いは見逃せません。
 ○ホンベツイチバンは障害巧者で、同条件のスーパージョッキー賞(5月8日)を快勝。メンバーは強化していますが、A2からの降級馬ということを考えれば、まだ優位感があります。
 ▲ワールドピサは勝ち切れませんが、今回はB2、B3級馬との混合戦ならマイペースが叶いそう。ゴール前でひと押しきけば勝機もありそうです。
 △シマノシンザン△シンエイパワーは先行できるかが好走のカギでしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) OddsPark Banei Management Corp. All Rights Reserved.